ここで少し地下足袋登山を考える

最近膝の痛みの解消のため、ベアフィトつまり素足感覚での登山靴やそれに類したものを言う。ヴィブラムファイブフィンガーズはも購入済み、一日1時間ぐらいのウォーキングで約1年ですり減り、お釈迦になる。今までのシューズとは違い、かかとにクッションがなく、しかも5本指は足の負担のかかり具合も違う。今まで使っていない筋肉を使うことがよくわかった。
確かに登山靴を履き、スティックを使って登山をすると、歩幅が大きくなり、スピードはものすごく上がるが、気がつかないところで膝への負担が大きい。
だいたい歩幅、かかとの着地など全く考えず、上ったり、下ったり、歩いたりするからである。登山を長く楽しむには、膝の負担をなくす、優しい歩き方が必要である。
そのためのベアフィット。
今回は、ヴィブラムを購入するお金はないため、NHKの「ためしてガッテン」でも取り上げられた、地下足袋でチャレンジしている。
今のところ良い感じである。
地下足袋を今回購入にあたり、有名な、そして評価の高い力王のものを選んでみた。
まだ雪があるということで、側面に少しゴムがついている軽快地下足袋というものを購入した。慣れないとこはぜを一つ一つ付けるのが面倒で、うまくいかないが、慣れれば最後までしっかりついている。足の裏の感覚もつかめて、よく登山靴を履いていて頂上に着く頃には、足裏の感覚がなくなり、すぐに靴を脱ぎたくなるようなことは全くない。足裏をしっかり使って歩いている感じがする。また足先をぶつけたりするかもという心配も意外に杞憂のようであった。だだし、写真のようにこはせの間からほこりが侵入しやすいのが欠点である。そして残雪の中を歩くのは、非常に滑りやすいこともわかった。
2つめに購入したのは、丸五のプロガードレインというもので、ファスナーのところ6cmまでは浸水しても大丈夫といううたい文句のものである。これは、残雪、雨、朝露を考慮して購入。つま先にガードがついているが、これはなくても大丈夫だとおもう。
むしろある方が、豆やすりむいたりするリスクが高まるのではという、心配が思いつく。
そして想像はしていたが、蒸れやすい欠点がある。またこはぜがなくファスナー式で足袋を履くもので、意外に良い感触である。ファスナー式の足袋はサイズが1cm刻みのものが多いが、ファスナーの近くについているマジックテープで締め上げると良い感じになる。
こんな感じで地下足袋登山を続けている。
足や膝に優しい歩き方をしているせいか、膝の痛みは今のところない。
ただ下山時、靴よりも足と足袋の固定がしっかりしていないのでずれやすく、歩きにくい感触がある。手で枝や木を支えとして使ったり、おしりをついて安全に下ったりという、対応が必要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。