摩周岳 2019/5/27

毎年登る摩周岳である。今回は第一展望台に愛車Cクラスクーペを止めての挑戦である。
昨日の雌阿寒岳では、38℃という気温の中の戦いであった。
今回は、そこまで行かなく気温34℃での山業である。
平日の月曜は、駐車場も空きが多く、登山名簿にも3名ぐらいしか名前が載っていない。
早速身支度をして、午前11時ぐらいからてくてくと登りはじめる。
いや~きつい。
昨日とまさに同じ戦いである。
勾配はそうきつくないが、全身ふらふら感が強く出て、モチベーションが上がらない。
しばらくすると、下山してくる人とすれ違う、あまりの暑さと、行程をすべて消化すると時間が無くなったため、下山するとのこと。
いわゆる途中リタイヤである。
自分もリタイヤしたい。
そんな思いに苛まれるしまいそうになったが、あきらめ癖は必ず自分の身に降りかかると思い、とにかく頑張る。
一気に踏破することをあきらめ、途中3度休憩をとることとなった。
日陰の登山道に、ふらふら状態で腰を下ろす。
不思議と休憩後は、少し体力が回復し、足が少し出るようになる。
そんなことを繰り返し、間もなく頂上というところまで来る。
あと、数百メーターである。
摩周岳は、基本なだらかな直線のような登山道であるが、最後の8号目あたりから勾配がどんどんきつくなる。
ストックを使用していないので、バランスを失いそうになると滑落しそうになる。まさに危ないである。
そんなへなちょこの歩みも、時間が立てばしっかり目標地点に到着する。
時間は約2時間半。
休憩をたくさん入れたものの、一般的なタイムである。
頂上には自分以外誰一人としていない。
ご覧いただきたいこの風景を独り占めである。
母がおにぎりを3つ作ってくれたが、あまりの暑さで食欲もなく、キュウリの漬物と水分補給をしっかりして、休憩である。
足を伸ばし、足の裏をもにほぐし、下山開始である。
復路は基本下り道である。
日差しが優しくなったこともあるが、往路あれだけ苦しんだ道も、どんどん進んでいける。余裕も生まれ、休憩所で写真を撮ることもできる。
そんな時間を過ごしながらも、登山口がどんどん近づいてくる。
近づくにしたがって、少しずつ力がみなぎってくる感じさえ受ける。
登山口に2時間で無事到着後は、摩周第一展望台で、ソフトクリームをいただく。
たっぷり休んだ後は、2時間半ぐらいかけて、自宅へと到着であった。