Cクラスクーペ(C205) センターコンソールボックスに小物入れ コンソールトレイを購入

定番のグッズを購入しました。
Cクラスクーペ(C205)のコンソールボックスは、ティッシュボックが一つ二つあるスペースがあるだけけ。
その空間の使い方が、何かもったいない。
そこで、コンソールボックスを有効に使う、小物入れ、コンソールトレイを購入した。
値段は2,000円前後である。
セダンで使っている例は度々見かけているが、果たしてCクーペは大丈夫だろうか、という心配を持ちながら、早速注文した。

恐る恐るコンソールボックスに、トレイを納めるとジャストサイズ、問題なく使える。
ただし、緩めのような感じがして、走行中カタカタ鳴りそうな気がしたが、そんなこともなく使えている。

コンソールボックスを開けたときの、見た目は向上したが、実際機能性はあまり代わり映えしない。
少し使いやすくなった程度である。
逆に大きめのものは、外して入れなければならない。

Cクラスクーペ、自分にとっては、かなり高い買い物であったため、今までのように簡単にモディファイはできない。
パーツが高いこともあるが、電子制御バンバンで、自分の能力ではあまりいじれない寂しさがある。
したがって、こんな些細なことを楽しんでいるのです。
分かってもらえるかなぁ。

Cクラスクーペ C205の燃費続報

父が急遽手術をしたため、その付き添いのため自宅から実家までの道のり、約180KmをCクラスクーペで往復しました。

今回は、走り方によってストレスのかかるエコモードをやめ、コンフォートモードで行きました。

前の車に追従する、あるいはクルーズコントロールであるディストロニック・プラスを使用できるところは、使いながら。

通常は、ディストロニック・プラスの方が人間がいくら頑張っても、燃費走行は中わないということになっています。

今回もディスロトニック・プラスでは下り坂であっても、少しトルクをかけた状態で走行しているので、あえて使わずアクセル・オフ、燃料がカットされるように走り。

リッター往路20Km、復路19.4Kmで走り切りました。

そんなに神経質に運連することもなく、なるべく自然な感じでこんなに走ります。
本当に懐に優しい。
ちなみにホンダビート君は、23Km前後で行けます。

最近ガソリンやハイオクが、高値安置しているので、この燃費性能には感謝です。

Cクラスクーペ、ホンダビートに自動車用掃除機 Arukottaクリーナー購入

Amazonのタイムセールでカークリーナを購入した。
自動車だけではなく、ハンディクリーナーとしても使用できるものである。

マキタのコードレス掃除機を購入した際、Cクラスクーペやホンダビートの室内用掃除機として、活用できると踏んでいたが、いかんせん大きく、吸込み口も大きく、先に取り付けるノズルを交換しても、狭いところに入らない。
また本体も通常の掃除機より小さいとはいえ、カークリーナーの比ではありませんでした。
したがって細やかに扱うことはできませんでした。

最近のカークリーナーは吸引力も強く、電池持ちがいいということで、Amazon売れている
「Arukotta 車用掃除機 ハンディクリーナー 掃除機 コードレス ハンディ掃除機 乾湿両用 多機能 軽量 静音 強力吸引 車 家用 オフィス カークリーナー 小型掃除機 」
という商品を2,540円で購入した。

早速使ってみると、昔のような音だけが鳴っていて、吸引力が少ない感じはなく、しっかり小石とかも吸い込む。
ノズルも狭いところに対応したものもあり、まずまず使える。

ただし、室内カーペットは、微妙なゴミが引っかかりやすく、割と吸引力がある掃除機であっても、少し厳しい。
まぁ、ここまで吸い込めれば、上出来である。
このカークリーナーも同様。

