デジタ簡易無線での交信確認 アルインコ DJ-DPS70KA 士幌高原ヌプカの里

デジタル簡易無線 アルインコ DJ-DPS70KAを購入してから、まだ一度も交信している状況を確認できていない。
自宅付近で受診しても、自分の無線機から、肉声が流れてこないのである。
したがって、DJ-DPS70KAが初期不良を起こしていてもわからない。

先日の登山の帰りに、見晴らしの良い、電波をキャッチしやすいところに、愛車ホンダビートを止め受信して来た。
場所は、士幌高原ヌプカの里である。
知らなかったことであるが、地元の人たちの中では、UFOが見えるという話もあるようなところである。
本当かなぁ?

さて、受信機の電源を入れる、するとどうだろう、聞こえるではないか。
30チャンネルのうち、アンテナが立っているのが、7チャンネルぐらい、しかも人の声も聞こえる。
業務用に使用しているものもあれば、友人と話しているものもある。
意外に秘話通話している人たちはあまりいない。

中にはアマチュア無線のような交信が見られる。
内容を話すことはできないが、とある関東地方から来ている人がコールをして、それを聞いた誰かが、答えている様子である。
受信だけであるが、なんだかとても嬉しい。

気が付いたことであるが、スケルチの音はもちろん聞こえず。デジタルです。
アンテナ1本も立っていれば、ノイズもなくきちんと聞こえる。デジタルです。
これが、アマチュマム線と違うところかもしれない。

期待がずいぶん高まったところで、自宅でも使えるように、屋外用のアンテナを設置したくなった。
このように多趣味だと、本当にコツコツとお金がなくなっていく。
でも、僕にはどうすることもできません。




デジタル簡易無線の免許状が届く。電子申請は大変でした。

7月にアルインコのDJ-DPS70KAという5Wのデジタル簡易無線を購入した。
この製品は、現在の第2世代のモデルの中で、高性能と言うことで人気があるモデルである。
Sメーターもしっかりついている。

さて、デジタル簡易無線の登録局として申請をしてみた。
個別登録と包括登録があり、複数台必要となる人は、明らかに包括登録の方がお得である。

個別登録2,300円 電子申請では、1,700円 電波利用料1台あたり年間600円
包括登録2,900円 電子申請では、2,150円 電波利用料1台あたり年間540円

しかも、電子申請をすると格段に安くなる。

マイナンバーカードがあり、カードリーダーもあるわけで、結果的に電子申請をした。
しかし、この電子申請が非常にややこしい。

まず、総務省の電波利用 電子申請・届出システムで登録しIDを得なければならない。
ここで大事なのは、アマチュア無線の電波利用 電子申請・届出システムLiteとは、全く別であるということである。
したがってIDは、それぞれ持つことになる。
ここがよくわからず、大混乱である。

次にデジタル簡易無線の電子申請をしていくわけであるが、身近な実験室
ここを参考にしながら進めていく。
ここの方も言っているが、電子申請はひじょうに面倒臭いのである。
更新の5年後を考えると、本当に気が重たくなる。

無線機に購入時に、書類申請の書き方の見本がついてくるが、電子申請では信じられないことに、これだけでは申請には不十分であることがわかる。
したがって、web上でいろいろ調べて進めていかないと、なかなか難しい。
実際にあれこれやっていくとすぐに1~2時間ぐらいが経ってしまう。

最終的には、公的個人認証サービスを使って個人認証ができるようにします。
僕は、確定申告のために「JPKI利用者ソフト」が既にインストール済み。次に、住民基本台帳カードと、カードの読み取り装置で読み込むことになる。
もちろん、パスワードも必要です。

ここで、カード読み取り装置である、カードリーダーがいつものことであるが、なかなかうまく認識しなく四苦八苦する。
そんなことをいいながらも無事に、申請、支払い完了。
やっと一安心、しばらくは電子申請・届出システムで進捗状況を確認することになる。

さて、アマチュア無線の時のように、免許状を送ってもらうため、封筒、その中には自宅への返信用の封筒と、切手を用意していると、なんと、無線局登録状が数日後に届くではないか。
封筒には小さな紙が入っていて、そこには免許状を送ったので、郵送費とし切手を送ってくださいとのことであった。
なんと親切ではないか。できれば切手代、封筒代として100円ぐらい多く請求してもいいので、申請が受理されると当局から送られるようにしてもらいたい。

