2級アマチュア無線技士 e-ラーニング受講

さて、アマチュア無線技士の2級を受験することにした。
今回は、一発試験をもくろんでいたが、7月からのe-ラーニングの方も応募していた。
e-ラーニング方は、受講希望者が多く、抽選で漏れるものと思っていたが、何とあたってしまった。
前回に比べると、受講希望者が減っていたことが理由のように思う。
試験については、各単元毎に試験があり、それを合格していけば良いのか、それに加え最後にまとめの試験があるのか、この期に及んでわからない自分である。
すでに問題集と難しいといわれる工学の本は購入済み。
難しいところは、それも参考にしつつ勉強することにしよう。
それにしても49,750円支払ってこの教材は、少し寂しく思うのは気のせいでしょうか?

短波帯アマチュア無線入門ガイド 宇宙規模の感動を体験できる

先日武華山(北海道 川上町)から、スタンダードC-501でCQを出したところ、100Km以上離れた幕別用の方が応答してくれた。
C-501は1Wに満たないハンディ無線機である。
恐るべしである。
最近、アマチュア無線をもう一度しっかりやろうと考えている。
周りに詳しい人が全くいない現状では、書籍を頼りにしなければならない。
アマチュア無線の書籍は、いいものを探すと、古い書籍を探すことになる。
ヤフオクやAmazonで中古本を集める日々が続いていた。
しかし最近、「短波帯アマチュア無線入門ガイド 宇宙規模の感動を体験できる」という本が発売された。
さっそく注文し手にとって見ると、タイトル通り初心者には随分わかり易い内容である。
ここ数週間のうちに読み、実践に役立てていきたいものである。
それにしても、アパート住まいは、アンテナを立てることに本当に苦労する。

広域受信機アルインコ DJ-X81購入

アマチュア無線機ではなく、今回は広域受信機アルインコDX-81を購入した。
もちろん最新機種である。
なんとワンセグも受信できるそろものである。
航空無線、鉄道無線など色々なものを受信したいと思い購入した。
小型軽量より、使いやすさを狙い、テンキーなどが付いたものである。
ラジオ、TVの受信は、おまけ程度で考えていたが、以外に受信できる。
これは嬉し誤算である。
こういう商品は、使ってなんぼのものであるので、どんどん使っていきたい。

アマチュア無線の勉強

初めてのCQから、もう少ししっかり勉強しようと言う思いが強くなった。
アマチュア無線の本は、こう人気がないと良いものがない。
それで中古版を探すようになる。
20年以上前のものだが、状態ものよくしかも代金が1円で売っていた。
中高生向けに優しく書かれている。
しかも優しいだけでなく、自分が知りたいことが詳しく出ていた。
交信のやりとも分かりやすい。
それとアマチュア無線局業務日誌というものも購入した。
現在はパソコンで記録できるようであるが、まず初心にもどり手書きでやってみようと思う。
とりあえず、こつこつと継続だ。

初めてのCQ

昨日苦戦したものの、何とか石狩岳を制覇した。
今回、石狩岳山頂からCQを出した。初めての交信である。
アマチュア無線の免許を持っていながら、今までウオッチばかりであった。
登山時の緊急用と考えていたからだ。
しかし、せっかく資格も無線機も持っているので、今回自分からCQを出そうと臨んだ。
山頂で5Wしか出ないハンディ無線機から呼びかけると、端野町の方と幕別町の方が受けて」コールを返してくれた。
本当に嬉しかった。
初心者で初めてのCQとうことで、うまく交信することができなかったが、これからもう少しアマチュア無線も勉強しようかと思った次第である。
それから、JARLに加入してQSLカードのやり取りをできるようにした方がいいか。
この辺のことも少し考えることにしよう。

沙流岳からの通信

本当に久しぶりの更新。
この間、週末日帰り登山をして過ごしていた。
今日も何処かへ行こうと思っていたが、一昨日の羅臼岳登山での靴擦れと、足裏の水ぶくれのため中止とした。
午後になり、体力作りをかねて、10Km先の図書館へ自転車で行くことにした。
無線機の調子を確認する意味でハンディの無線機を持ちだす。
145MHz帯は誰も交信せず。
433MHz帯でトラック運転士とおぼしき人達がだらだらと交信している。
すると、こちら日高山系沙流岳から…と、電波が入る。
間髪入れずに応える人達が、待ってましたと応答を開始する。
音更町、千歳市、札幌市などすごい。
聞いてもらえるものなんだなぁと実感。
登山をするようになり、助言にそって無線の資格を取ったものの、全然役に立たないのでは…と思いそうになっていたが…。
出力5Wそこらでもでも、山頂からだとこんなにも届くんだと。
自分はいつも受信ばかりだが、今度は一度山頂から送信したいなぁと感じてしまった。


