K-3ボディ、HD PENTAX DA 35mm F2.8 Macro Limited購入

先日、K-3ボディHD PENTAX DA 35mm F2.8 Macro Limited を購入、そして無事到着しました。
さて、電池の充電とマニュアルと読み、日曜日散歩コースで試し撮りをしてきました。
K-3を初めて握った感じは、小さいという印象でした。
この小さな、そして少々ずっしり感あるボディに、精巧なメカニズムがびっしり詰まっている感じがしました。
ボディ内に無駄なスペースは無いという感じです。
登山を趣味としますが、小型で写りの良さを考え、ミラーレスを検討することもありましたが、レンズを含めこれだけ小型でかつ握りやすいグリップ付いているのでば、申し分ありません。
マグネシウムボディであることに加え、防塵・防滴のため電池を入れるにも、他のカメラとは違い一手順多く、少々マニアックに感じました。質感があり所有する喜びがあります。
カメラと言えば、気になるのは写りもそうですが、シャッター音もだと思います。
これまでは、エントリー機などが多く、カシャ、パタン(表現するのが難しいです…)などが多かったんですが、K-3に関しては予想外でした。
K-50の延長上を想像していましたが、ジッ、ジッと言うような感じで、少し驚きました。気に入ったのかどうかは、初日と言うことでまだ分かりません。
そして、ファインダー視野率100%は、見える世界がやはり広いです。
これは、本当にすぐに分かりますね。
今までが何だったか…そんな気さえします。
とにかく、カメラは使ってなんぼなので、色々持ち出してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。