YAESU FT-818ND購入 オールモードアマチュア無線機

アマチュア無線機を久しぶりに購入した。
使いづらい、しかし無いとまたほしくなると言われている、FT-817NDの後継機FT-818NDである。
ヤフオクで新品未使用なものが、数個67,890円で売られていた。
モバイルというか、旅先で144MHz帯や7MHz帯を聞きたくて、交信したくて購入した。
114MHz帯はハンディ機でも大丈夫であるが、7MHz帯はHF機でないと無理なのである。
他にも自宅から、見晴らしのいい環境下であるなら、いつもでは聞くことのできない周波数帯の電波をキャッチできるのでは…という考えもあってのことである。
これまでのFT-817NDからの変更点はほとんど無く。

送信出力が6Wに1Wアップ。
「TCXO-9」を標準装備
ロングライフバッテリーニッケル水素電池パック(SBR-32MH:1900mAh)が標準装備
液晶表示が3色対応ぐらいである。

早速使って見たが、液晶が小さく見づらい。
操作性が小型化のため、一つ一つのボタンがいくつもの機能を兼務していてわかりづらい。
など、操作方法にも慣れないと手こずりそうである。

しかし、その大きさ、小型化には驚くばかりである。
こんな小さなものは、他にはない。
アンテナなどを工夫すれば、自宅に、そして車に固定されず、本当に運用が自由である。

発売したばかりであるが、USB対応やバッテリーもリチウムイオンであって欲しかった。
とりもなおさず、こういうものは使ってなんぼの世界である。
できるだけこのFT-818NDに触れるよう努力しよう。