これ以上、高望みするのは、今売られている商品では、難しそうである。

Cクラスクーペを洗車 融雪剤は最小限

久しぶりに時間が取れたので、Cクラスクーペの洗車を行なった。
春先ということで、融雪剤の影響を心配していたが、今年は稀に見る、雪の少ない年であったので、ご覧の通り融雪剤の跡は最小限。
一番つきやすいリア部分でこの通り。
だけど雪のない地域の人は、こんなことの無縁なのは羨ましい。

さて、時間があったので、窓枠のシルバーのモール部分をメッキングで、処理しました。
今回、写真にはありませんが、運転席の部分のモールに、一円玉半分ぐらいのものが、2個鱗状についていました。
試しに、メッキングで拭いてみると、綺麗に取れました。
やはりメッキングは、輸入車の鱗状になる問題に効果的なように思います。
未だ、僕のCクラスクーペのモールは綺麗です。

次に室内は、メルセデス純正のキャビンケアでプラスチィック部分、皮部分など塗って見ました。
ご覧のように黒さがよみがえりますが、まだら状です。
このまだらな状況は、数日で目立たなくなります。

まもなく10連休が始まりますが、今度は恒例の「魂の洗車」をして、融雪剤をしっかり取ってやろうと思います。
そして、少々早めですがビートくんも受け取りに行こうと思います。

融雪剤の跡です。大きなものをマークしましたが、その周辺の小さな斑点も融雪剤の跡です。
これでも例年よりはるかにマシです。
たまにボンネット内も拭き掃除です。

愛車ホンダビートにカーナビを

現在、愛車ホンダビートは実家の屋根付き駐車場にて冬眠中です。
今回、Amazonの安売りセールの時に、こんなものを購入しました。

ポータブルカーナビ カーナビ 7インチ 大画面 車載 ポータブルナビゲーション2018年最新地図搭載
ラジオ内蔵 オービス警告 ナビ 高解像度LED 液晶パネル 12V・24V車対応

現在は、10,599で購入できます。

¥ 11,599 通常配送無料
ポイント: 580pt (5%) 詳細はこちら
クーポン 1,000円OFFクーポンの適用

それが、セールの時には、8,000円ぐらいで販売されていて、ついポチってしまいました。

現在ガラケーを使用していますが、外出時はWiFiルータに、GPSユニットをつけたiPadをカーナビがわりにしていました。
スマホではないでしょうが、外付けGPS +iPadは、とつぜん正常に動作できないことが、時々あります。
これは、本当に困りものです。

そんなことに懲りて、今回激安カーナビを購入してみました。
まだビートには取り付けていませんが、自宅でいじって見た感じは、7インチで大画面しかも薄型、画面も綺麗です。
この値段でバッテリーまで搭載しています。
化粧箱がしっかりしたものがついていて、いいもの感いっぱいでした。
ないに等しいと考えていた、取扱説明書までも、意外に丁寧な内容のものがついていました。

今年の北海道は、異常に雪が少なかったです。
愛車ホンダビートを迎えにいくのは、意外に早そうです。
待っててね。
ビートくん。

三菱ケミカル・クリンスイを購入

やはり散財癖が抜けないようで、三菱ケミカル・クリンスイ 蛇口直結型浄水器 クリンスイ モノ MD101 MD101-NCというものを購入した。
いわゆるあのクリンスイである。

健康に気をつけているが、今回飲み水にも気をつけようと考えた。

しかし浄水器は高いので、今までそういう気持ちが湧かなかった。
ところがAmazonでいつもの相場より、格安で売られているところがあった。
値段も2,800円台と格安である。
しかも自宅の古いアパートの蛇口にも、取付けも可能であった。
ランニングコストの交換用カートリッジも安い。

商品が届きいざ取り付けてみると、アパートの蛇口の出口の膨らみが、経年劣化で減っているためか、水が上方に溢れ出す。
しかたなく1,080で新しい蛇口に交換すると、全く水漏れなく交換完了。

さて実際に浄水後の水を飲んだ感じであるが、水道水がマイルドで柔らかい感じがする。
美味しいかといえば、浄水器をつける前よりは美味しいと思う。
ご飯を炊く際、この浄水された水を使うと、美味しい気がする。

