メルセデスベンツCクラスクーペスポーツ(C205)のタイヤ交換

とうとうこの時が来ました。
メルセデスベンツのCクラスクーペスポーツ(C205)のタイヤ交換です。
今回は、スタッドレスタイヤからサマータイヤへの交換です。

ホンダビートやロードスターを乗って来て、そこそこDIYはしてきたものの、メルセデスのタイヤ交換は少し敷居は高い。
なぜなら、日本車と違うところがあるからです。

・ホイールを止めているのは、ナットではなくボルト
・ジャッキーをかけるのはボディのサイドではなく、車体の少し内側に入ったところの凹んだポイント。
・ボルトのサイズは17mm 締め付けトルクは、ベンツ 130N/m、ビート 98〜120N/m、トヨタ車 105N/m ということで、かなりきつく締められている。

まず、ジャッキーについては、ベンツ用専用のジャッキアダプターを購入しないといけない。
(BMW、ポルシェなど、ドイツ車は同じく車体のところがジャッキーポイントです。形状が少し違います。)
予算2万ぐらいまでの中で、ガレージジャッキー、マサダ シザースジャッキなどから、いろいろ考えて、利用者が多いマサダ シザースジャッキを選びました。
ガレージジャッキーが欲しかったんですが、ポイントまで入っていくのかどうか不安だった喉、とにかく重く場所を取り、アパート住まいには難しいと判断しました。
ジャッキダプターも購入して、過去記事にあるように加工して取り付けました。
早速ボディ下に入れようとすると、ジャッキーがサイドにあたり入りません。5mmくらい当たっていまします。
車高の少し高いセダンW205なら入るかもしれません。
ジャッキアダプターですが、もっと低いものもあります。そちらが便利かもしれない。
今回はビートのことも考え、日本車も同時に使えるものを選びました。
興味のある人にとっては、ヤフオクやYahooショッピングでよく販売されているからは、わかりますよね。

ということで、スロープが早速必要となりました。
なかったので、代わりにスノーヘルパーを代用しました。ここまでは、想定どおりでした。

さて、ジャッキで揚げる前にホイールを止めてあるボルトを緩めます。
しかし、十字レンチを持って回すが、弛まない、キツイ。
肩が外れそうなくらい回しても外れない。
ディラーので、インパクレンチで締めたんだろうけど、どんな手立てをしてもダメである。
しかも日本車よりトルクが大きく締め付けれているのだろうか?
結局、ボルト5本中3本を外せたが、他は手も足も出ない。他のタイヤのボルトも試して見たが、同じような感じである。
これはインパクトレンチか何かを購入しないとダメである。
今後、デイラーに出すたびにこういうことになりそうです。

パソコンに向かいいろいろ調べると、メルテックのホイールマスターレンチが安く、力が入りそうで購入に出かける。
ショップで購入後、自宅に帰り早速商品を開けてみると、壊れている。
延長されるところがロックが効かず、外れてしまう。
部品のスプリングとかも転がっている。
すぐに購入先に行き、返品し新しいものと交換してもらう。
大ショック。時間ばかりかかっています。

再度自宅に戻り、このマスターホイールレンチで回すと今までのことが嘘のように、ボルトが回り始めます。
少し緩めては、ジャッキをあげる。
もちろん、車止めもしっかり取り付けてです。当方の駐車場は、微妙に傾斜があります。
以前ロードスターの時に、ジャッキーは外れそうになり、怖い思いをしました。
ウマをかけていて本当に助かりました。

さて、ジャッキーポイントですが、プラスチックで出来ていて、華奢そうにみえていましたが、意外に丈夫です。
ディーラーのセールスは、専用のものは購入しなくてもいいよと言っていました。
ジャッキポイントの部分に木片を当て、メルテックの低床車のガレージジャッキで大丈夫、と言っていたのを思い出します。
ちなみに、ジャッキポイントの凹んだプラスティック部分のものは、壊しても交換部品があります。

次にタイヤの取り付けです。
タイヤを外した後は、この部品を使うと便利です。

メルセデス・ベンツ純正部品:ホイールセッティングボルト(14MM x 1.5) M14ウィール・マウンティング・ピン 2,200円

これを取り付けてから、いつもの要領でホイールを取り付け、ボルトを締めて行きます。
試しに、セッティングボルトを付けないで、ホイールを取り付けようとしましが、ホイール、タイヤの重さで作業性が非常に悪いです。
ホイール、タイヤを取り付け、仮止めをしてから、ジャッキを下げていくと、何とスノーヘルパーが上がってきました。
傷がついても困るので、軍手やタオルを置いて防御しました。
こりゃ、近々スロープを購入しないとダメですね。
最後にトルクレンチで増す締めをして終了です。
このような要領で、初めてのタイヤ交換を終了しました。
それにしても、メルセデスベンツCクラスクーペ(C205)には神経使いました。
ビートの13インチ14インチに慣れていると、18インチのホイールは重いです。
最後に冬の間、頑張ってくれたタイヤとホイールを綺麗にしてから、片付けました。

