ホンダビート ストライカー交換

ホンダビートのAピラー周りからの振動や音がうるさい。
これまでは、時々ボルトなどを調整して何とかやってきた。
しかしもうストライカーの受け部分が摩擦で随分穴が大きくなり、しっかり受け止めることが難しくなってきたため、消耗品と考え交換することにした。
初めての交換である。
これで少しは、静になるだろう。
あとは、いつものようにスプリングワッシャと今回から水道の蛇口のゴムのワッシャも加えることにする。
それにしても我がビート色々なところにがたが出始めている。
そのたびに、部品交換や内部を見てみると、軽自動車を意識せざる終えない。普通乗用車とは比べると、ちゃっちい部品が多く使われていることに気がつく。
もう25年の歳月が過ぎている。
長く維持していくには、気遣いが大切だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。