ホンダビート フロアマット、リアトレイマット購入

今回、平成4年生まれのホンダビートにフロアマットと運転席、助手席の後方のリアトレイのマットを更新した。
それぞれ購入先である楽天では、7,480円と2,750円であった。
金額が金額であることもあり、純正のものより質は、写真でも分かるとおり目が粗いことが分かる。
まあ、金額から考えると納得のいくものである。
写真を見てもビートにはばっちしである。
リアトレイマットは、フリーサイズのものを切って加工するものであるが、何を使って切っていくか少し不安であったが、意外に厚手のカッターで切っていくことができた。
トレイに敷いたものを見ると、これも良い感じである。
ただ、直射日光にさらされるところなので、色の退色が少し心配である。
さて、今回の買い物で驚いたことがあった。
2つ商品頼んで1つしか届かないし、届いたものも商品が間違っていた。
今まで、こんなことは初めてである。
リアトレイマットに使うフリーサイズのマットが届かず、届いたフロアマットは黒と紺のチェック柄ではなく、無地の黒のものが届く。
連絡するにも、届いたかどうかショップからのメールのアドレス当てにメールを送るが、返事は全く来ない。購入履歴からの問い合わせをしても、何も反応なし。
ホームページのホーム画面からのメールアドレスも、デーモンメールが転送される始末。
詐欺にあったかなぁと、心配しながら電話をかけるが、何回電話しても繋がらず。
夕方にないやっと連絡がつく。
店主曰く、メールはちゃんと受け取ってます。返信のメールを送っているとのこと。
調べてもそんな痕跡はなし。
いつも思うことであるが、こんなことですから楽天はAmazonに勝てないでしょう。
納期や商品の問い合わせメールを送っても、一度も返信されることはないし、WindowsのOSのプロダクトキーもヤフオクのように不法なものが販売されていると思ったら、半年ぐらいでそのショップは閉店する始末。
楽天カードをメインに使っている身としては、もっとちゃんとした運営をしてほしいものです。

ホンダビート 純正ハンドルはすべる ハンドルカバー取り付ける

ここ数年、愛車の一台ホンダビートは、当初のノーマル仕様に戻しています。
現在は、マフラーが無限、あとはボディ補強があるくらいで、ほとんどノーマルとなっています。
ずっと気になっていることがあります。
それは、プラスティックのハンドルがとてもすべるということです。
パワステではなく、重ステなのでなおのこと、ハンドル操作に非常に負担がかかります。
今回、またAmazonでハンドルカバーというものを、1,200円台で購入しました。
つけてみると、今までのが嘘のようにハンドル操作が楽です。
ただ、ビートのハンドルが微妙に小さいためか、位置がほんの少しずれていくことはあります。
それと一番残念なのが、このハンドルがジェームズで処分品として、何と880円で売られていたことでした。
まぁ、見栄えも良いことだし今回は良しとしよう。

