実家に帰省する

何となく嫌な1週間だった。
とても嫌な思いや怒りを感じた1週間だった。
そんなこともあり、2週間ぶりに実家に帰省することになった。

ご覧のように昨夜の雪でCクーペは少し雪の中。
本当に今年は雪が少ないのである。
さて、車の塗装を傷つけないように、最小限の雪を取り除くのが大事である。
中には、スノーブラシなどでゴシゴシやる人もいるが、傷をつけることになるので、あくまでも優しく、雪を避けるのが大事である。

この後少し勉強をしてから、実家へ3時間のあまりCクーペを走行させるのである。
前回無料区間の本別IC〜阿寒ICを走り、融雪剤にまみれてしまったので、今回は下道、通常の国道や道道を走行することになった。

時間にして15分から30分ぐらい長くCクーペを走らせることになる。
さて午後6時くらいに出発するが、やはり高速道路の無料区間をみんな通るようで、下道はガラガラ状態である。
あんまり飛ばすと、警察に捕まると最悪であるので、慎重に走行した。
今回は、眠そうになることはなし。
音楽を楽しみながら、Cクーペを走らせる。

鶴居村に来ると、街のシンボルの鶴のイルミネーションが待ち構えていたので、iPadでパチリ。なかなかいい写真が取れない。
やはり夜間は弱い。
そんな写真を撮った後、1時間ぐらい後に無事実家に到着した。

腕時計収納ケース

先日Amazonのタイムセールで、腕時計収納ケースを購入した。
安物ではあるが、腕時計が増えたので、購入したいと以前から考えていた。
今までは、引き出しに無造作に入れていたため、時計のバンドがはみ出し引き出しが閉まらないとか、時計同士がぶつかり、傷の心配が…という感じになってきたことも原因でもある。

さて購入したものは1,390円という安物である。
しかし、見た感じはいいが、幅が小さく大きな時計だと、ぶつかるような感じである。
また、バンドはしっかりきつく巻き付けないと、ケースには収まらない。
結論は、値段相応。
できれば、横幅がもう少し広く。時計のバントをしっかり閉めなくても、ケースに収まるようなものであれば、良かったのに…。
しばらくは、このまま使ってみることにする。

初出勤 2020年が始まる

今年になって初めて、職場に出向いた。
もちろん、サービス勤務の休日出勤である。
自宅で調べ物やら、お勉強やらして過ごしているが、そろそろ会社の方にFAXや郵便物で緊急を要するものが、あるのでは‥‥と心配になってきた。

また仕事始めが5日となっているが、おそらく初日は部下の書類のチャックや修正で、自分の仕事ができない。それを見越して、いいスターを切れるように、段取りを付けてつけておきたい、そんな考えもあった。

いざ出勤してみると、仕事納めから誰も来ていない様子がわかる。
最近は働き改革の影響で、時間外勤務やサービス残業は、もってのほかとなっている。労働基準監督署にも、まったく自省することもなく、ためらいもなく、行く人が多いと友人などから聞く。
そんな時代のようだ。
そんなことを考えると、まだ自分の会社はまだかなりまともなように感じる。

最近また、名言集のようなものを読んでいるが、成功者はとにかく自分の仕事にのめり込んでいるのがわかる。面白いから、楽しいからのめり込むのか、のめり込んでから、面白いこと、楽しいことがわかるのか、どちらだろう。
きっと両方正解なのだろう。

仕事とプライベートをしっかり分けて成功している人も、もちろんいる。
それは答え方の違いのようで、実際は勤務時間後も仕事のことを考えたり、仕事につながることを意識的、あるいは無意識であっても、やっているのではないだろうか?

