石狩岳 シュナイダーコース 2014/08/31

1週間前に挑戦したが、登りの半分行ったところで雨がひどく、また登山客も数名しか感じられず不安になり下山をした。
それのリベンジである。
笹藪が深いのと所々道が分からなくなるところがあるので、マーカーを付けならが登り始める。
登りの前半は前回来たため、そんなに心配が無く登ることができたが、ここからが大変であった。登ることにしてもどこに足をかけたらよいのか、分からないようなところもあり、慎重に登らなければ危ない感じである。
怪しげな天気の中、何とか音更山への分岐に到着。
360℃別世界である。来た甲斐があったと思える瞬間である。
しかしここから石狩岳頂上までまだ時間が必要である。
諦めずテクテク歩くと、2人の方にすれ違い、意外にきつい山であることをなどを話をする。気がつけば頂上に到着。
写真撮影とビデオ撮影。それから昼食を摂る。
しばし大自然を堪能するが、ひどいガスがこちらに向かってくるのと、雨が降りそうな気配がしてきたので、荷造りをし下山を開始する。
音更山への分岐を超えてから、きついと感じていた登りが今度は、とても落差のある坂道へ変わっていた。
とにかく一歩の落差が大きい。しかも雨が降ってきたので滑る始末である。
膝の痛みと何度も転んだ痛みで泣きそうになりながら、無駄な体力消耗を避けながら下山するが、とても苦しく長く感じられた。
GPSで半分を超えたぐらいになると、見覚えのある風景が見受けられ、安心するとともに元気も出てくる。
その頃になると、雨がすっかり上がり、先ほどまでの心配や後悔はどこかへ飛んでしまっていた。
下山を終了すると、近くの露天風呂に来たという方と知り合いになり、長話をする。帰りにコーラの差し入れをもらう。
石狩岳は本当に体力を使う山である。年を取ってから登るのは大変な着がする。
しかし頂上や尾根からの眺望は、本当に素晴らしい山である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。