見た目に一番わかるのは、こちら北海道ではストープの上の加湿のために鍋に水を入れておくが、今まではすぐにカルキがあるためか、鍋の内部の汚れがよく目についた。
クリンスイを通した水を入れておくと、極端な言い方をすると、いつまでたっても鍋の内部が綺麗な感じがする。
このような違いを感じた。

次にこの浄水器を使った場合のマイナス点を挙げると、水側の蛇口に取り付けるので、蛇口下側のスペースがなくなってしまう。
またクリンスイのカードリッジを通さなくストレート、シャワーの水を選択できるが、つける前よりは水の流れが1/4あるいは1/3ほど、水量が少なくなることである。

とりあえず今ところは満足である。
あとは交換用カートリッジ、ランニングコストがどれくらいかかるかということだけである。

ダイキン ストリーマ空気清浄機 ホワイト MC55U-W 購入

タイトル通りダイキン ストリーマ空気清浄機 ホワイト MC55U-Wを購入した。
空気清浄機を15年ぶりぐらいに購入したことになる。

これまで20歳ぐらいからひどい喘息になり、重積発作を繰り返した時に、いくつもの空気清浄機を購入した。
しかし、どれも効果が今ひとつか、ないに等しいものであった。

今回あることで、現在の空気清浄機は性能が良く、花粉、埃など、アレルギー対策に効果的というのを知った。
シャープのものがプラズマクライスターでよく知られているが、それより価格がかなり高いが、効果的だというこのダイキン製品を購入した。
これからどうなるか、少し様子を見てみようと思う。

携帯電話紛失物語

先週週末、実家に帰り両親を連れて遠方に法事に出かけた後、携帯電話が見つからない。
自宅を調べても、実家に連絡を入れ、両親に自宅そして移動車両を調べてもらっても、携帯電話が出てこない。
月曜日に気がついて、金曜日になっても出てこない。
かなり使い込んだ機種なので、未練はないが悪用されていることを心配し、金曜日の深夜に、一時サービス利用を中断することにした。

docomoは、以下のところに連絡することになっている。

☆ 電話機の紛失・盗難などによるサービスの利用一時中断
☆ 公衆電話やご家庭の一般電話、携帯電話から0120-524-360(24時間受付)にダイヤル

24時間、サービスを受け付けてくれるというのは、本当にありがたい。
対応に出た女性も本当に丁寧に対応してくれる。

少し突っ込んだ話をすると、通話、インターネットなどのサービスは、止めることはできるが、その間使われていたかを知ることは、近くのdocomoショップに行かないといけないことがわかる。

さて土曜日、昼近くに行ってみると、そんなに混んでいる様子はなかったものの、20分ぐらい待ってから話を聞いてもらうことになる。

担当の女性はとても丁寧に話を聴いてくる。
身分証明書である免許証を提示、しばらくすると照会が完了したようで、その内容が報告される。
結論的には、紛失してから直近までの間、携帯電話からは通話やインターネット接続がされていないことがわかった。
これで一安心である。

もしなくなったとしても、現在のガラケーで行くか、あるいはそろそろスマホに切り替えるか、ゆっくり考えることができる。
おそらく携帯は、実家か移動に使用した実家の車の中にあると思い、帰省することに決める。
とは言っても、片道3時間の長旅である。

いろいろ準備し、午後1時すぎに実家に行こうと、Cクラスクーペを走らせたところ、いつもの悪い癖で、すぐにストーブやガスをきちんと、止めたかどうか不安になり、自宅に戻ることになる。
宅急便の車があったため、自分の隣の駐車場に止めて、自宅に入り確認し終わったところ、自分の駐車場に粉々になった携帯電話があるではないか。
自宅の駐車場に落としてしまい、それに気づかずCクラスクーペを発進させた際に、轢いてしまったようである。
もともと、かなりな年期に入ったものであったので、別に気にはならないが、FOMAカードが無事か、そして電話帳を移すことができるか、ということが不安になる。

