西別岳 摩周岳 縦走 2018/08/19

8月19日(日)実家から帰る途中、西別岳、摩周岳を縦走する。
不安がいっぱいあったが、Cクラスクーペで6Kmほどの林道をのろのろと走り、西別岳登山口にたどり着く。
西別岳の林道は、ほんとうによく整理されていたが、こんな林道ここだけである。
Cクラスクーペで林道は、やはり無理っぽい。

さて、天候が良かったこともあり、往復5時間半ぐらいかけて、西別岳、摩周岳を縦走してくる。
見晴らしは少々ガスがかかっているものの、申し分なし。
日頃の嫌なことは、どこかに吹っ飛んでしないそうな、眺望である。
生きているとこんないいこともある、なんて単純なことを思っている自分がいる。

駐車場はたくさんの車が止まっていて、20台は超えていそう。
摩周岳から登ってくる人もいるため、合わせて40台ぐらいの車から人が登っていそうである。

外国人の方も7人ぐらいいる。
最近、感じることであるが、国際化がこんな北海道のはずれでも起きている。
確か釧路駅でも米国や欧米の人が目立っていた。
また男性より女性の方が多いくらい、特に中高年の女性の姿が目立つ。
相変わらず、男性よりも女性の方が元気なようだ。

休憩を挟みながらも5時間ぐらい、歩き回る。
身体のキレも少しずつ、戻って来ている感じがする。もう少しだ。
ただ、帰りには持病の左膝が痛み出す。
これからの長距離縦走にはちょっと不安材料である。

ベンツCクラス セキュリティステッカー

車にゴテゴテと色々なものをつけるのが、苦手です。
年齢を重ねて来たせいか、最近は外装のモデファイは控えめで、純正のままにしていることが多いです。
Cクラスクーペもそうですし、いじりまくっていたホンダビートもいつしか純正に戻っています。

しかし、車に興味のある身としては、ちょっとはいじりたい性質をもっているために、また無駄遣いをしてしまいました。
ヤフオク、メルカリで送料込み580円で売っている、「ベンツCクラス セキュリティステッカー」というものを購入し貼ってしまいました。
小さなリアガラスに、このように貼っています。
自己満足ですが、なんとなくかっこいいですね。

さて、北海道胆振東部地震から10日ほど経ちました。
宅急便は遅延はなく、元のように戻っています。
スーパー、コンビニ行くと、食料品は8割ほど復旧している感じです。
やはあり乳製品、お弁当、パンなどが、種類がまだ少なめです。

北海道胆振東部地震

9月6日の午前3時8分。眠りについて、数時間経った頃だろうか。
緊急地震通報が来たと思った瞬間、自宅が大いに揺れた、あまりの揺れ方にまさに飛び起きる。
立ち上がってオロオロするばかり、入り口がどちらかさえ分からないなる。
長い時間が過ぎ、やっと収まった。

TVでは震源地の厚真町は震度6強、自宅のところを見ると、震度4しかし、震度4にしては大きすぎると、職場に向かう。
社員80人近くいる中で、自分が一番乗りであった。
停電が続くが、いっこうに復旧しない。こんなことは珍しい。
冷蔵庫には前日までに作った、ソーセージ、ハム、ベーコンなどがびっちし並べてある。
2時間経った、これ以上は待てないと、保冷庫のついてある車両保冷車に、食肉加工製品を移動させ、自宅待機。
再び出社、6時の時点で依然停電、信号が点滅していない。

安全な送迎サービスができない。通常の給食提供ができないと判断し、今日は利用者さんには、休んでもらうことの連絡を一斉に入れる。
地震当日、9月6日(木)は、北海道中停電であった。
スーパーには、100人超の人が並んでいる。
コンビニも人でごった返している。
商品の棚には、おおかた何もない様子だ。
食品だけでなく、電池も在庫無し。トイレットペーパー、ティッシュの在庫も少なめ。
インバーター発電機と車両のためガソリンを購入しに出かけるが、一人5Lの制限である。
よく分からないが5Lである。ガソリンスタンドには長蛇の列である。
聞くところによると、停電のためガソリンをくみ上げるポンプが使えないようだ。クレジットカードも使えず、現金払いであった。
合わせて冷凍庫用のもののために、ドライアイスの購入にも出かける。

