メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ (C205 W205) プレセーフ機能が制限されています

年末、これまで全くトラブルのなかったわが愛車、Cクーペ(C205)にエラーメッセージが出るようになった。
これは、セダンのW205でもよく知られている「プレセーフ機能が制限されています」というものである。
ディーラーに連絡すると、センサーが汚れが原因とも考えられるので、まずはセンターをきれいにしてくださいと言われる。
それでもエラーメッセージが消えないのなら、車を持ってきてくださいと。
北海道の寒い冬の中、昼休みにぬるま湯でセンサーをきれいにしてみたが、いっこうにエラーメッセージが消えず、仕事を30分早く抜けてディーラーに車を持ち込むことになった。
45分ぐらいしてから工場の方が現れ、フロントガラスの中央のカメラの調子がよくないようで、交換することになった。
この対応は、事前にWebでいろいろ調べていたので予想はしていた。
中には3度交換しても、エラーメッセージが消えない人もいるようである。
工場も混んでいたようで、年明けの1月10日に車を持ち込み、代車を借りて一泊の入院となった。
とりあえずカメラを交換してからは、現在までトラブルは一度もない状況である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。