魂の洗車 メルセデス・ベンツCクラスクーペ C205 融雪剤、凍結防止剤と戦う

北海道の冬が終わる。
春一番の洗車は、冬の間についた融雪剤凍結防止剤を綺麗にとることが大切である。
この洗車のことを、僕は「魂の洗車」と呼んでいる。
それくらい、真剣に洗車をしなければならない。

北海道も融雪剤がよく使われるようになって久しい。
そのためか、軽自動車を中心にフェンダー周りがさび付いている車が目につくようにもなっている。

さて、写真を見ると分かるが、このオレンジ色のものが融雪剤凍結防止剤の後である。
写真を見ていただけるとわかるが、悲しいくらいこんなにもつく。
富良野までの一泊旅行に行った段階でほぼこのような状態である。
翌日に洗車機で洗っても、なかなか、いやほとんど取れない。
それでも3週間に一度ぐらい行っていると、少しはましであるがで、1月から4月中旬ぐらいまで、基本的にはこの状況に堪えないといけない。

これをいかに取るか、北海道人は迷うのである。
白い車は見た目で分かるからいいが、他の黒い色、青い色などは融雪剤、凍結防止剤が全く見えない。
したがって気にしない人も多い。

具体的なとる方法は、コンパウンドの入ったワックスを使うパターンと、鉄粉除去剤の類を使う人に分かれる。
自分は後者である。

いつもは「プロスタッフ 鉄粉スポットスプレー」を使う。
化学反応で融雪剤、凍結防止剤が紫色に変化して来る。キツイ匂いとともに。
これをケチらずにたっぷり行うのである。
1本では無理で、今回は3本分近く使う。

業務用のものも使ったことがあるが、コーティングした塗装面を痛めそうな気がしたため、市販品ばかりを使っている。
今回は、シャンプーの段階で「プレステージ 鉄粉・水アカ取りシャンプー クリーナー ホワイト」という製品を使用したが、全く効果がなかった。

どうでしょう。
鉄粉除去剤を使用してみると、紫色に反応して来て、みるみる取れて来た。
ちょっとスポンジを使って、塗装面を傷をつけないようにこすると、綺麗になった。

この鉄粉除去剤を使用した後は、再びしっかり洗車して、薬剤を落とすことと、ワックスやコーティングをし直す事を忘れずに行う。
ここまで3時間を超えている。
まさしく、恒例の春の「魂の洗車」はこのようにして終わった。
愛車Cクラスクーペはこのように蘇った。

さて、最近気がついたことであるが、今、洗車場が毎年少なくなっている。
冬季間は閉鎖するところもあり、洗車環境は悪くなっている。

ディラーは機械洗車は大丈夫と言ってくれているが、何か傷がつきそうで怖い。
手洗い洗車を頼む場合でも、ATのレバーがハンドルに付いていることを、なかなかわかってもらえず、コマンドシステムのタッチパットを動かそうとする人がいて、びっくりすることがあったり、本当に気を使う車である。

日高晤郎がいない

4月3日にあの日高晤郎が亡くなってしまった。
享年74歳。
北海道では毎週土曜日朝の8時から、夕方の5時までSTVラジオで日高晤郎ショーが流れていた。
日高晤郎は、世間の出来事や人物に対して、辛辣な言葉で知られている人であった。
確かに、番組をよく聞かないでちょっと聞いたぐらいでは、そのような評価を受けてしまうかもしれない。
しかし長く聞くに従って、厳しさの背後にある優しさや、物の見方、勉強することの大切さ、そして生きる上での覚悟などを学ばさせてもらった。
その日高晤郎ショーを聞けなくなったのは、本当に寂しい。
9時間に及ぶラジオ番組、中でも「芸能偏見株式市場」と「読書三昧」、「北の出会い」が好きだった。
車での移動中に、特にエンディングに近づく頃、夕日の中この日高晤郎ショーをしんみり聞くのが何より好きだった。
晤郎さん、ゆっくり休んでください。

アメリカAmazonでChromebook購入を目指し、まずは会員登録をしてみた。

どうも最近、Chromebookの調子が今一である。
キーボードの左下側の入力がされないことが原因のよう。
Chromebookといえば、アメリカのAmazonから購入するのが、一番安上がりである。
かねてから一度やってみたいと思っていた。

今回は、まずアメリカAmazonに会員登録をすることをした。
この辺は、ありろぐにわかりやすく書かれている。
アメリカAmazonからその商品を送ってもらえることが、できるかどうかから始まり、懇切丁寧に書かれているので一読すればわかる。
それと、会員登録、アカウントを作る際のポイント、特に住所の英語表記が難しいが、これは検索エンジンでググれば簡単に表記の仕方がわかる。

