メルセデス・ベンツCクラスクーペ(W205 C205)用チェーン購入

北海道では少し価格が高くても、4WDを購入するのが常である。
従ってFRのロードスター、86、シルビア、カプチーノなどに乗っているのは、よっぽどの車好きである。
僕のCクーペももちろんFRだったので、冬の対策は講じています。
とりあえずヤナセが推奨するオートソックという布製のチェーン、いや袋は購入済みである。
FRは、アイスバーンで怖い思いをすることが年に数回あります。
中でもアイスバーンの上に雨が降ってしまうのは最も恐ろしいです。
ロードスターに乗っていた頃、深刻な事態に遭遇しました。
湖の横に面した100m弱ぐらいの橋であるが、なんと少しバンクが付いていて、止まっていてもずるずるとイン側に車が流れるような状態。
スケートリンクに水がまかれた状態でした。
橋を渡りきれるか不安になりドライバー達が車を降り相談。
トラックの兄ちゃんの指示で、片側1車線の橋の上をでイン側、アウト側渡りきるまで動かずそれぞれ交互に走らせるということになった。
この策のおかげで、この橋を冷や汗をかきながら通過する。
この橋を渡りきっても、緩やかな坂が続くため、やっとの思いで大晦日に実家に帰ってことを思い出します。
FR乗りとしては、路面状況が酷いときには、なるべく坂のあるところは走らないようにコースを考えなければいけません。
しかし、先日避けられない状況にでありました。
お通夜のあと、一方通行で400m走ったあと坂を登らなければいけませんでした。
前の車は40Kmで走っています。
どこを見てもは車は4WDです。たまにFFのプリウスがいます。
我がCクーペ、スタッドレスタイヤは1年目、はじめ滑りはじめると直ぐに横滑り防止機能が作動しました。
出力が徐々に落とされ、16Kmぐらいで何とかグリップし登り終えました。
この間、正直どきどきでした。
もし上れなかったら、スリップし坂を下り後続の車と衝突してしまうかも知れない、ということです。
美瑛町の坂やスキー場の入口などを想定し、オートソック(耐久性がない)以外にも、チェーンを購入することにしました。
値段の方はピンからキリまでありますが、スタッドレスタイヤを履いていることを考え、売れ筋の安いものを購入。
リングは小さい9mmにしました。
値段は2,180円。本当に安いです。
使わないで済むと最高です。
しかし、いざ使用するとなると、写真からも分かるように、よくよく見ると作りが悪そうです。
チェーンやワイヤーの接続部分がはずれて、タイヤハウスにあたったらどうしよう。

追伸 現在、アパートの駐車場(ちょっと傾斜が付いています)、氷に覆われていてバックで上れません。
情けないと思いながら、砂をまき対応しました。

シザースジャッキにメルセデス用のジャッキアダプターの取り付け

今回は、ジャッキーの改造とメンテナンスを行った。
日本車と違い、輸入車はそれぞれジャッキアップするのにも特徴がある。
まずメルセデス用のジャッキアダプターをマサダ製作所 油圧シザースジャッキ DPJ-1000DXに取り付ける作業を行った。
通常のリペットどめされているものをドリルでこじ開け、専用のアダプターを取り付ける作業である。
ドリルで貫通させた後でも、丸棒のヤスリで削らなければならず、かなり時間を要した。
買ったばかりの新品をこんな風にするのはなんとも忍びない。
またジャッキを選択するにあたっては、ガレージジャッキのタイプにするか、パンタグラフ式にするか本当に迷ってしまった。
アパート住まいでガレージジャッキを保管することと、移動時のその重さを考え、マサダのパンタグラフ式を選ぶことにした。
また実家においてあり父親が使っているカヤバのシザースジャッキのオイル交換と、ヘッドが少しいたんでいたのでDPJ-1000DXについていたものに交換することにした。
このジャッキはロードスターに乗っていた頃に使っていたもので、20年ぐらい前に購入したものである。
同じ要領でヘッドを外し交換。
そしてジャッキオイルやパッキンの交換である。
途中ちゃんとオイルが入っているか、覗き込みながらゴム栓を開けて確認した際、圧がかかっていたためオイルがものすごい勢いで顔にかかるという、失態を犯してしまった。
今回使ったものは、どれもヤフオクやネットショップで手に入れやすいものである。
ただジャッキオイルは、粘度が柔らかいものと少し硬いものの2種類が売られている。
ガレージジャッキ用のマサダの純正のオイルが柔らかいタイプであったので、今回は柔らかいものの方を使用することにした。

