2級アマチュア無線技士 e-ラーニング受講

さて、アマチュア無線技士の2級を受験することにした。
今回は、一発試験をもくろんでいたが、7月からのe-ラーニングの方も応募していた。
e-ラーニング方は、受講希望者が多く、抽選で漏れるものと思っていたが、何とあたってしまった。
前回に比べると、受講希望者が減っていたことが理由のように思う。
試験については、各単元毎に試験があり、それを合格していけば良いのか、それに加え最後にまとめの試験があるのか、この期に及んでわからない自分である。
すでに問題集と難しいといわれる工学の本は購入済み。
難しいところは、それも参考にしつつ勉強することにしよう。
それにしても49,750円支払ってこの教材は、少し寂しく思うのは気のせいでしょうか?

短波帯アマチュア無線入門ガイド 宇宙規模の感動を体験できる

先日武華山(北海道 川上町)から、スタンダードC-501でCQを出したところ、100Km以上離れた幕別用の方が応答してくれた。
C-501は1Wに満たないハンディ無線機である。
恐るべしである。
最近、アマチュア無線をもう一度しっかりやろうと考えている。
周りに詳しい人が全くいない現状では、書籍を頼りにしなければならない。
アマチュア無線の書籍は、いいものを探すと、古い書籍を探すことになる。
ヤフオクやAmazonで中古本を集める日々が続いていた。
しかし最近、「短波帯アマチュア無線入門ガイド 宇宙規模の感動を体験できる」という本が発売された。
さっそく注文し手にとって見ると、タイトル通り初心者には随分わかり易い内容である。
ここ数週間のうちに読み、実践に役立てていきたいものである。
それにしても、アパート住まいは、アンテナを立てることに本当に苦労する。