さて、最近は浪費グセを直そうとしているので、まずは辛抱し、タイミングがあったところでChromebookかカー用品、アウドドア用品あたりを購入しようと思う。

ツルハシでメルセデス・ベンツCクラスクーペC205の駐車場を作る。

今年は3月にとても雪が降り、駐車場の雪を捨てるのに、大変な目にあっている。
先週ぐらいからは温かい日があり、それが溶け夜間にしばれ、結果道路や駐車場が凸凹だらけ、アイスバーンだらけになり。
駐車場に愛車CクラスクーペC205が簡単には止められないことが続いていた。
アイスバーンで動けなくなったり、ちょっとした雪の段差を越えられなく、脱出するにに一苦労することがなんともあった。
夜間も除雪や氷割りをする羽目になっていたのは、言わずもがなである。
今日は休日、勝負の時である。
昨夜もツルハシでこつこつアイズバーンや段差を削り、今日は気温の上がったところで、緩んだ氷を割ったり削ったりを繰り返していた。
今日は午前ごと、合わせて3時間ぐらい頑張った。
その結果がこの感じである。
これで何とかCクラスクーペC205を駐車させられるかなぁ。

アディダスのウィンドブレーカー購入

久しぶりにウインドブレーカーを購入する。
今回は、秋から冬期間着用する厚手のものを購入した。
日頃、ウォーキングや登山とかで、この手のものが必要となる。
2年ぐらい前から更新を考えていたが、なかなか安く購入できるものがなかった。
特にデザインや着心地で納得のいくものがなかった。
ひょんなことから、値下げ品を目的にアルペンに行ってみるとあるではないか。
お気に入りのアディダスが50%引き。しかも上下で6,500円であった。
サイズは一回り大きいものを購入。
これで少なくとも5年ぐらいは、ウインドブレーカーのことは考えなくて良さそうである。

愛車のために ツルハシを購入

まだ春の訪れに時間がかかりそうな今日この頃。
アイスバーン化した駐車場の氷割りのために、ツルハシを購入した。
愛車Cクラスクーペのためにである。
本来購入しようと思っていたものの、半分ぐらいの大きさである。
さすがに3,000円を出すことに、踏ん切りがつかず小さめのこれを1,500円で購入した。
帰宅すると既に夜になっていたが、プラスの3度の中、駐車場の氷割りをする。
本当は日中、もっと温かいうちにすべきだけど、休日出勤もしている身で、仕事が忙しくそんなこと言ってられない。
しかし、ツルハシを氷に打ち付けるたびに、氷のかけらが顔に当たるではないか。
とにかく痛く、時々顔にかかった氷のかけら、それが溶けて水滴になったものをタオルで拭きながら進める。
45分ばかし行うが、氷が厚くなかなか進まない。
今日はこの辺で終了。

メルセデス・ベンツCクラスクーペC205 駐車場の正常化も後もう少し

今朝もマイナス10ぐらいまで下がりました。
ここ数日、日中雪解けが進みましたが、メルセデス・ベンツCクラスクーペC205が鎮座する駐車場はやっとここまできました。
侵攻方向右側は、大丈夫になってきましたが、左側はまだ残雪があり轍がきつい。
しばれの関係でマンホールの上げ下げもきついです。
後もう少しです。

駐車場も日中日陰であり、現在はアイスバーン状態。
今日明日と、休日は氷割りをする予定です。
雪さえなければ、来週なんとか正常化しそうです。
早くCクラスクーペC205を安心させてあげたいです。

北海道の春も後もう少しです。

メルセデス・ベンツCクラスクーペC205は轍に苦しめられる

先日の雪、そして雨のため、我がメルセデスベンツCクラスクーペの駐車場はひどいことになる。
二日連続、わたちにはまり、スコップで氷を削ったり、砂利を入れたり、30分から1時間格闘し、駐車場にやっとたどり着く。

仕事に行っている間、日中5度から10度ぐらいまで気温が上がると、裏通りはぐちゃぐちゃ、大型車が通った後は、きつい轍になる。
仕事から帰って来ると、マイナス6度からマイナス10度ぐらいまで気温が下がるので、この轍はかちんこちんになる。

FRはゆるやかな傾斜のついたアイスバーン状態の駐車場も登れない。
さらに車高が低いとお腹を擦ったり、深い轍ができてしまうと滑って動けなくなる。
垂直方向に轍を超えなければいけない時にも、勢いをつけて車を出しても動けなくなることもある。

現在の我が駐車場はこんな状態である。
これは、スコップやつるはしで整地した状態です。
本当はもっとひどい状況だった。

しかもこんな状況下で、よりによって自分の駐車場の隣には、介護保険事務所の車両が止まっていた。
前日、ハンドルをあまり切らないで、轍を避けて駐車場にだどりつけるルートを作ったばかりなのに、その車がそれを遮ってしまっていた。

