北海道胆振東部地震

9月6日の午前3時8分。眠りについて、数時間経った頃だろうか。
緊急地震通報が来たと思った瞬間、自宅が大いに揺れた、あまりの揺れ方にまさに飛び起きる。
立ち上がってオロオロするばかり、入り口がどちらかさえ分からないなる。
長い時間が過ぎ、やっと収まった。

TVでは震源地の厚真町は震度6強、自宅のところを見ると、震度4しかし、震度4にしては大きすぎると、職場に向かう。
社員80人近くいる中で、自分が一番乗りであった。
停電が続くが、いっこうに復旧しない。こんなことは珍しい。
冷蔵庫には前日までに作った、ソーセージ、ハム、ベーコンなどがびっちし並べてある。
2時間経った、これ以上は待てないと、保冷庫のついてある車両保冷車に、食肉加工製品を移動させ、自宅待機。
再び出社、6時の時点で依然停電、信号が点滅していない。

安全な送迎サービスができない。通常の給食提供ができないと判断し、今日は利用者さんには、休んでもらうことの連絡を一斉に入れる。
地震当日、9月6日(木)は、北海道中停電であった。
スーパーには、100人超の人が並んでいる。
コンビニも人でごった返している。
商品の棚には、おおかた何もない様子だ。
食品だけでなく、電池も在庫無し。トイレットペーパー、ティッシュの在庫も少なめ。
インバーター発電機と車両のためガソリンを購入しに出かけるが、一人5Lの制限である。
よく分からないが5Lである。ガソリンスタンドには長蛇の列である。
聞くところによると、停電のためガソリンをくみ上げるポンプが使えないようだ。クレジットカードも使えず、現金払いであった。
合わせて冷凍庫用のもののために、ドライアイスの購入にも出かける。

断水しているところが増えているという情報が有り、帰宅が必要な人を一時帰宅させる。
出社してきた職員は、朝食事を取れていないものや、昼食の当てのないものばかり、事業所にある米とソーセージ、畑にある野菜で急遽、まかない食を作り提供することになった。
北電からの発表では、この停電は少し長期になる情報も入る。
2日後に運動会が迫っているため、午前中はテント設営に汗をかく。
午後からは、野菜の収穫とハウス設営を暑い中行う。
午後4時ぐらいからは、東にある北海道は日が沈みがちになり、職員室が暗くなる。
なんやかんや大騒ぎの中、退勤時間を迎える。

勤務を終え帰宅しようと駐車場に向かうと、星空が非常に綺麗であった。
日頃気がついていなかったが、星がすごく綺麗である。天の川も見える。感動的である。数少ない良い出来事の一つであった。

自宅待機という指示の会社が多かったため、いつもは混雑する道路もゆとりがある。大きな交差点の信号はなんとかついていたり、警察官が誘導している。
無事帰宅すると、やはり真っ暗である。ただラジオだけつけるだけである。
そしてさすがに疲れたのか、生きている水道とガスを使い、カップ麺を食べ、布団の中で眠ってしまう。

午後10時近くになって、自宅前の水銀灯がついているのに気づく。もしやと思いブレーカーをあげると、電気がつくではないか。大きな病院の近くに住んでいるため、復旧が早かったようである。
TVで震災の状況を見ると、ラジオで聞いていたのとは違い、実にリアルである。
一段落してからお風呂に入る。
前日に入浴できていなかったため、このときばかりは本当にありがたかった。

地震後2日 9/7(金)
営業するかどうか、朝6時半の時点で確認。自宅が復旧していたので、すっかり事業所も大丈夫と思っていたが、何んと電気の復旧はまだであった。
営業しないという残念な連絡を各家庭に入れることになる。

また朝一で、明日の運動会の昼食を頼んでいた「ほっともっと」から、250食のお弁当の提供ができない旨の連絡を受ける。当然、運動会は中止になる。
午前中は、準備しておいたテントや器具の片付けと畑の野菜の管理。
午後から、保護者に明日土曜日の運動会中止と、明日停電が復旧すれば平常営業の案内を伝える。

そして再びハウス設営を行う。
またガソリンの給油にも出かけるが、この日は一人50L制限となっていた。
電気の来ているスタンドでは、クレジット決済ができるようになる。

いつもとは違うこの内容に職員はくたくたである。
隣の事業者は、トイレ、お風呂を湧水を使っていたが、停電のためポンプが動かず万事休す。
停電からずっと、トイレ用の水を池から汲んで対応している。お風呂ももちろん無縁である。
それに比べると、まだ自分たちはましのようである。

午後3時から、明日の連絡を家庭に入れる。
同様に朝6時半に電気が来ていると、営業。来ていないと非営業という連絡を入れる。
しかしTVで伝えられているように、固定電話、携帯電話が非常につながりづらい。
いくら掛けても、1/4の家庭には繋がらず。家庭訪問し対面で伝えることになる。
そんなことで、2日目を終える。

帰りがけにはじめて、大手スーパーに立ち寄ったが、思いの外食品があったように感じた。
お弁当、総菜、パン、魚、納豆、豆腐、牛乳など乳製品はがらがらであった。
しかし、飲み物、お菓子、野菜類は、意外にあるではないか。
贅沢を言わなければ、申し分なしである。
帰宅すると、wifiやインターネットの調子が今ひとつである。
NTTの基地局のバッテリー切れが原因なのか?
また友人や家族から電話もぽつぽつ電話が入るようになる。

それにしても2日目も疲れる。
深夜の12時近くなり、事業所の電気が復旧という連絡が入る。
事業所の駆けつけ、保冷車の荷台から、冷蔵庫に食肉加工製品を搬入する。
これですべてが終わった。
後は再度出勤して片付けをするだけであった。

北海道のインフラは、99%電気が復旧、節電の対応をしなければいけない。
新千歳空港からも飛行機が飛び始めている。
北海道内の特急は明日ぐらいから、徐々に正常になり始める様子である。

いつか北海道に大きな地震がくる。
これは、常に言われていることであった。
でもブラックアウトによって、北海道中が停電になるとは、誰も想像していないことであった。
今回はまだ夏の終わり頃、これが真冬の12月から3月ぐらいの間に起きたらどうなっていただろう。
ストープを付けたり、床暖の恩恵に会うことができなかったら…。
そんなことを考えると、実に怖い。

最後に、今回は厚真町の人、その周辺の人たちは、筆舌しがたい被害を被ることになった。本当のお悔やみ申し上げます。