デジタ簡易無線での交信確認 アルインコ DJ-DPS70KA 士幌高原ヌプカの里

デジタル簡易無線 アルインコ DJ-DPS70KAを購入してから、まだ一度も交信している状況を確認できていない。
自宅付近で受診しても、自分の無線機から、肉声が流れてこないのである。
したがって、DJ-DPS70KAが初期不良を起こしていてもわからない。

先日の登山の帰りに、見晴らしの良い、電波をキャッチしやすいところに、愛車ホンダビートを止め受信して来た。
場所は、士幌高原ヌプカの里である。
知らなかったことであるが、地元の人たちの中では、UFOが見えるという話もあるようなところである。
本当かなぁ?

さて、受信機の電源を入れる、するとどうだろう、聞こえるではないか。
30チャンネルのうち、アンテナが立っているのが、7チャンネルぐらい、しかも人の声も聞こえる。
業務用に使用しているものもあれば、友人と話しているものもある。
意外に秘話通話している人たちはあまりいない。

中にはアマチュア無線のような交信が見られる。
内容を話すことはできないが、とある関東地方から来ている人がコールをして、それを聞いた誰かが、答えている様子である。
受信だけであるが、なんだかとても嬉しい。

気が付いたことであるが、スケルチの音はもちろん聞こえず。デジタルです。
アンテナ1本も立っていれば、ノイズもなくきちんと聞こえる。デジタルです。
これが、アマチュマム線と違うところかもしれない。

期待がずいぶん高まったところで、自宅でも使えるように、屋外用のアンテナを設置したくなった。
このように多趣味だと、本当にコツコツとお金がなくなっていく。
でも、僕にはどうすることもできません。