断水しているところが増えているという情報が有り、帰宅が必要な人を一時帰宅させる。
出社してきた職員は、朝食事を取れていないものや、昼食の当てのないものばかり、事業所にある米とソーセージ、畑にある野菜で急遽、まかない食を作り提供することになった。
北電からの発表では、この停電は少し長期になる情報も入る。
2日後に運動会が迫っているため、午前中はテント設営に汗をかく。
午後からは、野菜の収穫とハウス設営を暑い中行う。
午後4時ぐらいからは、東にある北海道は日が沈みがちになり、職員室が暗くなる。
なんやかんや大騒ぎの中、退勤時間を迎える。

勤務を終え帰宅しようと駐車場に向かうと、星空が非常に綺麗であった。
日頃気がついていなかったが、星がすごく綺麗である。天の川も見える。感動的である。数少ない良い出来事の一つであった。

自宅待機という指示の会社が多かったため、いつもは混雑する道路もゆとりがある。大きな交差点の信号はなんとかついていたり、警察官が誘導している。
無事帰宅すると、やはり真っ暗である。ただラジオだけつけるだけである。
そしてさすがに疲れたのか、生きている水道とガスを使い、カップ麺を食べ、布団の中で眠ってしまう。

午後10時近くになって、自宅前の水銀灯がついているのに気づく。もしやと思いブレーカーをあげると、電気がつくではないか。大きな病院の近くに住んでいるため、復旧が早かったようである。
TVで震災の状況を見ると、ラジオで聞いていたのとは違い、実にリアルである。
一段落してからお風呂に入る。
前日に入浴できていなかったため、このときばかりは本当にありがたかった。

地震後2日 9/7(金)
営業するかどうか、朝6時半の時点で確認。自宅が復旧していたので、すっかり事業所も大丈夫と思っていたが、何んと電気の復旧はまだであった。
営業しないという残念な連絡を各家庭に入れることになる。

また朝一で、明日の運動会の昼食を頼んでいた「ほっともっと」から、250食のお弁当の提供ができない旨の連絡を受ける。当然、運動会は中止になる。
午前中は、準備しておいたテントや器具の片付けと畑の野菜の管理。
午後から、保護者に明日土曜日の運動会中止と、明日停電が復旧すれば平常営業の案内を伝える。

そして再びハウス設営を行う。
またガソリンの給油にも出かけるが、この日は一人50L制限となっていた。
電気の来ているスタンドでは、クレジット決済ができるようになる。

いつもとは違うこの内容に職員はくたくたである。
隣の事業者は、トイレ、お風呂を湧水を使っていたが、停電のためポンプが動かず万事休す。
停電からずっと、トイレ用の水を池から汲んで対応している。お風呂ももちろん無縁である。
それに比べると、まだ自分たちはましのようである。

午後3時から、明日の連絡を家庭に入れる。
同様に朝6時半に電気が来ていると、営業。来ていないと非営業という連絡を入れる。
しかしTVで伝えられているように、固定電話、携帯電話が非常につながりづらい。
いくら掛けても、1/4の家庭には繋がらず。家庭訪問し対面で伝えることになる。
そんなことで、2日目を終える。

帰りがけにはじめて、大手スーパーに立ち寄ったが、思いの外食品があったように感じた。
お弁当、総菜、パン、魚、納豆、豆腐、牛乳など乳製品はがらがらであった。
しかし、飲み物、お菓子、野菜類は、意外にあるではないか。
贅沢を言わなければ、申し分なしである。
帰宅すると、wifiやインターネットの調子が今ひとつである。
NTTの基地局のバッテリー切れが原因なのか?
また友人や家族から電話もぽつぽつ電話が入るようになる。

それにしても2日目も疲れる。
深夜の12時近くなり、事業所の電気が復旧という連絡が入る。
事業所の駆けつけ、保冷車の荷台から、冷蔵庫に食肉加工製品を搬入する。
これですべてが終わった。
後は再度出勤して片付けをするだけであった。

北海道のインフラは、99%電気が復旧、節電の対応をしなければいけない。
新千歳空港からも飛行機が飛び始めている。
北海道内の特急は明日ぐらいから、徐々に正常になり始める様子である。

