メルセデス・ベンツCクラスクーペC205 駐車場の正常化も後もう少し

今朝もマイナス10ぐらいまで下がりました。
ここ数日、日中雪解けが進みましたが、メルセデス・ベンツCクラスクーペC205が鎮座する駐車場はやっとここまできました。
侵攻方向右側は、大丈夫になってきましたが、左側はまだ残雪があり轍がきつい。
しばれの関係でマンホールの上げ下げもきついです。
後もう少しです。

駐車場も日中日陰であり、現在はアイスバーン状態。
今日明日と、休日は氷割りをする予定です。
雪さえなければ、来週なんとか正常化しそうです。
早くCクラスクーペC205を安心させてあげたいです。

北海道の春も後もう少しです。

メルセデス・ベンツCクラスクーペC205は轍に苦しめられる

先日の雪、そして雨のため、我がメルセデスベンツCクラスクーペの駐車場はひどいことになる。
二日連続、わたちにはまり、スコップで氷を削ったり、砂利を入れたり、30分から1時間格闘し、駐車場にやっとたどり着く。

仕事に行っている間、日中5度から10度ぐらいまで気温が上がると、裏通りはぐちゃぐちゃ、大型車が通った後は、きつい轍になる。
仕事から帰って来ると、マイナス6度からマイナス10度ぐらいまで気温が下がるので、この轍はかちんこちんになる。

FRはゆるやかな傾斜のついたアイスバーン状態の駐車場も登れない。
さらに車高が低いとお腹を擦ったり、深い轍ができてしまうと滑って動けなくなる。
垂直方向に轍を超えなければいけない時にも、勢いをつけて車を出しても動けなくなることもある。

現在の我が駐車場はこんな状態である。
これは、スコップやつるはしで整地した状態です。
本当はもっとひどい状況だった。

しかもこんな状況下で、よりによって自分の駐車場の隣には、介護保険事務所の車両が止まっていた。
前日、ハンドルをあまり切らないで、轍を避けて駐車場にだどりつけるルートを作ったばかりなのに、その車がそれを遮ってしまっていた。

仕方なくいつもように緩やにハンドルを切りながらバックすると、やっぱり轍に捕まってしまった。
いつものようにスコップで氷を削ったり、砂利をタイヤの前後に敷きグリップが回復し空回りしないようにしたりしたが、微動だにせず。
恥ずかしながら、集まってくれた近所の人に、前から後ろからメルセデスベンツCクラスクーペを押してもらって何とか脱出に成功する。

すぐに列車に乗り出張に行かないといけなかったので、轍のない大家さんの家の前に車を止めさせてもらった。
こんなに轍に苦しむ年は、初めてである。
そしてCクラスクーペに傷つかないか心配である。

大雪の余波 メルセデス・ベンツCクラスクーペC205は雪の中

先週の木曜日の大雪の影響が続いています。
こちらの状況はすごくて、学校は臨時休校、バスや列車の運休。
雪でスタックする車があり、周辺の人たちが押す風景や、運転席のガラスに連絡先のメモを貼り、車を仕方がなく乗り捨てるようなことの見られていた。
職場の同僚は、早めに帰宅しても、途中の渋滞、除雪に追われ、自宅の駐車場に入れたのは、午後9時や11時という人が何人もいた。

僕は会社のトラブル対応で、会社に戻ったのは午後9時、メルセデス・ベンツCクラスクーペC205のことを考えると、スタックするのは必至、この大雪の中自宅に戻れないと判断し、会社に泊まることにした。
案の定、翌日帰宅時間になり自宅に帰ると、駐車場は太もも上部付近まで雪が積もり、Cクラスクーペを待っていた。

除雪が一段落していた、近所の家にCクラスクーペを預けさせてもらい、駐車場の除雪に入る。
車一台分の除雪をするのに、およそ1時間半、しかもここ数日の除雪で身体が痛い。
やっとの思いで除雪を完了。

車の移動となるが、FRはスタックしやすいので、中通りの交差点からバックで自分の駐車場へ進まないといけない。
対向車が来てもすれ違えない。
一見、平らに見える微妙な傾斜がついている駐車場を登るためには、このようにしなければならないのである。
数回ハンドルを切り返し、やっと駐車場へ到着する。
この雪に囲まれた道をバックで進むには、後方視界がほとんどないメルセデス・ベンツCクラスクーペにとっては、バックカメラそしてパークトロニックが、本当にありがたい。

雪の心配のある4月上旬までは、あと1回ぐらいは今回のような大雪の心配がある。
また他の車より、車高が低いCクラスクーペは、所々でお腹を擦るのがとても痛い。
そして職場の駐車場に行くとさらなる危険がある。