2014/07/02 ウペペサンケ山

STANDARD C510購入。

今週、アマチュア無線掲示板でSTANDERD C510が売りに出されているのを見つけた。
メールで状態を確認し、思い切って購入するに至った。
C510の最大の魅力は、乾電池駆動であるということである。これで144、433帯を出力1Wで送信できる。
無事届いたものを見ると、ごらんの通り取扱説明書、アンテナなど付属品もしっかりある。
早速アンテナをつけて受信状態を確認するが問題なし。
商品が古いものなのなので、動作を心配していたが、どうやら問題はなさそうである。
売っていただいた方には、本当に感謝したい。

VX-3が見つからない。

年をあけてからStandardのハンディ無線機VX-3が紛失したままである。
スキーに持って行っていて、使わないことが分かってから、一度しまったかあるいは、車のグローブボックスに入れていたように思っていたが、何処を探しても見つからない。
乾電池ケースはいつものところにあったものの。
肝心のVX-3が見つからない。
もう1ヶ月もすると、登山のシーズンである。
携帯電話だけでは、心許ないのでどうしても無線機が必要である。

IC-7000M、7MHz帯がおもしろい。

現在、愛機IC-7000Mを使い色々なバンドで試行錯誤中である。
やはり、144、430、7MHz帯以外は、ほとんど反応無しである。
144、430MHz帯であっても、ほとんど夜間はがらがら状態である。
この状況は、やはり変わらない。
アマチュア無線は、やはり無線機そのものより、アンテナの影響が大きいことが身にしみている。
アパート暮らしの1Fは、本当に厳しい現状である。
ただ、7Mz帯は遠いところでは、岡山県、広島県などの人の交信が聞こえてくる。
米国コロラド州からの交信が聞こえてきたのも本当に驚いた。
みんなコールサイン+名字で呼びかけているが、何だか知り合いに自分のことを知られるのが、何だか怖い気もする。
余り聞くことがない名字なもので、特定されるのが気になる。
他の人は、そんな気はしないのだろうか?

IC-7000M+HFV5でアマチュア無線の世界へ

登山での無線機の重要性を確認してからVX-3を購入。
その後練習と趣味の拡大のため、アイコムのIC-7000Mとダイヤモンドの短縮V型ダイポールアンテナを購入していた。
144、430MHz帯は、VX-3で使っていた同じくダイヤモンドのスーパーディスコーンアンテナD190を使っていた。144帯は本当にがらがら、430MHzは、日中はトラックの電話代わりとなって賑やかであるが、夕方以降はこちらもがらがらであった。
やはりHF帯ということで、50MHzを中心にワッチを続けていたが、全然受信できずがらがら。
アンテナの設置環境は、北海道のアパート住まいで遠慮がちに設置していた。
2階、3階なら良いのだが、1Fである。
ベランダというか軒下に、テレビアンテナの屋根馬を使って窓ガラスに接するぐらいすれすれに設置。電波状況が悪いのを知っていながら、どうしてかというと、雪の固まりが落ちてくるからである。しかもお米の袋入り5Kg、10Kgぐらいの氷の固まりが屋根から落ちてくる。
たまらない。最悪の環境である。
やっと雪や氷の心配が無くなり、試しに2mぐらい少し窓、ベランダから離してみると、7MHz帯がよく入る出ないか。
たくさんの人が話している。
とてもうれしい。
一時期はアンテナの接続が失敗したのでは…とか無線機のIC-7000Mが初期不良なのでは…と心配したこともあったが、これで安心した。
これで本当の意味でハムの生活が始まる。
ただ、HF帯は7MHz以外はがらがらということは、変わらない。
またまだ勉強しなくては。
後はワッチでけでなく、そろそろ交信もしてみたい。