ホンダビート タイヤ交換 YOKOHAMA ECOS ES31購入

5月3日ジェームズで、ホンダビートのタイヤ4本を交換した。
前後銘柄が違っていることに加え、前輪が7年経過、後輪が5年経過している。タイヤが値上がりするというので、いろいろ調べてジェームズでYOKOHAMA ECOS ES31をキャッシュバックなど含め実質、33,280で購入した。
サイズはもちろん純正サイズ。
155/65R13 165/60R14である。もちろんエアバルブの交換済みである。
後輪を交換したきっかけは、ゴールデンウィークになり実家からビートを取りに行った帰りに、自宅まで後数100mといったところで、いきなり右後輪がバーストした。
原因はタイヤのエアバルブが裂けたことが原因であった。
もしこれが結構なスピートを出し、峠のようなところであったら、大変なことになっていただろう。
さて話を戻すが、ビートが停止したのは、幸いちょうどガソリンスタンドまで50mのとろこであった。
そこのガソリンスタンドに駆け込み世話になったので、タイヤを購入することになったが、ゴールデンウィークであったこともあり、タイヤメーカーがお休み中で、純正サイズをすぐに取り寄せることができないことがわかった。
困っていると店頭にあるバーゲンセールのタイヤの外周がビートのものと同じであるということがわかり、その160/70R14のタイヤを購入し履かせることになった。
最初のうちは良かったが、丸いタイヤであったこともあり、時間の経過とともに後輪の内側と外側がどんどん減って行った。タイヤが減ってくるに従いコーナーを走ると、あるスピートまでは、オーバーステァ、そのスピードを越えると今度はアンダーステァがきつくかかる感じであった。現在はタイヤの溝はほとんどない状態である。
さて、YOKOHAMA ECOS ES31に履き替えると、静か、まっすぐ走る、乗り心地がいいとすぐに感じる。
やはりタイヤの寿命は5年説はあたっている。
ECS ES31エコタイヤである。一見ビートには似つかわしくないように思えるが、とにかく25年経った老体のビートにはグリップが高いタイヤを避けたかった。それとなにより購入金額が安かった。
本当は発売時期が新しくサイズが揃っている、DUNLOP エナサーブEC203にしたかったが、8,000円ぐらい高くなるため断念することにした。
新しいタイヤに履き替えたビートは、少し若返ったようにキビキビと走る。これであと5年はタイヤのことは心配なしである。

ホンダビート準備完了

ゴールデンウィーク29日、30日は実家に冬場保管しておいたホンダビートを取りに出かけた。
5月3日にはタイヤ価格上昇のため、事前に4本を交換するためである。
それにしてもビートは塗装のクリア層が剥がれひどい状況である。
塗装の中から錆も浮いている箇所もあり、そろそろ全塗装するか、最低限の維持に努めできるだけ延命を図るかという段階に来ている。
まぁ、各部の取り付け部分からかなり、がたがた音がするので、次の休みには増し締めをしようと思う。
さて、今回はどんこ列車に乗って実家まで5時間弱かけ、ゆっくりと列車の旅を楽しんだ。
たまにどんこ列車もいいものである。

ホンダビート ストライカー交換

ホンダビートのAピラー周りからの振動や音がうるさい。
これまでは、時々ボルトなどを調整して何とかやってきた。
しかしもうストライカーの受け部分が摩擦で随分穴が大きくなり、しっかり受け止めることが難しくなってきたため、消耗品と考え交換することにした。
初めての交換である。
これで少しは、静になるだろう。
あとは、いつものようにスプリングワッシャと今回から水道の蛇口のゴムのワッシャも加えることにする。
それにしても我がビート色々なところにがたが出始めている。
そのたびに、部品交換や内部を見てみると、軽自動車を意識せざる終えない。普通乗用車とは比べると、ちゃっちい部品が多く使われていることに気がつく。
もう25年の歳月が過ぎている。
長く維持していくには、気遣いが大切だ。

ホンダビート車検準備

月末のビートの車検準備をしながら、色々不都合な点やトラブルを未然に防ごうと、点検をしている。
まずは、ハードトップの付け根のストライカーをいう部品からガタガタ音がしているため、交換することにした。
それと塗装のクリア層の剥離がひどく全塗装しようと、自動車屋さんを回ってみたが、20万はかかるようなところが多く、断念することにした。
あとは、壊れるまではこのままで行くことにする決意である。
ただ、ワックスぐらいはかけてあげようと思い、今日、洗車、ワックスがけをした。
こう写真を見ると、塗装のひどい部分が目立たず、まだまだ現役という感じがする。
これからも、大切に乗っていきたいものである。