 

    

 

Cクラスクーペスポーツタイヤ交換 コンチネンタル コンチ・バイキング・コンタクト6

報告がかなり遅れたがゴールデンウィーク明けに、3月にい納車したCクラスクーペスポーツタイヤ交換を行った。
スタッドレスタイヤから夏タイヤへの交換である。
スタッドレスタイヤは、ヤナセが販売元コンチネンタルコンチ・バイキング・コンタクト6というものである。
サイズは標準の225/50R17である。
横滑り防止機能対応というほかのスタッドレスタイヤでは聞きなれない特徴がある。
納車が3月からだったので、アイスバーンや大雪などの経験は一切なし、したがってインプレはできる状況ではありません。
さて、今回の報告はタイヤの話ではなく、輸入車特有のブレーキダストのことである。
納車にあたりボディをコーティングしてもらっているが、残った液剤を使いホイールもコーティングしてくれていた。
当初強力なブレーキダストのためホイール、そしてホイール周辺のボディもすごい汚れになるかと心配していた。
しかし2週間に一度の洗車において、確かにブレーキダストのようなものの付着が確認できる。
取れなかったらどうしようと心配していたが、通常の洗車でどんどん汚れが取れていく。
汚れの蓄積を心配しホイールのスポークの合間からホール周辺をこすると、こってりとダストが付着するがコーティングのおかげか、みるみる取れてくる。
ホイールコーティングは、本当に効果がある。
だだし効果が1年ということなので、半年ごとにタイヤ交換があるので、2年に1度ぐらいコーティングしていかないいけない。
これは大変かも。

ホンダビート タイヤ交換 YOKOHAMA ECOS ES31購入

5月3日ジェームズで、ホンダビートのタイヤ4本を交換した。
前後銘柄が違っていることに加え、前輪が7年経過、後輪が5年経過している。タイヤが値上がりするというので、いろいろ調べてジェームズでYOKOHAMA ECOS ES31をキャッシュバックなど含め実質、33,280で購入した。
サイズはもちろん純正サイズ。
155/65R13 165/60R14である。もちろんエアバルブの交換済みである。
後輪を交換したきっかけは、ゴールデンウィークになり実家からビートを取りに行った帰りに、自宅まで後数100mといったところで、いきなり右後輪がバーストした。
原因はタイヤのエアバルブが裂けたことが原因であった。
もしこれが結構なスピートを出し、峠のようなところであったら、大変なことになっていただろう。
さて話を戻すが、ビートが停止したのは、幸いちょうどガソリンスタンドまで50mのとろこであった。
そこのガソリンスタンドに駆け込み世話になったので、タイヤを購入することになったが、ゴールデンウィークであったこともあり、タイヤメーカーがお休み中で、純正サイズをすぐに取り寄せることができないことがわかった。
困っていると店頭にあるバーゲンセールのタイヤの外周がビートのものと同じであるということがわかり、その160/70R14のタイヤを購入し履かせることになった。
最初のうちは良かったが、丸いタイヤであったこともあり、時間の経過とともに後輪の内側と外側がどんどん減って行った。タイヤが減ってくるに従いコーナーを走ると、あるスピートまでは、オーバーステァ、そのスピードを越えると今度はアンダーステァがきつくかかる感じであった。現在はタイヤの溝はほとんどない状態である。
さて、YOKOHAMA ECOS ES31に履き替えると、静か、まっすぐ走る、乗り心地がいいとすぐに感じる。
やはりタイヤの寿命は5年説はあたっている。
ECS ES31エコタイヤである。一見ビートには似つかわしくないように思えるが、とにかく25年経った老体のビートにはグリップが高いタイヤを避けたかった。それとなにより購入金額が安かった。
本当は発売時期が新しくサイズが揃っている、DUNLOP エナサーブEC203にしたかったが、8,000円ぐらい高くなるため断念することにした。
新しいタイヤに履き替えたビートは、少し若返ったようにキビキビと走る。これであと5年はタイヤのことは心配なしである。