デジタル簡易無線の免許状が届く。電子申請は大変でした。

7月にアルインコのDJ-DPS70KAという5Wのデジタル簡易無線を購入した。
この製品は、現在の第2世代のモデルの中で、高性能と言うことで人気があるモデルである。
Sメーターもしっかりついている。

さて、デジタル簡易無線の登録局として申請をしてみた。
個別登録と包括登録があり、複数台必要となる人は、明らかに包括登録の方がお得である。

個別登録2,300円 電子申請では、1,700円 電波利用料1台あたり年間600円
包括登録2,900円 電子申請では、2,150円 電波利用料1台あたり年間540円

しかも、電子申請をすると格段に安くなる。

マイナンバーカードがあり、カードリーダーもあるわけで、結果的に電子申請をした。
しかし、この電子申請が非常にややこしい。

まず、総務省の電波利用 電子申請・届出システムで登録しIDを得なければならない。
ここで大事なのは、アマチュア無線の電波利用 電子申請・届出システムLiteとは、全く別であるということである。
したがってIDは、それぞれ持つことになる。
ここがよくわからず、大混乱である。

次にデジタル簡易無線の電子申請をしていくわけであるが、身近な実験室
ここを参考にしながら進めていく。
ここの方も言っているが、電子申請はひじょうに面倒臭いのである。
更新の5年後を考えると、本当に気が重たくなる。

無線機に購入時に、書類申請の書き方の見本がついてくるが、電子申請では信じられないことに、これだけでは申請には不十分であることがわかる。
したがって、web上でいろいろ調べて進めていかないと、なかなか難しい。
実際にあれこれやっていくとすぐに1~2時間ぐらいが経ってしまう。

最終的には、公的個人認証サービスを使って個人認証ができるようにします。
僕は、確定申告のために「JPKI利用者ソフト」が既にインストール済み。次に、住民基本台帳カードと、カードの読み取り装置で読み込むことになる。
もちろん、パスワードも必要です。

ここで、カード読み取り装置である、カードリーダーがいつものことであるが、なかなかうまく認識しなく四苦八苦する。
そんなことをいいながらも無事に、申請、支払い完了。
やっと一安心、しばらくは電子申請・届出システムで進捗状況を確認することになる。

さて、アマチュア無線の時のように、免許状を送ってもらうため、封筒、その中には自宅への返信用の封筒と、切手を用意していると、なんと、無線局登録状が数日後に届くではないか。
封筒には小さな紙が入っていて、そこには免許状を送ったので、郵送費とし切手を送ってくださいとのことであった。
なんと親切ではないか。できれば切手代、封筒代として100円ぐらい多く請求してもいいので、申請が受理されると当局から送られるようにしてもらいたい。

それにしても、アマチュア無線では、電波使用料が年間300円にもかかわらず、デジタル簡易無線は600円(個別申請、ちなみに包括申請は450円)は、とても高いように感じた。しかも、一台ずつ請求される。
アマチュア無線は、何台所有していても、一つの局として把握されているので、300円ですんでいたのに。

さて自宅で、受信を試みるが、電波が入るところは、アンテナ1~2本経つところが2チャンネルあった。いつも同じなので、これは業務用なのかも知れない。
呼び出しチャンネルの呼び出しチャンネルで、待機していてもまったく、誰も声も聞こえてこない。
もしかして、ここ北海道では、アマチュア無線よりマイナーなんだろうか?
デジタル簡易無線をやっている人は、いないのだろうか。