時々、自分が時代から取り残されれいるような気になる。
割り切って仕事をするのは、簡単である。
それを続けると、部下の多くは、同じミスをする。製造する製品はいつも、古いままで、改良等とは無縁になる。

それは、自分の大切にして何かを、自分自身で踏みにじることになることだけは、確かである。
と‥‥言いながらも、少しずつ事業の効率化に向けての手立ては行ってきている。これをひたすら続けていくしか、今はないのだろう。
そして良い人間関係がそこにあれば、幸いである。
2020年、良い年になるよう、努力していきたい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA XZ-1
職場の駐車場から見える風景。今年は雪がまったくない。

味の大雪 味付牛サガリ(鹿追町瓜幕)

最近、焼き肉を食べる際、この「味の大雪 味付牛サガリ」を選ぶことが多い。
ふとしたことで、食べるきっかけがあり、それ以降度々購入している。
ただ、どこにでも売っているわけでなく、近くの鹿追町道の駅うりまくでしか手に入らない。

美味しいんだけど、近くのスーパーに売っていなく、鹿追などに行ったときに、まとめ買いしている。
価格の方は、500gで800円と高めであるが、肉を焼くにしたがって、味がしっとりと滲みていい感じになる。

くれぐれも時間がないからと、フライパンなどでは料理をしないでほしい。
炭火、あるいはホットプレートでしっかりと食べてほしい。
今回帰省したときにも、家族に好評。
弟からは買って送ってほしいとのこと。

さて、繰り返しますが、もし見かけることがあったら、ぜひお試しください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

道東は雪がない 白糠ICより

新年あけましておめでとうございます。
2020年、令和2年が始まりました。
昨年は、ブログの更新が全くできない期間がありましたが、今年こそ、コツコツと続けていきたいと思います。

一足早く実家に帰省をしてきました。
片道3時間半の道のりを往復してきました。
数年前から、道東道、本別ICから足寄ICまでが無料区間となり、一般道をひたすら走るルートから、この区間高速道路を使用するルートを選ぶようになりました。

時間的にあまり変わらないですが、一般道に比べストップアンドゴーが極端に少なく、いつも利用しています。ただし平均速度が上がりますので、油断は禁物です。

さて、本題ですが、今年は本当に雪が少ない。
除雪も2度くらい、サラッと降ったときに、軽くしたぐらいです。
昨日については、雪ではなく雨が降ったくらいです。

写真は白糠ICでトイレに行ったときに、撮影した様子です。
ご覧のように雪がほとんど見当たりません。
まるで秋口のようです。
ただ、凍結路面を心配し、至るところに融雪剤が、塩カリが撒かれています。
路面にガラスの破片のように転がっています。
実家までの往復後、Cクーペに融雪剤の後が見えたので、早速洗車に行きましたが、予想どおり取れず、ボディにしっかり張り付いている状況です。
完全にはどれずじまいです。
春先まではこのままで、辛抱です
精神的によろしくないですが、北海道の車はみんなこんな状況です。

G-SHOCK GPW-2000-1A2JF 購入

発売当初より、ずっと欲しかった時計である。
G-SHOCKで10万の代物である。
1年ぐらい前に、メリカリで新品未使用のものを、安く購入して週末の外出時などに使用している。

予想していたように、お金がかかっている感じがプンプンである。
一つ一つのパーツがしっかりしている。高価な感じである。
事前にヨドバシカメラでも確認していたが、大きさはG-SHOCKの中でも、かなり大きい部類である。
でもやはり、つけたときの満足感は大きい。

スマホと連携するアプリも使えるが、ワールドタイムの設定ぐらいが、便利に使えるだけで、後はあってもなくても構わない。
GPSハイブリッドソーラーというものをはじめ、GPS関連でいろいろな補正機能のようなものがついているが、果たして役立つかは疑問である。
新製品だから、新機能をつけないと…的なことから採用採用されている感じがする。
写真をアップしているが、反射が厳しくいい写真が取れなかったので、カシオのHPから借用しています。