それにしても、アマチュア無線では、電波使用料が年間300円にもかかわらず、デジタル簡易無線は600円(個別申請、ちなみに包括申請は450円)は、とても高いように感じた。しかも、一台ずつ請求される。
アマチュア無線は、何台所有していても、一つの局として把握されているので、300円ですんでいたのに。

さて自宅で、受信を試みるが、電波が入るところは、アンテナ1~2本経つところが2チャンネルあった。いつも同じなので、これは業務用なのかも知れない。
呼び出しチャンネルの呼び出しチャンネルで、待機していてもまったく、誰も声も聞こえてこない。
もしかして、ここ北海道では、アマチュア無線よりマイナーなんだろうか?
デジタル簡易無線をやっている人は、いないのだろうか。

アルインコ DJ-DPS70KA デジタル簡易無線購入

さて、アマチュア無線もユーザーが少なくなり、風前の灯。
また、一部ではデジタル簡易無線の方は、少しずつユーザーを広げていると聞いていた。

ここで、無線機を購入することにした。
現在はデジタル簡易無線では、第二世代といわれる小型、そして低価格(実売30,000円ぐらい)のものが主流である。
今回は、その中で高性能なモデルであるアルインコ DJ-DPS70KAを購入した。
通の話では、Sメーター付き、周波数表示、隠しコマンドでは、ユーザーコードまで表示される。

つい先日、やっと無線局登録条が届いたので使える。
しかし、ちょっとあたりをしてウォッチしてみても、アンテナ1本立つチャンネルが1〜2局しかない。
業務で使っているだけなのか?

こちら、北海道ではコールしても誰も出てくれないのか?
そんな不安がよぎる。

デジタル簡易無線の世界では、コールサインは自分で勝手に決めることができる。
今は、とかちA◯2◯、あるいは、とかちA◯3◯◯ あたりにしようと考えている。

YAESU FT-818ND購入 オールモードアマチュア無線機

アマチュア無線機を久しぶりに購入した。
使いづらい、しかし無いとまたほしくなると言われている、FT-817NDの後継機FT-818NDである。
ヤフオクで新品未使用なものが、数個67,890円で売られていた。
モバイルというか、旅先で144MHz帯や7MHz帯を聞きたくて、交信したくて購入した。
114MHz帯はハンディ機でも大丈夫であるが、7MHz帯はHF機でないと無理なのである。
他にも自宅から、見晴らしのいい環境下であるなら、いつもでは聞くことのできない周波数帯の電波をキャッチできるのでは…という考えもあってのことである。
これまでのFT-817NDからの変更点はほとんど無く。

送信出力が6Wに1Wアップ。
「TCXO-9」を標準装備
ロングライフバッテリーニッケル水素電池パック(SBR-32MH:1900mAh)が標準装備
液晶表示が3色対応ぐらいである。

早速使って見たが、液晶が小さく見づらい。
操作性が小型化のため、一つ一つのボタンがいくつもの機能を兼務していてわかりづらい。
など、操作方法にも慣れないと手こずりそうである。

しかし、その大きさ、小型化には驚くばかりである。
こんな小さなものは、他にはない。
アンテナなどを工夫すれば、自宅に、そして車に固定されず、本当に運用が自由である。

発売したばかりであるが、USB対応やバッテリーもリチウムイオンであって欲しかった。
とりもなおさず、こういうものは使ってなんぼの世界である。
できるだけこのFT-818NDに触れるよう努力しよう。





2級アマチュア無線技士 e-ラーニング受講

さて、アマチュア無線技士の2級を受験することにした。
今回は、一発試験をもくろんでいたが、7月からのe-ラーニングの方も応募していた。
e-ラーニング方は、受講希望者が多く、抽選で漏れるものと思っていたが、何とあたってしまった。
前回に比べると、受講希望者が減っていたことが理由のように思う。
試験については、各単元毎に試験があり、それを合格していけば良いのか、それに加え最後にまとめの試験があるのか、この期に及んでわからない自分である。
すでに問題集と難しいといわれる工学の本は購入済み。
難しいところは、それも参考にしつつ勉強することにしよう。
それにしても49,750円支払ってこの教材は、少し寂しく思うのは気のせいでしょうか?

