G-SHOCK GPW-2000-1A2JF 購入

発売当初より、ずっと欲しかった時計である。
G-SHOCKで10万の代物である。
1年ぐらい前に、メリカリで新品未使用のものを、安く購入して週末の外出時などに使用している。

予想していたように、お金がかかっている感じがプンプンである。
一つ一つのパーツがしっかりしている。高価な感じである。
事前にヨドバシカメラでも確認していたが、大きさはG-SHOCKの中でも、かなり大きい部類である。
でもやはり、つけたときの満足感は大きい。

スマホと連携するアプリも使えるが、ワールドタイムの設定ぐらいが、便利に使えるだけで、後はあってもなくても構わない。
GPSハイブリッドソーラーというものをはじめ、GPS関連でいろいろな補正機能のようなものがついているが、果たして役立つかは疑問である。
新製品だから、新機能をつけないと…的なことから採用採用されている感じがする。
写真をアップしているが、反射が厳しくいい写真が取れなかったので、カシオのHPから借用しています。

休日の過ごし方

今日は休日である。
昨日は、夜の8時過ぎまでサービス残業、その後同僚との他愛のない話などで9時過ぎに帰宅した。

公認心理の勉強をしなければいなかったが、家で録画したドラマなど見ながら、ソファで寝てしまっていた。

朝になり、2週間おきに通院している耳鼻科に、早めに並び5番の順位を得て、おかけで診察、薬を受け取っても9時過ぎに解放された。

そのあとで郵便局へ向かい、Amazonで購入した商品の返品をし、ATMからお金を下ろして無事帰宅した。

現在は佐川急便で配達される荷物の受け取り待ちである。勉強を…という気持ちが胃に支えながらも、のんびりしたい気持ちに負けそうである。

今日は勉強他に、恒例のふるさと納税と、掃除、新しく購入にしたCDをiTunesに転送することもしたい。そんなことを考えながらも、時は過ぎていく。

2018.09.26 緑岳へ向かう登山道

ニセイカウシュッペ山に登る 2019/09/08

ニセイカウシュッペ山、この山には早く登りたいと、長年思い続けていた。
数年前の台風の影響で、しばらく登山道が閉鎖されていたが、昨年ぐらいからやっと
登れる山になった。
ただし、綺麗に整備されたわけではなく、最低限のものを施された程度と言う
ことである。

例年、登山道へアクセスする林道のゲートには鍵がかかっており、上川森林事務所(01658-2-2001)に確認する必要があった。
しかし、この事務所の担当者の話では、今年からゲートには鍵が付けられなくなく、気軽にいけるようになったものの、相変わらず林道の道路状態が悪く、できれば車高の高い四輪駆動車で行った方がよいと助言される。

そんなことで心配を持ちながら、ホンダビートでしっかり、行ってきた。急斜面も予想通りあり、見通しが悪いところでは、徐行以上のスロースピードで進むこと
もあり、坂道発進の連続だった。
また急斜面の林道を雨水が流れたところが、深い轍になっており、一カ所ホンダビートでは、走行が難しそうなところがあり、
念のためにスコップで整地することがあった。

登山口に到着すると、人気があるようで駐車場はいっぱい。
自分は駐到着時間も遅く車場では止められず、少し離れた林道の路肩で止めることになった。

登山者も多い予感。
早速準備、あこがれのニセカウシュッペ山へ、体調が今ひとつであったものの、登山道は一部を除き広く歩きやすい。途中で東京都大宮から来た人と一緒になり前を進むことになる。

団体客が多いので、見晴らしのいいところでは、先の登山道で渋滞している様子が見える。
またすでに下山に入っている団体客とすれ違うのが、大変だったが丁寧にあいさつされいやな気持を感じることがなかった。

写真好きとしては、山並みが切れ立っていて、結構いい写真スポット箇所がたくさんあった。

一気に登ろうとしていたが、体調が今ひとつ優れず、休憩を取り休むことに。
早く登るだけが登山でないと、自分に言い聞かせながら休む。
そんなことをしながらも、時間がたつと無事に頂に立つ。
おそよ2時間ぐらいである。

