標津岳 2018/06/17

4年ぶりに標津岳に登った。
本当は6月第1日曜日の山開きの時に登りたかった。
標津岳海別岳と中標津町の山開きは、力が入っている。
牛乳や温泉の無料チケットの配布がされるのである。

今回は前日から実家に一泊して臨む。
10時から登り始めるが、登山客はこの日は、僕を含め3組5名である。
雨の予報ではないが、ずいぶんとガスがあり、時折パラパラと雨が落ちてくることもあった。
登山道も迷うようなところはなく、安心して登れる。
1合目、2合目などの標識や1Kmごとにあと何キロを指し示すものまであった。

標津岳は1061mの低山であるが、登山道は登りだけでなく、平らな箇所、下りなどもあり、登りやすい山である。
8合目ぐらいから、ガス帯を超え日差しが強くなる。
眼下には通ってきたガス帯が、雲海となって広がっているではないか。
なんとも壮観な雰囲気である。

10時から登り始め、2時間弱で標津岳を登り切る。
前回来た時は、山開きの時で、山頂がずいぶん広く感じたものであるが、なぜか今回は狭く感じる。

雲海とともに、前方には斜里岳が見渡される。
独立峰として貫禄が感じられるが、山頂が雲に隠れているのは残念である。
30分ぐらい写真撮影や昼食、休憩をしてから下山をする。
下山時は、途中からひざ痛を感じることになる。
今年もどうやら、膝の痛みと付き合いそうである。

標津岳の下山は1時間半かかり、午後2時に降りてくる。
下山後は、養老牛温泉に使って帰る予定であったが、日帰り入浴は午後3時からということで、今回は取りやめる。

登山口に行くには、林道を車で走ることになるが、道が細くすれ違いがとても大変であった。
蚊もたくさんいて、現地に到着してからの準備や、下山後の片付けの最中など、襲いかかってくる。
また実家への帰路に向かう際、車のハンドルを握る手に、ダニが付いていてびっくりすることもあった。

 

向こうに見えるのは、昨年登った斜里岳である。