仕方なくいつもように緩やにハンドルを切りながらバックすると、やっぱり轍に捕まってしまった。
いつものようにスコップで氷を削ったり、砂利をタイヤの前後に敷きグリップが回復し空回りしないようにしたりしたが、微動だにせず。
恥ずかしながら、集まってくれた近所の人に、前から後ろからメルセデスベンツCクラスクーペを押してもらって何とか脱出に成功する。

すぐに列車に乗り出張に行かないといけなかったので、轍のない大家さんの家の前に車を止めさせてもらった。
こんなに轍に苦しむ年は、初めてである。
そしてCクラスクーペに傷つかないか心配である。

MicroSDカード再生、充電式多機能AM/FMポケットラジオ アメイズ Amaze

最近、英語のトレーニングにSDカードやMicroSDカードを、そのままスピーカーで再生できるものをいくつか購入している。
イヤホンやヘッドホンを長時間使用するのは耳にとって良くないのでは、と思ってからである。
これまでは、SONYのメモリーカードレコーダーICD-LX31 7,750円を使っていた。
8GBのSDカードが付属している。
音の大きさも申し分なく、音割れもない。お気に入りである。

英語の教材もそうであるが、ポッドキャストを再生するのにもう一台購入しようと思った。
スピーカー付きで、持ち運びのしやすいものは、SDカードよりMicroSD対応が中心である。
その中で、Amazonで評価の良いものに、充電式多機能AM/FMポケットラジオーアメイズ Amazeという製品があった。
1,580で販売されているが、タイムサービスではあと200〜300円安くなる。

充電式で電池は必要としない、取扱説明書によると3〜5時間で満充電し、8時間再生できる。
2バンドラジオ(AM FM)、LEDライト、USBポートなどが特注である。
音も音割れなく、必要十分な音が再生される。
欠点は、曲順やMP3ファイルの内容がディスプレイに表示されないことと、この製品ではファイルなどが削除できないことである。
それと時計表示もない。

こんなものが、この金額で購入できるのには、驚きである。
調べてみると、似たような製品が2,500円ぐらいの幅で何種類かある。
おそらくOEMだと思われる。
違いはせいぜいイヤホンがついているかいないか程度でなので、一番安いこの製品はお得である。

大雪の余波 メルセデス・ベンツCクラスクーペC205は雪の中

先週の木曜日の大雪の影響が続いています。
こちらの状況はすごくて、学校は臨時休校、バスや列車の運休。
雪でスタックする車があり、周辺の人たちが押す風景や、運転席のガラスに連絡先のメモを貼り、車を仕方がなく乗り捨てるようなことの見られていた。
職場の同僚は、早めに帰宅しても、途中の渋滞、除雪に追われ、自宅の駐車場に入れたのは、午後9時や11時という人が何人もいた。

僕は会社のトラブル対応で、会社に戻ったのは午後9時、メルセデス・ベンツCクラスクーペC205のことを考えると、スタックするのは必至、この大雪の中自宅に戻れないと判断し、会社に泊まることにした。
案の定、翌日帰宅時間になり自宅に帰ると、駐車場は太もも上部付近まで雪が積もり、Cクラスクーペを待っていた。

除雪が一段落していた、近所の家にCクラスクーペを預けさせてもらい、駐車場の除雪に入る。
車一台分の除雪をするのに、およそ1時間半、しかもここ数日の除雪で身体が痛い。
やっとの思いで除雪を完了。

車の移動となるが、FRはスタックしやすいので、中通りの交差点からバックで自分の駐車場へ進まないといけない。
対向車が来てもすれ違えない。
一見、平らに見える微妙な傾斜がついている駐車場を登るためには、このようにしなければならないのである。
数回ハンドルを切り返し、やっと駐車場へ到着する。
この雪に囲まれた道をバックで進むには、後方視界がほとんどないメルセデス・ベンツCクラスクーペにとっては、バックカメラそしてパークトロニックが、本当にありがたい。

雪の心配のある4月上旬までは、あと1回ぐらいは今回のような大雪の心配がある。
また他の車より、車高が低いCクラスクーペは、所々でお腹を擦るのがとても痛い。
そして職場の駐車場に行くとさらなる危険がある。

北海道の冬は雪が降りそうになると、ワイパーが氷や雪の塊の影響を受けないように、ワイパーを立てる習慣がある。
メルセデス・ベンツCクラスクーペはそのままでは、ワイパーを立てられない。
ワイパーの位置をずらしてから、はじめて立てることができる。
何も知らない人は無理やり立てることになるが、その際はボンネットの端とワイパーの干渉を超えないとならない。
昨年も3月、4月に1度ずつワイパーを立てられてしまった。
善意からの行為であるが、このことは僕のCクラスクーペをとても痛めつける。