芽室岳 西峰(パンケヌーシ岳) 2016/06/27

幌尻岳登頂を目指し、今日もトレーニング。
今回は、芽室岳へ行ってきた。
平日の月曜日と言うこともあり、駐車場を見ると自分以外に2台しかなく、なんとも心細い山行である。
前日飲み会があり、早朝から行動がとれず、10時半頃から登り始める。
ここ2週間ほど雨模様の日が多く、べちゃべちゃ、ぐちゃぐちゃの登山になるかと心配していたが、思いの外登山道に雨の影響は少ない。
ただ、下りは滑りやすいのは間違いない。
いつもそうだが、最初の30分は登りが険しいこともあるが、非常に苦しい。
1時間半を過ぎた頃から、幾分なだらかになり、余裕が生まれてくる。
これまで芽室岳には4回ぐらい登っているが、一度も西峰パンケヌーシ岳には登っていない。
まだ雪も残るくらいであるから、藪もそんなに深く茂っていないだろう、と判断し分岐点から西峰パンケヌーシ岳へ向かう。
1/4ぐらいまでは登山道もはっきりしているが、それ以降は藪が深くて全く先へ進めない。
雪渓をたどって進むが、どこから入ろうとしても、藪が深くなかなか入れず、体力を消耗するだけであった。
以前芽室岳を登っていたときに、西峰を目指して藪が深くて断念していた人を思い出す。
本当に厳しい。
それに登りはじめた時間が遅く、時間を十二分にかけられないため、半分ほど来たところで、断念することにした。
気を取り直し、下山は良いペースで歩いていたが、途中で何度か滑りそうになり、ひやひやすることが続いたが、とうとう登山口まであと1Kmといったところで、足を取られ思い切り転倒してしまった。
衣服やザックは泥だらけ、左足の筋をひねり痛くて歩けない。
午後4時を過ぎていたため、立ち止まると小バエや蚊に襲われる。
腹立たしいやら、情けないやらで意欲を失う。
それでもやっと何とかたどり着くが、非常に消化不良の山業であった。   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。