ホンダビート ヘッドライトバルブ交換(701K)

さて、セカンドカーのホンダビートのヘッドライトが暗くて困るようになった。
あの白色からいつの間にかオレンジ色になっている。
前回は純正から、寿命が短いが明るいハロゲンに交換しているが、今回も同様なものを探すことになった。
本当は今はやりのHIDあたりを組み込みたかったが、仕事が非常に忙しく今回は見送りする。
形状はホンダの702Kという規格であまりないものである。
前回も3種類ぐらいしかなかったので、今回も心配していろいろ調べてみると、Amazonに

POLARG (ポラーグ) B1ハイブリッドハロゲン [M-67] 12V65/55W ホワイト (2個入り) [品番] P0877

というものが5,589円で唯一売られていた。
早速取り寄せて交換に進んでいくが、コネクターのところが非常に汚れていた。
極端な言い方をすると、コネクターの接点の部分がマヨネーズ状のものが付着しているのであった。
キッチンペーパーで拭く、爪楊枝でほじる、パーツクリーナー噴射など、繰り返しあらゆる手段で清掃し、やっときれいになったところで新しいバルブを入れることになった。
さすが新品は明るい。
最近は年齢も重ねて暗いところが、見づらくなっているので夜の運転は神経質になる。
これで不安材料の一つが改善された。

(2017年秋の出来事)

メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ (C205 W205) プレセーフ機能が制限されています

年末、これまで全くトラブルのなかったわが愛車、Cクーペ(C205)にエラーメッセージが出るようになった。
これは、セダンのW205でもよく知られている「プレセーフ機能が制限されています」というものである。
ディーラーに連絡すると、センサーが汚れが原因とも考えられるので、まずはセンターをきれいにしてくださいと言われる。
それでもエラーメッセージが消えないのなら、車を持ってきてくださいと。
北海道の寒い冬の中、昼休みにぬるま湯でセンサーをきれいにしてみたが、いっこうにエラーメッセージが消えず、仕事を30分早く抜けてディーラーに車を持ち込むことになった。
45分ぐらいしてから工場の方が現れ、フロントガラスの中央のカメラの調子がよくないようで、交換することになった。
この対応は、事前にWebでいろいろ調べていたので予想はしていた。
中には3度交換しても、エラーメッセージが消えない人もいるようである。
工場も混んでいたようで、年明けの1月10日に車を持ち込み、代車を借りて一泊の入院となった。
とりあえずカメラを交換してからは、現在までトラブルは一度もない状況である。

デジタルコンパス Tinypony 登山コンパス デジタル高度計

デジタルコンパス Tinypony 登山コンパス デジタル高度計というものを、Amazonのタイムセールで購入した。
2,000円もしないものであるが、60数件のレビューもあり何となく購入してみた。
いろいろな機能があるが、とにかく高度計の機能が欲しくて、この商品を購入した。
高度計というと、ガーミンeTrex20jラドウエザーの腕時計のタイプをすでに持っている。
高度計の特徴である、ある程度の誤差は仕方がない。
特にラドウエザーの方は、使用する当日に基本となる地点の高度を再設定しなければ、反応が悪くなっていたため今回の購入に踏み切った。
タイムセールで安く購入することができたのは良いが、ご覧のように液晶が壊れている。
このようなことは、発送段階でわかるようなものであるが、中国から遅れてくる製品はやはり品質の管理は悪いのだろう、平気で送ってくる。
ただし、Amazonに返品の申し出をすると、速やかに返品に応じてくれた。