いつか北海道に大きな地震がくる。
これは、常に言われていることであった。
でもブラックアウトによって、北海道中が停電になるとは、誰も想像していないことであった。
今回はまだ夏の終わり頃、これが真冬の12月から3月ぐらいの間に起きたらどうなっていただろう。
ストープを付けたり、床暖の恩恵に会うことができなかったら…。
そんなことを考えると、実に怖い。

最後に、今回は厚真町の人、その周辺の人たちは、筆舌しがたい被害を被ることになった。本当のお悔やみ申し上げます。

CCウォータープロテクト300 Cクラスクーペに使う

ワックス、コーティングに関しては、納車時にヤナセから進められた、メルセデス専用の撥水コーティングを施行してもらっている。
メンテナンスセットも、使っているが今ひとつである。

最近はホンダビート同様、プロスタッフのCCウォーターを使いはじめていた。
自分はしないが、濡れている状態でも噴霧して拭き上げればOK、という本当に簡単なものも使っている。
評価の仕方にもよるが、ワックス、コーティング類で、3ヶ月、半年は大丈夫というものは、未だかつて見たことがない。
やはり車を綺麗に保つには、こつこつと洗車の度にワックスやら、コーティングをしなければいけないのである。

話を戻すが、このCCウォーターのようなタイプは、本当に楽ちんである。
いつも2度コーティングをしているが、それでも労力は今までは、比較にならないくらい軽減される。

さて、このシリーズでUV対策、紫外線対策の成分が加わった、というものが出てきた。
これは、塗装面だけでなく、ヘッドライト、ガラスやダッシュボードも塗り込み、紫外線対策ができるものである。
露天駐車しているせいか、紫外線対策は気にしている、気になっている。
塗装面だけでなく、内装も痛まないよう、自分なりに配慮、気にしているのである。

今回の、CCウォータープロテクト300は、他のCCウォーター製品と重ねて使用することが可能である。
注文したももののまだ、これまで使っていたCCウォーターが残っていたため、これを最初に使い、その後からプロテクト300を重ねて使うことにした。

相変わらず手間いらずである。実に使いやすい。
今回の写真は、洗車コーティング後、5日間ぐらい経った後に雨が降ったときの状況である。
疎水性ということであるが、意外に玉粒ができている。
紫外線に効果があるかどうかは、本当のところ分からないが、その効果を唱ってあるだけでも、気分的には少しは違う。ヘッドライトにも使ってみたが、将来黄ばみは避けられるのだろうか?(期待薄)

いつか洗車しない時代が来ることを期待しているが、それは今後100年は無理でしょう。
それよりもガレージ付きの、しかも2台停められる屋根付き駐車場のある一戸建て住宅に、住んでみたい。

Cクラスクーペ(C205)で摩周湖、屈斜路湖へ

先週、Cクラスクーペ(C205)で、摩周湖、屈斜路湖へ行って来ました。
一部、ぼやけた写真がありますが、それはホワイトバランスの設定間違え、修正したものです。
サングラスをかけていたもので、間違ってボタンを押してしまっていたものを、しばらく気がつきませんでした。

摩周湖は、綺麗と言われている、裏摩周の風景です。
近くには最近人気の出ている、青い池である、亀の子池もあります。
両親に聞くと、道路が林道のようで、Cクラスクーペでは行けないかもしれない、と言われ今回は見送っています。

屈斜路湖は、砂湯に行って来ました。
岸を掘れば、お湯が出てくる不思議な湖です。
子供の頃は、親に連れられ、毎年キャンプに来ていました。
湖で泳いでは、寒くなると親が掘ってくれた、即席のお風呂に浸かっていました。
地元の人たちは、みんなそうでした。
人気スポットで、お盆はテントの張る場所を確保するのが、とても大変でした。

それから、クッシーも有名です。
実は小学校の修学旅行で、バスに乗って移動中、バスガイドさんがこの辺で、クッシーが見られることが多いんですよ、と行った瞬間、クッシーらしいものが湖面から顔を出していました。
「止まって」の声に、3台のバスは急停止して、じっと屈斜路湖の湖面を見ていました。
時間にして15秒ぐらいから20秒ぐらいでした。
みんな唖然とした表情だったことを思い出します。
本当に、クッシーだったかどうかはわかりませんが、僕らの卒業文集とかにも、その時の出来事が載っていたように思います。

