Cクラスクーペスポーツ サイドシル保護

Cクラスクーペは、ドアが大きく乗り込む際、サイドシルを大きくまたがなくてはならない。
運転手である自分は何とか気をつけることができるが、助手席、後部座席に乗り込む人にとっては、大変な感じである。
このサイドシル部分に靴があたると、簡単に傷が付いてしまう。
せっかくの新車が台無しである。
そこで今回保護シートを貼ることにした。
最初、他の人も使っているメジャーなプロテクションフイルムを使うことにした。
しかし、思いの外粘着力がすごく、塗装まではがれそうな感じであったため、取りやめることにした。
次に粘着力が弱く、新車購入時に割とはられている粘着力の弱いものを選択した。
安心の住友3Mのものである。
綺麗に貼るということは、少し難あるかも知れないが、いつでもはがせる、また簡単に貼ることができるので、気に入っている。
サイドシルばかりでなく、フロントスポイラーにも貼っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。