北海道の冬は雪が降りそうになると、ワイパーが氷や雪の塊の影響を受けないように、ワイパーを立てる習慣がある。
メルセデス・ベンツCクラスクーペはそのままでは、ワイパーを立てられない。
ワイパーの位置をずらしてから、はじめて立てることができる。
何も知らない人は無理やり立てることになるが、その際はボンネットの端とワイパーの干渉を超えないとならない。
昨年も3月、4月に1度ずつワイパーを立てられてしまった。
善意からの行為であるが、このことは僕のCクラスクーペをとても痛めつける。

アルトポルテオート TVキャンセラー E2Plug(メルセデス・ベンツCクラスクーペC205 セダンW205 ツーリングワゴンS205)

走行中にテレビ、DVDを見たくてTVキャンセラーを購入しました。
すでに半年ぐらい使用しています。

ディーラーに相談した時には、輸入車は電気系が非常に繊細なので避けて欲しい。
コマンドシステムを入れ替えになると、70万ぐらいかかるしやめたほうがいいですよと、担当から言われる。

みんカラをはじめ商品レビューで、CクラスクーペC205の記述はなかったが、CクラスセダンW205に関しては、いくつも見られて大丈夫と判断しました。
一つトラブルらしい書き込みは、バックカメラに切り替えるのにコーディング前より時間がかかるようになったという、レビューが一件あっただけでした。

ヘッドライトの関係のコーディングは、そのままでいいので単純なTVキャンセラーのみにしました。
もちろん価格的に一番低価格であることも要因の一つです。

どこのメーカーの製品を選ぶか迷ったが、対応が良さような書き込みのあったアルトポルテオートの製品にする。
楽天、Amazon、Yahooにそれぞれ出店しています。
調べてみるとYahooショッピングで1,000円安く販売されていたので、ここで購入することにしました。

購入にあたっては2回質問したが、どの質問にも素早く丁寧に答えてくれ、とても印象が良かったです。
安心して購入したが、やはり導入するにあたっては、ドキドキでした。
添付のインストレーションガイドに書いてあるが、コーディングの時は

1 最初にE2PlugをOBD2ポートにさす

2スタートボタンを素早く2度押す(イグニッション オン、1度だけならACCです。この辺に迷ってエンジンを何度かけたことやら)

3緑色のランプが点灯しばらくすると、早い点灯に切り替わる

これでコーディングが完了です。

E2Plugはもとに戻すことも可能です。

1最初にE2PlugをOBD2ポートにさす

2スタートボタンを素早く2度押す(イグニッション オン、1度だけならACCです。)

3緑色のランプが常時点灯すると完了。元に戻ります。

おそらくこの商品は、現在販売されているものの中で、一番価格が安いものです。
僕が使用する限りにおいては、全く問題がありません。
他の機能に影響は今のところ見られてはいません。
現行のメルセデス・ベンツCクラスセダンW205 ツーリングワゴンS205 クーペC205でTVキャンセラーを考えている方には、アルトポルテオートのE2Plugはおすすめの商品だと思います。

GOOLOO 緊急ジャンプスターター 12V車用10000mAh モバイルバッテリー メルセデスCクラスクーペ ホンダビートのバッテリー上がりに

ホンダビートは冬は実家で冬眠、春に復活する。
その際、冬期間ほどんど乗らないこともあるため、バッテリーが弱り始めると、バッテリー上がりを起こしてしまう。
結果的に、充電してからやっと使いもにになることが、購入後4年ぐらいから始まる。
朝エンジンが無事にかかるが、職場の帰りにエンジンをかけると、かからないことも2度ほど体験した。
少し乗り始めると、正常になりバッテリー上がりなんて気にならなくなる。
しかしバッテリーの突然死は夏が多いとも言われる。

趣味が登山ということで、登山客が少なく、あるいは最後に登ったのが自分で、駐車場に自分のホンダビートしかないことも度々ある。
そういう時にバッテリー上がりを経験したら大変なことになる。
北海道の登山口は、林道を8キロや10キロ走らないといけないことが多いので、念のために今回のこの商品を購入した。

また、人生初の輸入車、メルセデスベンツCクラスクーペを乗ってもうすぐ1年がたつ。
大きなトラブルは全くないが、輸入車やはり電気系は要注意とうこともあり、この商品を購入した。
初の輸入車はとにかくいろいろ心配なのである。