最後は屈斜路湖和琴半島です。
ここも温泉が出ます。
観光客が水着を着て、お湯に浸かっています。また水上スキーやカヌーをしている人もよく見かけます。
それからここは、桶川ストーカー殺人事件の主犯が自殺?したところです。
猪野詩織さんが殺害された埼玉県桶川と、ここ和琴半島とは、因縁のようなものがあるのでしょうか?
実はドライブに行く前から、偶然清水潔さんの書かれた『桶川ストーカー殺人事件 – 遺言』を読んでいる途中でした。
詩織さんのご冥福をお祈りします。

最後に和琴フィールドハウスというところに、立ち寄ってきました。
和琴半島の成り立ちや、そこに生息する植物、動物などをわかりやすい図や標本で説明しています。
写真をよく見てください。
なんと、動植物が標本や剥製状態で展示されています。
驚きです。

ホンダビートにBOSE Quiet Comfort20 ノイズキャンセリングイヤホン

帰宅してから体力づくりのために、ウォーキングをしている。
その際、音楽や Podcast 英語の教材などを聞いている。

どうしても車の音など街頭の音が大きく、ボリュームを目一杯上げてしまう。
静かなところへ、たどり着くとその音の大きさにびっくりする。
しかし実際には、その大きな音に慣れてしまい、気が付かないことが多い。

子供ころからヘッドホンやイヤホンでウォークマン、iPodなどと親しんできたため、耳がいつか悪くなるのでは、と感じていた。
また、父親の家系も晩年に耳が遠くなる人が多く、自分もそうなるかもしれないという不安もあった。

それで価格もこなれてきた、1年ぐらい前にノイズキャンセリングヘッドホンを購入することにした。
ノイズキャンセリング効果と音質のバランスがいい、SONY、BOSEから選ぶことにした。
メルカリで12,000円で使用の少ない、BOSE Quiet Comfort25というものを購入。
使用してみると、その効果は絶大である。
ウォーキング中の車の音も激減、飛行機や列車の中でも快適に音を聞くことができる。
何より、音量を上げずに聞けることが素晴らしい。
大切な耳を守れそうである。

スポーツジムにも行くことがあるが、いつも思うことは、流れるテンポの良い音楽、機械音が溢れていて、とても音楽やPodcastを楽しめない。
さすがに購入したBOSEヘッドホンをするのは、非常に目立ちすぎる。髪が潰れてカッコが悪い。

ここで一念発起して、ノイズキャンセリングイヤホンを購入することにした。
3ヶ月前に、BOSE Quiet Comfort20というものを、メルカリで新品未使用品を17,500円で購入した。
その効果は、ヘッドホンよりは劣るのではないかと、思っていたがそんなことはない。
十分使えるではないか。
スポーツジムでも周囲のノイズをかなり消せる、音量も小さくてすむ。

先日、愛車ホンダビートではどうなんだろうと試してみた。
自分のホンダビートは、ハードトップ仕様であるが、それでも音がかなりうるさい。
80Kmを近づく頃には、信じられないくらいエンジンの音、風切音がすごい。
まぁ、エンジンの音は十分楽しめるんですけど、音楽などを楽しみながら運転したいときもある。
音楽鑑賞とは遠い世界です。
音楽やPodcastの音を聞き取るには、相当のボリュームを上げないといけなくなります。

さて、ノイズキャンセリングイヤホンを試してみると、すごい。
あのすごいノイズだらけの世界がかなり解消されるではないか。
クラクションや安全に必要な音も適度に入ってくる。
ノイズキャンセリングイヤホンのおかげで、普通の自動車並みの静粛性を得た感じである。
必要以上に音量を上げる必要もないので、耳にとって優しく感じられる。
また長時間運転していても、エンジン音、風切音が少ないため、疲れが少ない。

しかし、イヤホンをして運転するとは、通常危険なことなので、安全に注意して時折試行錯誤してみようと思う。

デジタ簡易無線での交信確認 アルインコ DJ-DPS70KA 士幌高原ヌプカの里

デジタル簡易無線 アルインコ DJ-DPS70KAを購入してから、まだ一度も交信している状況を確認できていない。
自宅付近で受診しても、自分の無線機から、肉声が流れてこないのである。
したがって、DJ-DPS70KAが初期不良を起こしていてもわからない。

先日の登山の帰りに、見晴らしの良い、電波をキャッチしやすいところに、愛車ホンダビートを止め受信して来た。
場所は、士幌高原ヌプカの里である。
知らなかったことであるが、地元の人たちの中では、UFOが見えるという話もあるようなところである。
本当かなぁ?

