中国・四国旅行2日目 10月23日

旅行二日目は、宮島のロープウェイを使い弥山に登り、その後は厳島神社の観光となった。
弥山はロープウェイ後も1時間ほど歩かなければならなく、高齢者には結構苦しいようだ。
僕は難なく頂上の展望台まで行ってしっかり写真を撮ってきたが、両親は9合目ぐらいにあるお堂で脱落。
また外国人の方も次々と登っている。広島は本当に国際都市である。
また気がついたことであるが、広島側から四国側を見ると、瀬戸内はすきっと晴れるようなことは、少ない感じがした。よくよく考えてみると、何故だかガスがかっている写真が多い気がする。
今回の旅行の眺望も今ひとつだったのは仕方が無いのだろうか。
さて、弥山を下りた後は送迎バスで厳島神社に行ったが、バス停で待っている間に、両親と同じ年齢ぐらいの団体客とお話をする機会があった。
本州の各地から集まり、登山やら旅行やらを楽しんでいるとのこと。
改皆さん本当に足腰もしっかりして健康そのものであった。70歳代を迎えるにあたっても、日頃の鍛錬で健康状態はずいぶん違うようである。
定年後いろいろ楽しむためにも、日頃から体力作りをしっかりしないといけないことを痛感した。
次の観光先の厳島神社は、ずっとあこがれてきたところである。
テレビや雑誌では何度も見たことがある、実際に行って本当にその素晴らしさにため息。
またいつか来てみたいと思った。
そもそも潮の満ち引きを考慮しながら、このような神社を作る発想がすごいではないか。そして朱色も本当に良い。絶妙である。
そんな厳島神社を楽しんだ後は、ホテルに荷物を取りフェリーに乗り、下船後レンタカーで高速道路を使いながら倉敷に向かった。