Cクラスクーペ(C205)スノーブレード交換

夏用のワイパーについては、毎年の点検で交換してもらっている。
延長保証期間なので、もちろん無料である。
しかし、スノーブレードについては、納車後5シーズン目に入ろうとして、未だ交換しないままであった。
ゴムの端が少し剥がれていることや、拭き取りが悪くなっていたため、新規で購入することとした。
価格を調べると、Cクラスは確か16,000円である。(先日までヤナセのWeb上で見つけられたが、今日は見つからない。)
2本とはいえ、この値段は高すぎる。
夏用ワイパーならメリカリで送料込みで、3,000円ぐらいから販売されているのに。

価格から見ると、メルセデスのスノーブレードお決まりは、BELLOFである。
型番は、SFW101 もちろん2本入りで価格は11,100円である。
加算されるポイントを差し引くと、ヤフーショッピングでは9,500円弱で購入できる。
ちなみに、現行Cクラスはワイパーは2つのタイプがあるようなので間違えないように。
さて、写真を見ると夏用ワイパーは、しっかりボンネット下に格納されているが、スノーブレードはごつく拭き取るゴムも厚いので、妙に見だつ。
BELLOFのものは、形状は全く同じであるが、純正ではないということで、ボンネットに接触することを心配した。
最初に手動で動かし確認し、その後で実際に動かしてみた。
貧乏性なものでドキドキしてしまった。
取り付け後、ボンネットとスノーブレードの隙間を確認すると、狭いところは指一本の隙間もない。
夏用ワイパーも同様だが、運転席側の中央は部分の拭き取りは、フロントガラスの形状なのか甘くなりがちである。