為替と向き合う

今年度もFXの収入はいい感じである。
ボーナス分ぐらいの儲けがやってきそうである。しかし、最近よく思うことであるが、収益があがる一方、自分は為替と向き合ってはいないのではないか、と言うことである。
かつていろいろなチャート勉強したり、新しい本が出版されたといっては、購入し勉強する、そんなことが続いた。
その結果、自分でもある型を作ることができた。
これがFXを行う自分の大きな勝因になってきた。
しかし、最近は片手間にやりすぎている気がする。
エントリー回数も減っているし、チャートはずっと専用のディスプレイに写しているものの、アクティブに活用しているとは、全く違っている。
とりあえず初心にもどり、為替王の投資マニュアルなどバイブルにしている本をもう一度呼んでみようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。