さて、この商品とにかく商品名が長い。
GOOLOO 緊急ジャンプスターター 12V車用10000mAh モバイルバッテリー 450Aピーク 4000ccガソリン LEDライト USB端子付き 安全設定【日本語取扱説明書付き】ポータブル 防災用品 12ヶ月保証付 黒白
Amazonのタイムセールでこれを2,974円で購入した。
作りは意外にしっかりしていて、ジャンプスターターとしてだけでなく、モバイルバッテリー、懐中電灯などにも役立つ。
今回はシーガーソケットアダプタも購入して、いろいろ使えるように準備している。

こちら北海道は-15℃~-20℃ぐらいは、よくあることで車の中に積みっぱなしで、果たして容量をキープできているかが問題である。
一応-30℃対応みたいなことが書かれているが、実用となるのだろうか。
かれこれ1ヶ月半ほど、メルセデスベンツCクラスクーペに積みっぱなしである。
ちょつと試してみようか。

GOOLOO 緊急ジャンプスターター 12V車用10000mAh モバイルバッテリー 450Aピーク 4000ccガソリン LEDライト USB端子付き 安全設定【日本語取扱説明書付き】ポータブル 防災用品 12ヶ月保証付 黒白
クリエーター情報なし
GP100WHITE-JP

メルセデス・ベンツCクラスクーペ(W205 C205) シリコンコードでアンビエントライトを効果的に

さて今日は休日でした。
2時間ほど休日出勤した後は、散髪そして兼ねてから実施したいと思っていた、Cクラスクーペのアンビエントライトを効果的にする作戦である。
CクラスセダンであるW205でよく行われているものである。
初期の状態ではアンビニエントライトがセンターコンソールやドアの部分で目立たない。
それで丁度平たい溝のようなところがあるので、シリコンコードをはめ反射させるというものである。
今回は内径X外径6X8mmのものを1.5m購入。
459円である。
5分もかからない作業である。
効果はご覧のような感じである。
ドアの方はもう少し細いものや平たいシリコンチューブを使ってできそうであるが、両面テープを使いそうだったので今回は見送ることにする。
尚、シリコンコードは45cm程使用したので、実際は1mちょっと使ったことになる。

uxcell シリコンチューブ ホース パイプ 2m長さ 6mm x 8mm
クリエーター情報なし
uxcell

メルセデス・ベンツCクラスクーペ(W205 C205)用チェーン購入

北海道では少し価格が高くても、4WDを購入するのが常である。
従ってFRのロードスター、86、シルビア、カプチーノなどに乗っているのは、よっぽどの車好きである。
僕のCクーペももちろんFRだったので、冬の対策は講じています。
とりあえずヤナセが推奨するオートソックという布製のチェーン、いや袋は購入済みである。
FRは、アイスバーンで怖い思いをすることが年に数回あります。
中でもアイスバーンの上に雨が降ってしまうのは最も恐ろしいです。
ロードスターに乗っていた頃、深刻な事態に遭遇しました。
湖の横に面した100m弱ぐらいの橋であるが、なんと少しバンクが付いていて、止まっていてもずるずるとイン側に車が流れるような状態。
スケートリンクに水がまかれた状態でした。
橋を渡りきれるか不安になりドライバー達が車を降り相談。
トラックの兄ちゃんの指示で、片側1車線の橋の上をでイン側、アウト側渡りきるまで動かずそれぞれ交互に走らせるということになった。
この策のおかげで、この橋を冷や汗をかきながら通過する。
この橋を渡りきっても、緩やかな坂が続くため、やっとの思いで大晦日に実家に帰ってことを思い出します。
FR乗りとしては、路面状況が酷いときには、なるべく坂のあるところは走らないようにコースを考えなければいけません。
しかし、先日避けられない状況にでありました。
お通夜のあと、一方通行で400m走ったあと坂を登らなければいけませんでした。
前の車は40Kmで走っています。
どこを見てもは車は4WDです。たまにFFのプリウスがいます。
我がCクーペ、スタッドレスタイヤは1年目、はじめ滑りはじめると直ぐに横滑り防止機能が作動しました。
出力が徐々に落とされ、16Kmぐらいで何とかグリップし登り終えました。
この間、正直どきどきでした。
もし上れなかったら、スリップし坂を下り後続の車と衝突してしまうかも知れない、ということです。
美瑛町の坂やスキー場の入口などを想定し、オートソック(耐久性がない)以外にも、チェーンを購入することにしました。
値段の方はピンからキリまでありますが、スタッドレスタイヤを履いていることを考え、売れ筋の安いものを購入。
リングは小さい9mmにしました。
値段は2,180円。本当に安いです。
使わないで済むと最高です。
しかし、いざ使用するとなると、写真からも分かるように、よくよく見ると作りが悪そうです。
チェーンやワイヤーの接続部分がはずれて、タイヤハウスにあたったらどうしよう。