休日の過ごし方

今日は休日である。
昨日は、夜の8時過ぎまでサービス残業、その後同僚との他愛のない話などで9時過ぎに帰宅した。

公認心理の勉強をしなければいなかったが、家で録画したドラマなど見ながら、ソファで寝てしまっていた。

朝になり、2週間おきに通院している耳鼻科に、早めに並び5番の順位を得て、おかけで診察、薬を受け取っても9時過ぎに解放された。

そのあとで郵便局へ向かい、Amazonで購入した商品の返品をし、ATMからお金を下ろして無事帰宅した。

現在は佐川急便で配達される荷物の受け取り待ちである。勉強を…という気持ちが胃に支えながらも、のんびりしたい気持ちに負けそうである。

今日は勉強他に、恒例のふるさと納税と、掃除、新しく購入にしたCDをiTunesに転送することもしたい。そんなことを考えながらも、時は過ぎていく。

2018.09.26 緑岳へ向かう登山道

ネックスピーカー 肩掛け 首掛け bluetooth ワイヤレススピーカー Doltech マイク内蔵/3Dステレオ/ハンスフリー

Amazonでランキン第一のネックスピーカーである。
販売価格も、タイムセール時、3,000円台とお手軽である。
当然、この種のものを購入するにあたり、音質を求めている人はいないと思う。
自分も同様で、自転車を乗っている際に、ポッドキャストや英会話を聞くために購入した。
デザインがいけていないのが難点であるが、最低限の機能は満たしている。
本当はバッテリーの関係や、用途を広くするためAUX端子が欲しかったが、それは満たされず。ただし、接続のBletoothはこれといった問題は無く、またバッテリーの持ちもいいように感じている。

美瑛町 青い池に感動

7月か、8月だったか忘れたが、十勝岳を目指して登山口まで、やってきたのはいいが、雨がなかなかやまず、結局登山を断念したことがあった。

遠方からやってきて、かつ1時間半も待っていても、雨がやまない残念な結末だった。ただ、帯広へ向かうのは、もったいない気がして、小雨の中観光地を探していると、美瑛町に青い池があることに気づく。

これまで何度も近くを通っていたが、ハンドルを切り駐車場に車を止め、見学するまでには至らなかった。
半分仕方ない感じであったが、実際に行ってみると、少々雨が降っているにもかかわらず、駐車場には車がいっぱい。
日本人だけでなく、アジアからのお客様も多い。

少し遊歩道のようなところを歩くことになる。
すると突然、青い沼が現れる。
想像していたものとは違い、ずっと青いではないか。
カメラのシャッターを何度も切りながら、そのきれいな風景を記録する。
いや〜、ここまできれいならもっと早く来ればよかった、思うことしきり。

行き交う人々の話に耳をそばたてると、アジアの人だけでなく、関西、東京など、もう日本中の人たちも来ている様子であった。
若い人から年配者まで、色んな人達がやってきていた。
今度は、天気の恵まれたときに行き、いい写真を撮ってきたい。

公認心理師現任者講習受講(札幌)10月11日〜

4ヶ月もブログの更新ができませんでした。
お勉強が忙しかったのと、体調が今ひとつなのが原因。
実は、公認心理師になるべく、現任者研修を札幌市で受けてきました。10月11日から4日間、頑張ってきました。

臨床心理という民間資格がありますが、現任者は受験資格がありませんでした。興味を持っていただけに、残念な気持ちでした。
そんな矢先、公認心理師が国家試験として成立し、初年度から5年間だけ原因者も現任者研修を受ければ、受験資格を得られるというものです。

もう受講しないわけありません。
申込みが殺到することを心配しながらの申し込み、無事に完了してから受講料を8万円近くを収め、ホテルの予約などをし行ってきました。

職場の人達は、そのような資格ができていることも知る由もありません。
ただ、ワーカーとしては学び続けるということを、続けたいだけです。
何を勉強するのかわからなくなります。そういうときには、資格取得を目指すのが一番かもしれません。
そんな思いもあり行ってきました。

会場は熱気がありました。
働きながら勉強することに、一踏ん張りをすることを覚悟している人たちです。講習の合間のお話してても、刺激がいっぱいです。
参加者は教員や保健師、お医者様が多かったです。

この講習は一般社団法人国際心理支援協会主催でした。
主催者の中には講義内容をDVDで流しておしまいというところもある中で、ちゃんとした講師が用意され一生懸命説明してくれていました。

そういうことで、公認心理のお勉強も始めていました。
しかし、ここ2週間ぐらい何か、集中できない日々が続いています。
受験日が1ヶ月か2ヶ月前倒しするという、噂がある中で胃が痛む状態が続いています。とにかく、頑張らねば。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA