Canon EOS 60DとCanon EOS Kiss X2

一眼レフは、Canonのシステムを使っている。
EOS 60DEOS Kiss X2である。
長い間Kiss X2を使っていて、シャッターが1ヶ月ぐらい押せない、押しづらいことが続きまもなく壊れると思い、値段が下がってきた60Dを購入した。
Kiss X2は、その後何故がトラブルが改善され、現在60Dのサブとして使っている。
2台体制になって、その画質の差を感じることが少なかったが、最近60Dの出番が増え、比較できる写真が増えてくると、やっぱりKiss X2の画質が劣っていることに気がつく。
したがって少々重くても、60Dを持ち出したくなることが多くなる。
やはり発売が新しい程、デジタルものは進化する。
そんなことを強く感じる。

追伸 
先日オダッシュ山に登っているときに、どういう訳か18-135mmレンズのキャップを無くしてしまった。
用意しないわけにはいかないので、早速Amazonで取り寄せた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。