さて、受信機の電源を入れる、するとどうだろう、聞こえるではないか。
30チャンネルのうち、アンテナが立っているのが、7チャンネルぐらい、しかも人の声も聞こえる。
業務用に使用しているものもあれば、友人と話しているものもある。
意外に秘話通話している人たちはあまりいない。

中にはアマチュア無線のような交信が見られる。
内容を話すことはできないが、とある関東地方から来ている人がコールをして、それを聞いた誰かが、答えている様子である。
受信だけであるが、なんだかとても嬉しい。

気が付いたことであるが、スケルチの音はもちろん聞こえず。デジタルです。
アンテナ1本も立っていれば、ノイズもなくきちんと聞こえる。デジタルです。
これが、アマチュマム線と違うところかもしれない。

期待がずいぶん高まったところで、自宅でも使えるように、屋外用のアンテナを設置したくなった。
このように多趣味だと、本当にコツコツとお金がなくなっていく。
でも、僕にはどうすることもできません。




デジタル簡易無線の免許状が届く。電子申請は大変でした。

7月にアルインコのDJ-DPS70KAという5Wのデジタル簡易無線を購入した。
この製品は、現在の第2世代のモデルの中で、高性能と言うことで人気があるモデルである。
Sメーターもしっかりついている。

さて、デジタル簡易無線の登録局として申請をしてみた。
個別登録と包括登録があり、複数台必要となる人は、明らかに包括登録の方がお得である。

個別登録2,300円 電子申請では、1,700円 電波利用料1台あたり年間600円
包括登録2,900円 電子申請では、2,150円 電波利用料1台あたり年間540円

しかも、電子申請をすると格段に安くなる。

マイナンバーカードがあり、カードリーダーもあるわけで、結果的に電子申請をした。
しかし、この電子申請が非常にややこしい。

まず、総務省の電波利用 電子申請・届出システムで登録しIDを得なければならない。
ここで大事なのは、アマチュア無線の電波利用 電子申請・届出システムLiteとは、全く別であるということである。
したがってIDは、それぞれ持つことになる。
ここがよくわからず、大混乱である。

次にデジタル簡易無線の電子申請をしていくわけであるが、身近な実験室
ここを参考にしながら進めていく。
ここの方も言っているが、電子申請はひじょうに面倒臭いのである。
更新の5年後を考えると、本当に気が重たくなる。

無線機に購入時に、書類申請の書き方の見本がついてくるが、電子申請では信じられないことに、これだけでは申請には不十分であることがわかる。
したがって、web上でいろいろ調べて進めていかないと、なかなか難しい。
実際にあれこれやっていくとすぐに1~2時間ぐらいが経ってしまう。

最終的には、公的個人認証サービスを使って個人認証ができるようにします。
僕は、確定申告のために「JPKI利用者ソフト」が既にインストール済み。次に、住民基本台帳カードと、カードの読み取り装置で読み込むことになる。
もちろん、パスワードも必要です。

ここで、カード読み取り装置である、カードリーダーがいつものことであるが、なかなかうまく認識しなく四苦八苦する。
そんなことをいいながらも無事に、申請、支払い完了。
やっと一安心、しばらくは電子申請・届出システムで進捗状況を確認することになる。

さて、アマチュア無線の時のように、免許状を送ってもらうため、封筒、その中には自宅への返信用の封筒と、切手を用意していると、なんと、無線局登録状が数日後に届くではないか。
封筒には小さな紙が入っていて、そこには免許状を送ったので、郵送費とし切手を送ってくださいとのことであった。
なんと親切ではないか。できれば切手代、封筒代として100円ぐらい多く請求してもいいので、申請が受理されると当局から送られるようにしてもらいたい。

