松井秀喜「不動心」

松井秀樹が長島茂雄とともに、国民栄誉賞を受賞した。
これについては、それぞれ個人が思うことであり、ここでは触れない。
松井秀喜の人間性に関して、ずいぶん他者から語られることも多く、また書籍なっているものさえある。
よくイチローと比較されていたことは、知っていたが、ここまで人間性に触れられているとは知らなかった。
そこで、先日図書館に言ったときに松井秀喜著「不動心」というのを借り、現在読み始めているところである。
出だしの数10ページ読んだが、非常に律儀で真摯、まじめな内容である。
読みやすい文章で、時間さえあればすぐに読破できそうなものである。
さて、読後にどんな感想を抱くことになるのやら。今から楽しみである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。