良い写真が撮れない

カメラ好きの自分にとっては、この冬の季節余りカメラをいじることができないのは悲しい。
スキー場に行ったり、外に出かけても、結露とか雪とかでカメラをいたわる必要がある。いや、それ以上に-10℃台がざらな時に、素手や手袋はいた状態でカメラを操作することは、結構苦しい。
試行錯誤している余裕がない。
そして何より、良い被写体がない。
そこまでたどり着けない状態がある。
夏場なら、登山、観光地、ドライブなど、豊富な被写体があるが、冬はスキー、後は氷瀑まつりぐらいである。
早く、春、夏が来ないか待ち遠しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。