ぬかびら源泉郷スキー場

日曜日、糠平源泉郷スキー場へ行ってきた。
今年は、上の方のリフトの運行がなく、やさしいコースしか滑ることができない。
やはり面白みに欠け、モチベーションも下がり気味。
腕の立つスキーヤーも見かけることがなく、勉強にもならない。
どう見ても、例年よりお客の入りが少ない。
来年は、リフト前面運行するのだろうか。
今年のような状況は、改善されるのだろうか。

富良野旅行 2014.12.30~31

年末富良野にスキーをかねて一泊旅行に行ってきた。
朝早くから出発し、初日から富良野スキー場で滑ろうかと考えていたが、天候が悪く午後から出発とした。
年末ということで、食事処や各店舗が開いているかどうかは不明であるが、一応目安をつけて行った。
宿泊先は、富良野ホップスホテルに宿を構える。
実は職場でも行ったことがあり、今回で2度目である。
前回がよかったためというわけでなく、単に安かったためである。今回は富良野スキー場とのリフト券とのセットのものである。
さて、富良野に到着すると富良野デリスに行こうと思ったが、場所が分からず物産館の富良野マルシェで時間を過ごすはめに。
せっかくであったので、富良野の町の中を徒歩で1時間散策する。
その後、肝心の富良野ホップスホテルに16:00に到着する。
受付の人がどうやらなれない人で、急遽任された感じで何から何まで、段取りが悪い。
すでにクレジット決済済みであったり、スキーチケットのことなど、こちらから確認しないと話が進まないどころが、ないものとされそうであった。
だだし、嫌みはなく必死に汗をかきながら、やっていたのには、少しかわいそうであった。
夕食はホテルを出て、ぐるなびで調べた焼き肉秀というところで食べる。
少々値が張るところであったが、客入りがいいのも分かる。
ただし、さがりを1人前注文したときに、最初と次に頼んだときには肉の量がかなり違ったのには驚いた。
その後食べ足りなかったので、増屋食堂というところに入り、味噌ラーメンを食べる。しかしこれも外れであった。
夜が長く感じられたので、上富良野の町の中を散策。そしてホテルへ。
ホテルではTVを見ながら車関係の雑誌を読み、いつしか眠り朝を迎える。
朝食をとった後は、一路富良野スキー場へ行く。
富良野スキー場は大晦日ということもあり、混み具合はひどくなかった。
ただ、ホテルからの一日券との引換券を交換している間に、間違ってストックを持って行かれる。
てっきり盗難にあったものだと思ったが、すぐ見間違ったしまったと、同じぐらいの年齢の人が詫びながら持ってくる。
富良野スキー場の方は、ロープウエイが10分。そこから降りてくるにに30分弱と行ったところだろうか。
まだ雪が少なく途中、小石が散らばっているようなところもあり、どっきりする。
それ以上に、ターンを決めていくと吐き気がして仕方がない。どうやらまたあの逆流性食道炎がぶり返したきたようだ。
滑れば滑るほど吐き気、胸焼けが続く。
あまりにひどかったため、一目散に退散し帰宅する。
あぁ、チケット代がもったいない。

ぬかびら源泉郷温泉スキー場

休日2日目は、スキーに出かける。
昨年末にぬかびら源泉郷温泉スキー場のお得なチケットを購入しており、後一枚残っている。
今日はそれを使うために、行ってきた。
昨日久しぶりに雪が降ったようであるが、道路は雪が溶けてどろどろ。
やはり、春が近い。
さっそく、リフトを3台つないで、頂上まで行きコブを中心に挑戦する。
天気が良いため、見晴らしの良く、改めてこのスキー場の風景のすばらしさを感じる。
コブは手強くすぐに太ももがパンパンになる。気温も高いため、汗もかいてしまう。もっと薄着でも良かったかも知れない。
コブ斜面では、途中で休息を取りながら、少々必死になりながら降りてくる。
今回は普通のカービングスキーを持っていったため、スキーのながらに板を取られそうになるが、これまで練習の成果か何とか、成果を感じることができた。
どこのスキー場も、だんだん雪が少なくなってきた。
もう閉鎖したスキー場も多く、今年はあと3回ぐらい滑ることができればと考えている。
明日はどうしよう。

日曜日はスキーに映画

今日は、早朝からぬかびら源泉郷スキー場に行き、こぶ滑りの練習。
今回は、短いミッドスキーを持ち込んでの練習であった。
取り回しの楽なミッドスキーということで、切り返しが楽であったが、スキーが短い分後ろに体重が乗ったときには、非常にバランスが危うくなる。
また板が身近ことから、ブレーキもかかりづらいこともよく分かる。
とりあえず、こぶを滑りながらミッドスキーの長所と短所の勉強といったところだろうか。
今年もあと2回ぐらい滑ってシーズンを終えそうである。
それにしてもこぶを滑ると、体力消耗が激しい。
自宅に帰ってくると、ストーブの前でしばらくうたた寝をする羽目になる。また膝を中心に体中が痛い。
今日は、体が疲れ切っているので、きっとじっくり眠りにつける。
また、夜には映画のチケットが余っていることもあって、ロケ地が地元帯広であった「銀の匙」を見に行く。
しかし日曜の夜だというのに、たくさんの人。
満席に嫌気がさし、急遽「魔女の宅急便」という映画に切り替える。
こちらは、人気がないのか、自分を含め7人ぐらいの人であった。
こんなことでは、元が取れるのだろうか。そんなことを心配しながら、映画を見る。
特に感動とかは、全くなし。
時間つぶし的な感じであった。
映画を終えてからは、スーパーに行って夕食の買い物をし、帰宅する。
後は、録画したテレビ番組を見ることと、お風呂にでも入って眠りにつくことにしよう。