頂上は、以外も平らで多くの人がたくさん休んでいる。
外国の方も多くいつまにか、国際的になっている。
山頂からの風景は、車で林道を奥深く来たこともあり、そこから2時間の登山、未踏の地に来た感じがする。本当に奥深い感じが感じる景色であった。

ただし、頂上では4名ぐらいのグループの方が、2~3組あり大きな声でにぎやかに過ごす感じが、何かこの登山の雰囲気を壊していたように感じた。
20分ぐらい休憩後は、上ってきた道をカメラ片手に、写真を撮りながら下山した。

ネックスピーカー 肩掛け 首掛け bluetooth ワイヤレススピーカー Doltech マイク内蔵/3Dステレオ/ハンスフリー

Amazonでランキン第一のネックスピーカーである。
販売価格も、タイムセール時、3,000円台とお手軽である。
当然、この種のものを購入するにあたり、音質を求めている人はいないと思う。
自分も同様で、自転車を乗っている際に、ポッドキャストや英会話を聞くために購入した。
デザインがいけていないのが難点であるが、最低限の機能は満たしている。
本当はバッテリーの関係や、用途を広くするためAUX端子が欲しかったが、それは満たされず。ただし、接続のBletoothはこれといった問題は無く、またバッテリーの持ちもいいように感じている。

美瑛町 青い池に感動

7月か、8月だったか忘れたが、十勝岳を目指して登山口まで、やってきたのはいいが、雨がなかなかやまず、結局登山を断念したことがあった。

遠方からやってきて、かつ1時間半も待っていても、雨がやまない残念な結末だった。ただ、帯広へ向かうのは、もったいない気がして、小雨の中観光地を探していると、美瑛町に青い池があることに気づく。

これまで何度も近くを通っていたが、ハンドルを切り駐車場に車を止め、見学するまでには至らなかった。
半分仕方ない感じであったが、実際に行ってみると、少々雨が降っているにもかかわらず、駐車場には車がいっぱい。
日本人だけでなく、アジアからのお客様も多い。

少し遊歩道のようなところを歩くことになる。
すると突然、青い沼が現れる。
想像していたものとは違い、ずっと青いではないか。
カメラのシャッターを何度も切りながら、そのきれいな風景を記録する。
いや〜、ここまできれいならもっと早く来ればよかった、思うことしきり。

行き交う人々の話に耳をそばたてると、アジアの人だけでなく、関西、東京など、もう日本中の人たちも来ている様子であった。
若い人から年配者まで、色んな人達がやってきていた。
今度は、天気の恵まれたときに行き、いい写真を撮ってきたい。

公認心理師現任者講習受講(札幌)10月11日〜

4ヶ月もブログの更新ができませんでした。
お勉強が忙しかったのと、体調が今ひとつなのが原因。
実は、公認心理師になるべく、現任者研修を札幌市で受けてきました。10月11日から4日間、頑張ってきました。

臨床心理という民間資格がありますが、現任者は受験資格がありませんでした。興味を持っていただけに、残念な気持ちでした。
そんな矢先、公認心理師が国家試験として成立し、初年度から5年間だけ原因者も現任者研修を受ければ、受験資格を得られるというものです。

もう受講しないわけありません。
申込みが殺到することを心配しながらの申し込み、無事に完了してから受講料を8万円近くを収め、ホテルの予約などをし行ってきました。

職場の人達は、そのような資格ができていることも知る由もありません。
ただ、ワーカーとしては学び続けるということを、続けたいだけです。
何を勉強するのかわからなくなります。そういうときには、資格取得を目指すのが一番かもしれません。
そんな思いもあり行ってきました。

会場は熱気がありました。
働きながら勉強することに、一踏ん張りをすることを覚悟している人たちです。講習の合間のお話してても、刺激がいっぱいです。
参加者は教員や保健師、お医者様が多かったです。

