カーセキュリティシステム ユピテルAguilas VE-S36RS購入 メルセデス・ベンツ CクラスクーペC205のセキュリティー

新しい愛車Cクラスクーペにカーセキュリティシステムを導入した。
もちろん気休め程度なのはわかっている。
最大の購入動機は、盗難対策と言うよりは、当て逃げ対策で購入したようなものである。
中途半端なものは、音が鳴って周囲に迷惑をかけたり、明らかにダミーと言うことがわかるものが多い。
今のものは安いタイプでも振動だけではなく、車中の空気の圧量の変化に対応する。
又リモコンエンジンスターターのように、アンサーバックしてくれるものまである。
そういうことなど考えて、今回ユピテルAguilas VE-S36RSを購入した。
VE-S37RSとの違いは、牽引に対応していないところとVE-S36RSの方が、消費電力が少ないことがある。
牽引については、メルセデスはすでに対応済みなのでいらないとして、出来ればシュガーソケットから電源コードを引っ張るのだけは見栄え的に避けたい。
自宅にある無線機の電源から充電すると30日ぐらい持つことに加え、補助的にソーラー充電も出来るので、月に一回自宅で充電する代わりに、コードレスで使いたいからであった。
その為にも消費電力の少ないこちらを選んだわけである。
さて、実際に運用してみると、夜間の光の方も安いダミーとは違って、ただ者ではない光方をする。
また警報状態で間違ってドアを開けると、しっかり反応するし、L M Hと感度があるが、Mだと風が強いとその揺れを感じて反応することがある。最近はLモードに設定している。
コードレスでの運用であるが、現在ちょうど25日を過ぎたけれど、まだ充電が必要との表示は出ない。
設置に関しては、ダッシュボードの上に地震などで置物がひっくり返らないようにする、粘着性のあるジェル状の小さなマットを敷いている。なかなかスマートな置き方だと自画自賛したくなる。
Cクラスクーペは車幅が1800を越えるので、スーパーや通院など当て逃げ対策として、活躍してもらいたい。
使用して1ヶ月たっていないが、これは本当に買いである。
ただし、デザイン的に古くさいレーダー探知機のようにも見えるので、もっと小型でモダンなものであって欲しかった。