ぬかびら源泉郷スキー場

土曜日は久しぶりにスキー場へ行ってきた。
車で1時間ほど走った後、スキー場へたどり着いたが、3月ともなればお客は少なめ、駐車場は余裕があった。
今回はスキー場の頂上、第三リフト中心で滑る。
今年の目標の1つであった、コブを中心に挑戦する。もちろん、年度末に購入したミッドスキーでターンを繰り返す。
運動不足が続いたためか、太ももがすぐに痛くなる。
アドレナリンも貯まりまくり、最初から最後まで滑ることができず、途中の安全なところで休憩をはさまないと滑れない。
何とも情けない始末である。
明日日曜日も、朝からそそくさと練習に行ってくることにしよう。

ぬかびら源泉郷スキー場

今シーズン2回目のスキーに出かけた。
週末の層雲峡朝陽亭ての一泊の帰り道に寄ってきた。
シーズンはじめは、やはり身体のなまっている様子がよく分かる。
体重移動が上手く行っていない様子や、今回は特に体調が良くない日が続いていたので、体力のなさがひしひしと伝わってくる。
当日は、天候も悪く、終始大粒の雪が降りしきる中、またスキースクールの生徒達がたくさんいて、ゲレンデも混雑気味であった。
久しぶりのスキーであったこともあるが、何か昨年上達した分の何割か失っていることも感じた。
今年はコブを極めたい思いがあるが、こんなことではいけない、練習をもっとしなければと、反省しきりである。
それにしても、太ももが痛くてたまらない。
いわゆる筋肉痛である。

ダカイン BOOT PACK 41L

今年は雪が少なく、こちら北海道でも各スキー場、1~2週間遅れでのオープンが続いている。
昨シーズンからスキーに再び取り組み、練習に励んできた。
その際、休憩中にスキーブーツを脱ぎ、しっかり足を休ませたいと思い、ダカイン BOOT PACK 41Lと言う商品を購入した。
メーカー希望小売価格 7,350円 (税込)のところ、SURFERというショップで5,880円で購入した。
リュックの形になったものが欲しく、尚かつある程度ものが収納できるものと言うことで、この商品を選んだ。
一度使ってみたが、スキーブーツをはじめ、ゴーグル、手袋、ネックウオーマーを入れてもまだ収納に余裕があった。
とにかくしっかり使い、練習に専念したいものである。

ぬかびら源泉郷スキー場 お得な前売り券

本日は、お休み4時間ぐらい休日出勤した後、前回お知らせした、ぬかびら源泉郷スキー場のお得な前売り券を購入しに、ゼビオに出かけた。
ゼビオに行くと、糠平から来たというスキー場のスタッフが、声を上げ案内をしている。
最近、やる気のない呼び込みが多い中、控えめながら頑張っている様子がうかがえる。
二言三言スタッフの人とお話をしたが、親切な回答である。
そこで思い切って購入してみた。
リフト一日券5枚組、スキー場レストランお食事券1,000円分ついて、8,000円である。
通常、リフト1日券が2,700円であるので、お買い得感満杯。
スキー場のオープンが12月21日だから、あと4週間ほどあるが、待ち遠しい。
それよりぬかびらに5回も通うことが出来るかなぁ…ということの不安の方が大きい気もする。
明日も休日であるが、芽室町図書館でも行くことにしよう。

まもなくスキーシーズン

こちら北海道は、まもなくスキーシーズン開始です。
近間では、まずはサホロスキー場が12/1、メムロスキー場が12/15、ぬかびら温泉郷スキー場が12/21にオープン予定である。
そろそろホットワクシングの準備をしなければいけないと思いながら、もう少し時間が経てば、ワックスが安くなるかもと思い、購入をためらっている。
そんなことを考えていると、ぬかびら温泉郷スキー場がこんな特売切符を販売するらしい。
週末は是非購入にゼビオへ行くことにしよう。

サロモン(SALOMON)SHORT KART120 +L10

とうとう、ミッドスキーを購入した。
今年の目標の一つである、コブを制覇するために、その練習用としてサロモン(SALOMON)SHORT KART120 +L10というものを購入した。
購入金額は、21,000円である。
長さは125cmである。
今年も12月中旬から下旬にかけて、各スキー場がオープンするが、早速コブの練習に取りかかろうと思う。
これまでの163cmのカービングスキーとの2本体制で、ずいぶんとかさばる気がするが、値段も値段だし、とにかく早くステップアップしたいのである。
またコブのあるスキー場は、地方のスキー場ではあまり無く、近郊ではサホロスキー場など名の通ったところである。
しかし、とにかくコブ初心者で回数を滑ることが重要だと思う。
そういうことでは、安いスキー場でコブがあるのは唯一、新得山スキー場である。
この新得山スキー場で1ヶ月ぐらい、修行を積もうと思う。
ある程度滑れるようになると、今度はあこがれの富良野、近郊でいえばサホロスキー場などに行ってみようと思う。
スキーシーズンが本格的に始まるまで、後1ヶ月と迫ったが、今年はなんだか雪の気配が感じない。
もしかすると雪不足になる予感もする。
そでと新しいスキー購入をきっかけに、ホットワクシングもできるようになればと思っている。
ガリウムトライアルワクシングボックスあたりの購入を考えている。


もったいなくてまだビニール剥がしていません。