それにしても、アマチュア無線では、電波使用料が年間300円にもかかわらず、デジタル簡易無線は600円(個別申請、ちなみに包括申請は450円)は、とても高いように感じた。しかも、一台ずつ請求される。
アマチュア無線は、何台所有していても、一つの局として把握されているので、300円ですんでいたのに。

さて自宅で、受信を試みるが、電波が入るところは、アンテナ1~2本経つところが2チャンネルあった。いつも同じなので、これは業務用なのかも知れない。
呼び出しチャンネルの呼び出しチャンネルで、待機していてもまったく、誰も声も聞こえてこない。
もしかして、ここ北海道では、アマチュア無線よりマイナーなんだろうか?
デジタル簡易無線をやっている人は、いないのだろうか。

白雲山 2018/07/29

今回は近くの白雲山に登る。
登山口は士幌高原の方を選ぶ、鹿追、然別湖側だと倒木がひどく、大変だったためである。
しかし、そろそろ、もう撤去されているかもしれないが…。

今回はとにかくゆっくり登り、降ることに努めた。
実は2週間前ほどから、肺炎になり、危うく入院と、いうところだった。
いつものように、無理を言って通院で治療をしてもらうことになる。

もともと喘息であり、今回の登山では、ぜいめいも出ているため、とにかくゆっくり歩く。
ただ、足だけは長距離、縦走に備える準備をしたかったのである。

前日雨が降ったこともあり、登山道がどろどろのことを心配し、また足に少し負担をかけるため、今回は長靴で登り始める。
この日の白雲山は、ガスが多く見通しが悪い。
日曜日だというのに、登山客も少なく、3人の方とすれ違うのみ。
いつもなら頂上から然別湖が望めるが、みなさん、今日はガスが多く眺望は期待できないとのこと。
ガブガブの長靴に足元を取られながら、また太もも周辺の筋肉痛となる予感を感じを抱きながら、ゆっくりゆっくり登っていく。

こんな状態だったこともあり、鳥や小動物の声やガサガサする音を聞くと、「熊」とびっくりする始末。
てくてく、ふらふら歩きながらも、ゴールはやってくる。
なんとか無事に白雲山到着。

頂上は僕以外誰もいない。
負担のかけた足を伸ばしながらの昼食。
そして、ガスや雲が目の前から立ち去ると、もっていった富士フイルムのX-T10で写真撮影です。

40分ほどゆっくりしたあとは、来た登山道をゆっくりゆっくり戻り、無事ビート君と再会を果たし帰宅しました。

ホンダビートのクリア層はがれ

さて、車検も終わり走行性能はバッチリの我がビート。
しかし、写真の様に塗装のクリア層のはがれがあります。
平成4年車なので、現在26目のビートですが、だいたい19年目ぐらいでポロポロはがれて来ました。
最初はボンネット、次にリアのフェンダー、ドアの窓に沿ったあたり。

あっ、これはもしやしてクリア層はがれ。
と思いいろいろなワックス、コーティング剤を試してごまかそうとしました。
しかし、それから1年ぐらい経つた瞬間、クリア層はがれがあっという間に全体をめぐってしまいました。

写真ではわかりませんが、塗装の下から錆が浮き上がっているところもあります。
今全塗装すると、錆の処理も加算されそうです。
あとあと、全塗装を悩むなら、まずクリア層がはがれ始めた時に、検討すべきだったと思います。
反省です。

クリア層はがれが初めての経験であったこと。
全塗装となれば、数十万の出費となること。
春に問い合わせをしたところ、エンジンなどパーツを取り外したりしない感じでは、20万円というところが多かったです。
あと、ビートが何年持つかということもあったと思います。
まさか、こんなにもノートラブルで乗り続けられるとは思いませんでした。

さて、ビートの維持費ですが
車検10万(2年に1回)
自動車税 12,900円(毎年)
任意保険 16,800円(毎年)
月6,641円(もちろんガソリン、購入時の車両価格は除きます。)
なんと安い維持費でしょう。
ペットを飼っているより、安いではありませんか。
この価格で、日々元気になれるなら、退屈な日常を避けれるなら、ビートを所有する意味は大きいです。