旭岳 2014/09/23

今回は大雪山のお鉢平旭岳を出発点に一周する予定であった。
6時発のロープウェイに乗るために、早朝から3時間車を飛ばしてやってくる。
真っ暗な中、ホンダビートががんがん飛ばしても、リッター22~23キロ台の燃費で応えてくれる。
さて、現地に到着すると駐車場に車がいっぱい。駐車料金をしっかり取られ、空いているスペースに案内される。
ロープウェイは、昨年の黒岳ほど出ないが、込んでいる。
朝日が昇ったばかりの姿見駅を出発し、姿見の池をかすめしっかりと登りはじめる。
同じような登山客も多く、何となく心強い。
しかしどんどん風が強くなる。今まで経験したことのない風である。
足下も雪を踏みしめる。途中でジャンパーを重ねてきたり、毛糸の帽子、手袋をかぶる人が増えてくる。
自分も厚着や冬用の帽子、手袋をまとい、上を目指す。
強風には少し苦しんだがあっという間に到着する。
しかし、頂上は一段と風が強く、写真撮影も風にあおられる。辺りは真冬のような状況。
先日雪が降ったことは知っていたが、この状況にはびっくりする始末。
たいていの人は、下山を決意し姿見駅を目指す。
3名ぐらいがアイゼンを取り出し、登山靴に取り付け先へ向かう。
自分の登山靴は3シーズン用なので、また雪山の経験は全くの素人なので、残念であったがここで断念し下山する。
下山時は、下から次ぎ次ぎとやってくる、登山客を交わしながら下山するが、中には信じられない出で立ちで登ってくる人がいて、これまたびっくりする。
帰りは、3時半ぐらい時間をかけてゆっくり帰るが、途中とにかく眠たくて眠たくて仕方がなかった。