同じFOMAカードを使用できる予備の白ロムの携帯を持ち、先ほど行ったdocomoへ。
状況を説明すると、携帯を受け取り対応してくれる。
結果、FOMAカードは無事だったので、白ロムの新しい携帯に入れ、回線を復旧。
ただし破損状態がひどく、電話帳の移行は叶わなかった。
電話帳のバックアップを取っていたような気がするが、それを調べる元気がありません。
とりあえず、必要になった番号をその時々に入れて行こうと思います。
あぁ、なんか疲れてしまった。

Cクラスクーペに轢かれた我が携帯。
引き続きガラケーです。しかし綺麗な携帯はいいです。

Cクラスクーペスポーツフットレスト取り付け C205 W205 S205

現行のメルセデス・ベンツCクラスは、フットレストがありません。
ただ、フットレストの形状はあるもののカーペットのままです。

純正はカーペットを外し、アンカーを入れてからボルト締めするものです。
後付けてするとは、意外に大変で避けたいものだと、ディーラーのメカニックさんが言っていました。
フットレスト本体、工賃合わせ2万円台ですが、僕的には、そのデザイン、質感がいまひとつに感じました。

Cクラスユーザーの多くは他のものを検討します。
その筆頭は、SCHATZ製 (シェッツ製)のものです。
しかし、Cクラスのフットレスト部分が細長いため、この製品では上下を逆にするなど、いろいろ試しますがしっくりしませんでした。
横幅も大きくはみ出してしまいます。横幅をはみ出さないようにつけるなら、相当上部につけなければなりませんでした。

また取り付けをなるべく、工賃を安く自力でつけようと、マジックテープを試しましたが、Cクラスのカーペットには全くつきませんでした。
みんからなどを見ると、他の車種などでマジックテープでつけている車両を見ることがありますが、Cクラスでは無理そうです。

今度は両面テープでと思い、内装カーペットでも貼り付け可能な、両面テープを調べましたが失敗するのが怖いことと、はみ出してしまうSCHATZ製 (シェッツ製)を諦め、最近メリカリ 、ヤフオクで見かける「現行 Cクラス/Eクラス/GLC/GLCクーペ 専用フットレスト」を購入することにしました。

Cクラス専用ということと、デザインがいい感じであること、そして何より両面テープで取り付けることになっています。
使用する両面テープは、積水化学製の自動車内装用 強力両面テープ(基材:ブチルゴム)と説明されています。
金額は5,980円、送料225でした。
早速、昨日取り付けてみました。
なかなかいい感じです。
あとは、この両面テープの粘着力の耐久性がどれくらい持つのか、ということだけです。
フットレストに悩んでいる方へ、参考になればと思い情報、そして写真をアップしました。

(追伸:デジカメの画像を見ると、デジカメの調子が良くなさそうです。)

Amazon.co.jp – 顧客満足度調査 !!! という、あの詐欺メールが届く

いやー。いつも利用しているAmazonを名乗る、有名な詐欺メールが届きました。
驚いたとともに、そのメールは、いかにも詐欺の匂いがプンプンでした。

手口は、3〜5分程度のアンケートの回答をする代わりに、1万円をくれるというものです。
ただしその前に、振りこも先のクレジットカードの番号を記入する箇所があり、いわゆるクレジットカードの番号を盗み取ろうとする詐欺メール、フッシングメールです。

この程度のアンケードで1万円がもらえるなんて、話が良すぎです。
Amazonを利用している人なら、1万円をくれるにせよ、すでに登録済みのクレジットカードの番号を改めて入力する必要はないはずです。

ただし、パソコン、インタネットの状況に詳しくない人なら、引っかかるかも知れません。
いかにもAmazonから届いたメールに見えますから。

インターネットの世界、うまい話には気をつけたいものです。