追伸 現在、アパートの駐車場(ちょっと傾斜が付いています)、氷に覆われていてバックで上れません。
情けないと思いながら、砂をまき対応しました。

シザースジャッキにメルセデス用のジャッキアダプターの取り付け

今回は、ジャッキーの改造とメンテナンスを行った。
日本車と違い、輸入車はそれぞれジャッキアップするのにも特徴がある。
まずメルセデス用のジャッキアダプターをマサダ製作所 油圧シザースジャッキ DPJ-1000DXに取り付ける作業を行った。
通常のリペットどめされているものをドリルでこじ開け、専用のアダプターを取り付ける作業である。
ドリルで貫通させた後でも、丸棒のヤスリで削らなければならず、かなり時間を要した。
買ったばかりの新品をこんな風にするのはなんとも忍びない。
またジャッキを選択するにあたっては、ガレージジャッキのタイプにするか、パンタグラフ式にするか本当に迷ってしまった。
アパート住まいでガレージジャッキを保管することと、移動時のその重さを考え、マサダのパンタグラフ式を選ぶことにした。
また実家においてあり父親が使っているカヤバのシザースジャッキのオイル交換と、ヘッドが少しいたんでいたのでDPJ-1000DXについていたものに交換することにした。
このジャッキはロードスターに乗っていた頃に使っていたもので、20年ぐらい前に購入したものである。
同じ要領でヘッドを外し交換。
そしてジャッキオイルやパッキンの交換である。
途中ちゃんとオイルが入っているか、覗き込みながらゴム栓を開けて確認した際、圧がかかっていたためオイルがものすごい勢いで顔にかかるという、失態を犯してしまった。
今回使ったものは、どれもヤフオクやネットショップで手に入れやすいものである。
ただジャッキオイルは、粘度が柔らかいものと少し硬いものの2種類が売られている。
ガレージジャッキ用のマサダの純正のオイルが柔らかいタイプであったので、今回は柔らかいものの方を使用することにした。

ホンダビート ヘッドライトバルブ交換(701K)

さて、セカンドカーのホンダビートのヘッドライトが暗くて困るようになった。
あの白色からいつの間にかオレンジ色になっている。
前回は純正から、寿命が短いが明るいハロゲンに交換しているが、今回も同様なものを探すことになった。
本当は今はやりのHIDあたりを組み込みたかったが、仕事が非常に忙しく今回は見送りする。
形状はホンダの702Kという規格であまりないものである。
前回も3種類ぐらいしかなかったので、今回も心配していろいろ調べてみると、Amazonに

POLARG (ポラーグ) B1ハイブリッドハロゲン [M-67] 12V65/55W ホワイト (2個入り) [品番] P0877

というものが5,589円で唯一売られていた。
早速取り寄せて交換に進んでいくが、コネクターのところが非常に汚れていた。
極端な言い方をすると、コネクターの接点の部分がマヨネーズ状のものが付着しているのであった。
キッチンペーパーで拭く、爪楊枝でほじる、パーツクリーナー噴射など、繰り返しあらゆる手段で清掃し、やっときれいになったところで新しいバルブを入れることになった。
さすが新品は明るい。
最近は年齢も重ねて暗いところが、見づらくなっているので夜の運転は神経質になる。
これで不安材料の一つが改善された。

(2017年秋の出来事)

メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ (C205 W205) プレセーフ機能が制限されています

年末、これまで全くトラブルのなかったわが愛車、Cクーペ(C205)にエラーメッセージが出るようになった。
これは、セダンのW205でもよく知られている「プレセーフ機能が制限されています」というものである。
ディーラーに連絡すると、センサーが汚れが原因とも考えられるので、まずはセンターをきれいにしてくださいと言われる。
それでもエラーメッセージが消えないのなら、車を持ってきてくださいと。
北海道の寒い冬の中、昼休みにぬるま湯でセンサーをきれいにしてみたが、いっこうにエラーメッセージが消えず、仕事を30分早く抜けてディーラーに車を持ち込むことになった。
45分ぐらいしてから工場の方が現れ、フロントガラスの中央のカメラの調子がよくないようで、交換することになった。
この対応は、事前にWebでいろいろ調べていたので予想はしていた。
中には3度交換しても、エラーメッセージが消えない人もいるようである。
工場も混んでいたようで、年明けの1月10日に車を持ち込み、代車を借りて一泊の入院となった。
とりあえずカメラを交換してからは、現在までトラブルは一度もない状況である。