短波帯アマチュア無線入門ガイド 宇宙規模の感動を体験できる

先日武華山(北海道 川上町)から、スタンダードC-501でCQを出したところ、100Km以上離れた幕別用の方が応答してくれた。
C-501は1Wに満たないハンディ無線機である。
恐るべしである。
最近、アマチュア無線をもう一度しっかりやろうと考えている。
周りに詳しい人が全くいない現状では、書籍を頼りにしなければならない。
アマチュア無線の書籍は、いいものを探すと、古い書籍を探すことになる。
ヤフオクやAmazonで中古本を集める日々が続いていた。
しかし最近、「短波帯アマチュア無線入門ガイド 宇宙規模の感動を体験できる」という本が発売された。
さっそく注文し手にとって見ると、タイトル通り初心者には随分わかり易い内容である。
ここ数週間のうちに読み、実践に役立てていきたいものである。
それにしても、アパート住まいは、アンテナを立てることに本当に苦労する。

広域受信機アルインコ DJ-X81購入

アマチュア無線機ではなく、今回は広域受信機アルインコDX-81を購入した。
もちろん最新機種である。
なんとワンセグも受信できるそろものである。
航空無線、鉄道無線など色々なものを受信したいと思い購入した。
小型軽量より、使いやすさを狙い、テンキーなどが付いたものである。
ラジオ、TVの受信は、おまけ程度で考えていたが、以外に受信できる。
これは嬉し誤算である。
こういう商品は、使ってなんぼのものであるので、どんどん使っていきたい。

アマチュア無線の勉強

初めてのCQから、もう少ししっかり勉強しようと言う思いが強くなった。
アマチュア無線の本は、こう人気がないと良いものがない。
それで中古版を探すようになる。
20年以上前のものだが、状態ものよくしかも代金が1円で売っていた。
中高生向けに優しく書かれている。
しかも優しいだけでなく、自分が知りたいことが詳しく出ていた。
交信のやりとも分かりやすい。
それとアマチュア無線局業務日誌というものも購入した。
現在はパソコンで記録できるようであるが、まず初心にもどり手書きでやってみようと思う。
とりあえず、こつこつと継続だ。

初めてのCQ

昨日苦戦したものの、何とか石狩岳を制覇した。
今回、石狩岳山頂からCQを出した。初めての交信である。
アマチュア無線の免許を持っていながら、今までウオッチばかりであった。
登山時の緊急用と考えていたからだ。
しかし、せっかく資格も無線機も持っているので、今回自分からCQを出そうと臨んだ。
山頂で5Wしか出ないハンディ無線機から呼びかけると、端野町の方と幕別町の方が受けて」コールを返してくれた。
本当に嬉しかった。
初心者で初めてのCQとうことで、うまく交信することができなかったが、これからもう少しアマチュア無線も勉強しようかと思った次第である。
それから、JARLに加入してQSLカードのやり取りをできるようにした方がいいか。
この辺のことも少し考えることにしよう。

沙流岳からの通信

本当に久しぶりの更新。
この間、週末日帰り登山をして過ごしていた。
今日も何処かへ行こうと思っていたが、一昨日の羅臼岳登山での靴擦れと、足裏の水ぶくれのため中止とした。
午後になり、体力作りをかねて、10Km先の図書館へ自転車で行くことにした。
無線機の調子を確認する意味でハンディの無線機を持ちだす。
145MHz帯は誰も交信せず。
433MHz帯でトラック運転士とおぼしき人達がだらだらと交信している。
すると、こちら日高山系沙流岳から…と、電波が入る。
間髪入れずに応える人達が、待ってましたと応答を開始する。
音更町、千歳市、札幌市などすごい。
聞いてもらえるものなんだなぁと実感。
登山をするようになり、助言にそって無線の資格を取ったものの、全然役に立たないのでは…と思いそうになっていたが…。
出力5Wそこらでもでも、山頂からだとこんなにも届くんだと。
自分はいつも受信ばかりだが、今度は一度山頂から送信したいなぁと感じてしまった。


2014/07/02 ウペペサンケ山