この講習は一般社団法人国際心理支援協会主催でした。
主催者の中には講義内容をDVDで流しておしまいというところもある中で、ちゃんとした講師が用意され一生懸命説明してくれていました。

そういうことで、公認心理のお勉強も始めていました。
しかし、ここ2週間ぐらい何か、集中できない日々が続いています。
受験日が1ヶ月か2ヶ月前倒しするという、噂がある中で胃が痛む状態が続いています。とにかく、頑張らねば。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

体調不調であります。

何か体調がよろしくない。
昨年度もぜんそくの調子が悪く、入院や救急車を考えるときがありました。
また同時に胃の調子も悪く、出血が止まらず、胃カメラでも確認できる状況でした。
排便したときには、にんじんのような色の便になっていました。

今回は、5月からお腹が痛くて、肝臓、胆嚢あたりがうずく感じで、いろいろ検査しています。
胃カメラ、大腸カメラ、腹部エコー検査などを繰り返しましたが、結果はわからずじまい。
経過観察となりました。
とりあえず、すぐには息絶えることはなさそうなので、今まで同様頑張ることにします。

お勉強は続く

6月から再び、お勉強しています。
いわゆる資格獲得です。
昨年、合格したものの上位資格になるもので、毎日2時間こつこつ勉強をしています。
休日は図書館にこもって勉強をしています。
何か、図書館のこの雰囲気がとてもよく、集中力を高めてくれます。
受験日は、2月を予定していますが、早めに試験勉強を取り組んでいいますので、早ければ11月を受けるかもしれません。
超難関ではありませんが、毎日2時間以上の勉強を続けていくのは、結構精神的にハードです。
また趣味の分野もなおざりになりがちです。
とにかく、頑張らなければ。


ゴッホ「種を蒔く人」プリキャンバス複製画

先日、必要のないものをずいぶん片付けた。
いわゆる断捨離を実行した。
部屋もずいぶん片付いたし、部屋の空気も綺麗な感じがする。
ただ、改めて部屋を眺めてみると、殺風景な感じがしてしかたがない。

以前から気になっていた、絵でも購入してみようと考えた。
何か明るい、元気になれる絵、そのようなものを考えてると、ゴッホの「種を蒔く人」にたどり着いた。

複製画を購入するにあたっても、価格はサイズや材質でピンからキリである。
いろいろ調べると、プリキャンブス複製画が質感があっていいと言うことがわかり、グーピルギャラリーというショップで注文した。
額の大きさが53cm×42cm、価格は8,400円である。
なかなかいい感じで、最近のお気に入りである。

「説 明」〜プリキャンバス複製画とは、”世界の名画”をアートキャンバス(布地)に直接印刷することで、紙製ポスターでは表現できないキャンバス地の持つ独特の質感で仕上がります♪

フェライトコアを取り付ける。Bluetooth、CD音飛び対策。

CクラスクーペのBluetoothが切れやすい。
ブレーキをかけたときに、この現象が見られる。
あるいは、CDの音飛びもブレーキを踏んだときに多く見られるとか、ひしひしと実感している。

バッテリーの劣化を防ぐため、延命再生用パルス発生装置デサルフェーターをつけている。
時としてこれが電気的にノイズを出しAMラジオの入りを悪くすることもあることが、知られている。
その対策として、バッテリーからボディ側に出る方に、フェライトコアをとノイズが減少するようで、とりあえずAmazonでフェライトコアを探し購入する。

Cクラスクーペの場合、 φ13mmのものを左右に付けてみる。
体感として良くわからないが、何となくBluetoothやCDの音切れか解消された感じがする。
もしかしたらプラシーボ効果だろうか。

こう写真を見てみると、土埃がすごい。
これでも、時々エンジンルームを雑巾で拭いているんだけども。
もしかして、W205、C205などは、以外にエンジン内にホコリや土埃が溜まりやすい?