充電式クリーナー マキタCL107FD

昨年末、掃除機を購入した。
充電式クリーナーマキタCL107FDを14,800円である。
Cクーペやホンダビートの室内掃除も考えてのことである。
カークリーナーというシガーソケットから電源をとって使うようなものは、吸引力も今ひとつで、しかもノズルも使い勝手も悪いものが多く、結局はお荷物となってしまうものが多かった。
そろそろ家庭用の充電式も吸引力も強く、価格も安いものが出ているだろうと色々調べる。
自宅の掃除もできるし、時々車の掃除機として使うことを見込んである。
ダイソンあたりがメジャーであるが、大きくて価格も高い。
そこでマキタの出番である。
電動工具でお世話になっているが、充電器掃除機でも人気がある。
今回購入した充電式クリーナー マキタCL107FDは、上から2番目の機種である。
フローリング中心ならこの機種、絨毯中心ならこの上の機種がいいそうである。
実際に届いたものを使ってみると、意外に小さく頼りない。
とにかく自分の性格上、強で運用すると20分ほどしかもたない。
そうでなければ倍以上持つようである。
このクリーナー自宅でも車でもなかなか、いい感じで動いてくれる。
ただし、欠点は一つ、充電器が大きいということである。
これにはあんぐりである。
充電器はいつもは、蓋つきの棚の中にしまっている。
それとAmazonなどをみていると、互換用の充電池が格安で販売されている。
しかもタイムサービスである。
これで当面、掃除機、クリーナーは考えなくてよさそうである。

EPSON Wristable GPS 腕時計 ランニングウォッチ GPS機能 SF-110G購入。

Amazonで安売りイベントがあった時にEPSON Wristable GPS SF-110G購入した。
確か9,800円だった。
日頃万歩計をしているが、それが時計だと今感じている不快感が改善されると思ってである。
万歩計だけで無くタップタイムや消費カロリーなども表示できる。
しかもパソコンやタブレットに接続しweb上で把握できるものである。
ランニングなどを主にしている人だとそれほど問題がない。
ただし電池寿命が1度の充電で3~4日ぐらいしか持たない
自分もっともやりたかった、登山のラップタイムであるが、それを計り出すと5時間ぐらいしかもたない。
マラソンなどなら、大丈夫であるが登山は片道程度しかもたないことになる
しかたって万歩計での使用がメインとなっている。
少々がっかりである。

斜里岳 2017/08/20 旧道から新道へ 頂上からオホーツク海が見える

斜里岳に登る
実家を早朝に出発し、駐車場をキープするためビートを飛ばしやってきた。
午前7時近くで会ったが、駐車場は7割方埋まっている
会話の声を聞くと道内だけでなく、本州から来ている人も多そうである。
そそくさと準備をし、午前7時6分に登りはじめる。
今回は冬期に向けて、冬用の登山靴を履いての挑戦である。
今日は水か少ないと話す人の多い中、なるべく靴を濡らさないように登る。
ピンクのマーカーがつけられているが、時々見失うことが有り、不安になる。
岩を登るような場面もあるため、固いまるでスキーブーツのような冬用登山靴では足首や足先が動かず、後ろにひっくり返りそうになる、またとにかく歩きづらくスピードが出ない。
女性にまで向かされる状況である。
体力もいつもの何倍も失うような感じである。
失敗したなと思うと共に、冬山はみんなどのようにして登るんだろうと思い巡らす。
旧道を選択し3時間半後の10時35分に到着する。
思い切り遅い。
頂上では視界が開け、オホーツク海までのぞける状態である。
余りに心地が良かったため、昼食を摂りながら1時間ぐらい過ごす。
その後11時32分に下山を開始する。
帰りは時間のかかる新道である。
来た道を途中まで下り、その後は稜線づたいに歩いて行く。
熊のいそうな気配が感じられ、周囲に登山客がいないととても怖い感じがした。
一人で歩いているとあるグループに出くわした。
15人ぐらいの団体である。先頭にこの登山道に深く関わった人がいて、とにかく立ち止まり説明をしている。
そのグループにとっては、それはいいことであるが、他の人の足止めになっていることを前々気づいていない。
40分ほどこの団体につきあわされてしまう。
その後再び行きに登った道に戻り、マーカーが見づらいところに、持っていたマーカーテープをつけながら下山する。
14時38分に下山完了。
完全な不完全燃焼である。