ホンダビートにBOSE Quiet Comfort20 ノイズキャンセリングイヤホン

帰宅してから体力づくりのために、ウォーキングをしている。
その際、音楽や Podcast 英語の教材などを聞いている。

どうしても車の音など街頭の音が大きく、ボリュームを目一杯上げてしまう。
静かなところへ、たどり着くとその音の大きさにびっくりする。
しかし実際には、その大きな音に慣れてしまい、気が付かないことが多い。

子供ころからヘッドホンやイヤホンでウォークマン、iPodなどと親しんできたため、耳がいつか悪くなるのでは、と感じていた。
また、父親の家系も晩年に耳が遠くなる人が多く、自分もそうなるかもしれないという不安もあった。

それで価格もこなれてきた、1年ぐらい前にノイズキャンセリングヘッドホンを購入することにした。
ノイズキャンセリング効果と音質のバランスがいい、SONY、BOSEから選ぶことにした。
メルカリで12,000円で使用の少ない、BOSE Quiet Comfort25というものを購入。
使用してみると、その効果は絶大である。
ウォーキング中の車の音も激減、飛行機や列車の中でも快適に音を聞くことができる。
何より、音量を上げずに聞けることが素晴らしい。
大切な耳を守れそうである。

スポーツジムにも行くことがあるが、いつも思うことは、流れるテンポの良い音楽、機械音が溢れていて、とても音楽やPodcastを楽しめない。
さすがに購入したBOSEヘッドホンをするのは、非常に目立ちすぎる。髪が潰れてカッコが悪い。

ここで一念発起して、ノイズキャンセリングイヤホンを購入することにした。
3ヶ月前に、BOSE Quiet Comfort20というものを、メルカリで新品未使用品を17,500円で購入した。
その効果は、ヘッドホンよりは劣るのではないかと、思っていたがそんなことはない。
十分使えるではないか。
スポーツジムでも周囲のノイズをかなり消せる、音量も小さくてすむ。

先日、愛車ホンダビートではどうなんだろうと試してみた。
自分のホンダビートは、ハードトップ仕様であるが、それでも音がかなりうるさい。
80Kmを近づく頃には、信じられないくらいエンジンの音、風切音がすごい。
まぁ、エンジンの音は十分楽しめるんですけど、音楽などを楽しみながら運転したいときもある。
音楽鑑賞とは遠い世界です。
音楽やPodcastの音を聞き取るには、相当のボリュームを上げないといけなくなります。

さて、ノイズキャンセリングイヤホンを試してみると、すごい。
あのすごいノイズだらけの世界がかなり解消されるではないか。
クラクションや安全に必要な音も適度に入ってくる。
ノイズキャンセリングイヤホンのおかげで、普通の自動車並みの静粛性を得た感じである。
必要以上に音量を上げる必要もないので、耳にとって優しく感じられる。
また長時間運転していても、エンジン音、風切音が少ないため、疲れが少ない。

しかし、イヤホンをして運転するとは、通常危険なことなので、安全に注意して時折試行錯誤してみようと思う。