ホンダ・ビート ホイールナット交換

愛車のビートも長く乗っていると、色々ところが傷んでくる。
タイトルにあるように、ホイールナットもサビサビで見た目にも悪い。
これはもしかすると、冬期間の融雪剤の影響だろうか。
しかし、冬は帰省してきた弟が5日ぐらい乗るぐらいだから、そんなに影響はないだろう。
さて、購入しようと思っても、このホイールナットが意外に高い。
やはりヤフオクに頼るしかないと思い、色々閲覧していると送料含め1,500円くらいで、売られていたものを落札する。
少々汚れや傷があったので、コンパウンドで磨いている。
写真を撮っているが、今回はナットの長さを少々長めににしている。
見た目にかっこよさそうに感じたからである。
取り付けてみるとなかなかいい感じ。
それにしても、もともとついていたホイールナットのサビ、ひどすぎる。

ホンダビート自家板金塗装

僕のビートも平成4年車ということで、既に21歳になる。
外装もずいぶんと痛みが目立っている。
クリア層ははがれはもちろんのこと、それよりも一部錆が目立つようになってきている。
これは深刻な問題である。
左フェンダー、左リアフェンダー、そしてサイドシルに錆が浮いてきている。
錆を放置いているわけにも行かず、一念発起し錆取り、パテ埋め、やすり掛け、塗装という一連の対処を行うことにする。
とにかくボディにメスを入れるわけで、インターネット上で色々調べ、自分なりにベストを尽くした。
分からないところは手探りで行いながらも、初めてとしてはまずまずであったと思う。次回はおそらくもっとうまくいくはずである。
今回一番学んだことは、パテ埋めした後のやすり掛けのことである。おっかなびっくり、少しでも他の部分を削ることがないように…とうことが結果的には災いしたようである。
少し大胆に、そして範囲を広めて段差が極力なくなるようにやすりをかける必要がある。
また塗装はぼかしをいれても境目がはっきりする。
ぼかしを入れる際には、その時だけマーキングを少し広めてやるのが良いようである。
お金は結構かかってしまったが、それでも十分楽しみながらできた。

ホンダビート 1DINカーオーディオ取り付け

ホンダビートの純正のスカイサウンドのカーオーディオの調子が悪い。
具体的には、右側からのスピーカーから全く音が出ないということである。
最近では20周年記念として純正の物が出たが、何だかんだで6~7万ぐらいかかりそう。
こうなれば、ヒーター、エアコン、オーディオを支えているスティをぶったぎりそこに市販の1DINを押し込む、ビート仲間の間で常套手段として行われていることをする。
結論的には無事に成功したが、大変だったものは、純正オーディオのカプラーを外すことと、エアコン、ヒーターの吹き出し口をはずすのに結構苦労した。
取り付けに関しては、
Pioneer カーオーディオ DEH-4100 DEH-4100 ¥ 7,980
ナビック(NAVC) ホンダ車用配線コード (16P) NBC-572H \1,426
あと、汎用スティを購入する。
取り付けてわかったことであるが、ダッシュボードスピーカーは、リアスピーカの配線でつながっている。
さて繋げてみるとわかることであるが、オーディオを20年ぶりに交換してその音の良さを実感する。
しかも1万円もしない商品である。
何よりフロント部にAUX端子があるのがいい。
これでウオークマン、iPhone、なんでも取り付けられる。

オイルチェンジャー購入

ずっと欲しかったオイルチェンジャーを実は5月に購入していた。
レガシィ、ビート用に使うためである。
車が2台体制だと、どうしても金銭的なことを考えると、オイル交換の間隔がざっくりになり、オイル管理が雑にならざる負えなかった。
それを回避する目的である。
それと一番は、色々メンテナンス用品を試したいということもある。
購入金額は、Amazonで2,840円、使用するオイルは20Lペール缶でトヨタ・キャッスル・エンジンオイルSN/CF 5W-30 6,377円というシロモノである。
さて、肝心のオイルチェンジャーは、ポンピングを繰り返し吸引を開始すると、面白いくらいに綺麗に抜けるではないか。
上抜き、下抜きどちらとも差がない。
オイル交換のために、1時間待ちという苦労はこれからは無縁であるが、また物置に管理するものが増えるのが難点である。
とにかく、意外に使えることは、間違いなし。