富良野旅行 2014.12.30~31

年末富良野にスキーをかねて一泊旅行に行ってきた。
朝早くから出発し、初日から富良野スキー場で滑ろうかと考えていたが、天候が悪く午後から出発とした。
年末ということで、食事処や各店舗が開いているかどうかは不明であるが、一応目安をつけて行った。
宿泊先は、富良野ホップスホテルに宿を構える。
実は職場でも行ったことがあり、今回で2度目である。
前回がよかったためというわけでなく、単に安かったためである。今回は富良野スキー場とのリフト券とのセットのものである。
さて、富良野に到着すると富良野デリスに行こうと思ったが、場所が分からず物産館の富良野マルシェで時間を過ごすはめに。
せっかくであったので、富良野の町の中を徒歩で1時間散策する。
その後、肝心の富良野ホップスホテルに16:00に到着する。
受付の人がどうやらなれない人で、急遽任された感じで何から何まで、段取りが悪い。
すでにクレジット決済済みであったり、スキーチケットのことなど、こちらから確認しないと話が進まないどころが、ないものとされそうであった。
だだし、嫌みはなく必死に汗をかきながら、やっていたのには、少しかわいそうであった。
夕食はホテルを出て、ぐるなびで調べた焼き肉秀というところで食べる。
少々値が張るところであったが、客入りがいいのも分かる。
ただし、さがりを1人前注文したときに、最初と次に頼んだときには肉の量がかなり違ったのには驚いた。
その後食べ足りなかったので、増屋食堂というところに入り、味噌ラーメンを食べる。しかしこれも外れであった。
夜が長く感じられたので、上富良野の町の中を散策。そしてホテルへ。
ホテルではTVを見ながら車関係の雑誌を読み、いつしか眠り朝を迎える。
朝食をとった後は、一路富良野スキー場へ行く。
富良野スキー場は大晦日ということもあり、混み具合はひどくなかった。
ただ、ホテルからの一日券との引換券を交換している間に、間違ってストックを持って行かれる。
てっきり盗難にあったものだと思ったが、すぐ見間違ったしまったと、同じぐらいの年齢の人が詫びながら持ってくる。
富良野スキー場の方は、ロープウエイが10分。そこから降りてくるにに30分弱と行ったところだろうか。
まだ雪が少なく途中、小石が散らばっているようなところもあり、どっきりする。
それ以上に、ターンを決めていくと吐き気がして仕方がない。どうやらまたあの逆流性食道炎がぶり返したきたようだ。
滑れば滑るほど吐き気、胸焼けが続く。
あまりにひどかったため、一目散に退散し帰宅する。
あぁ、チケット代がもったいない。

冬をどう過ごそうか

今年は、雪の本格的な訪れが遅い。
非常に少量の雪の心配や対策をすれば、低い山ならまだまだ上れそうな感じある。
ただし、現実的にはこれからは、やはり雪が降りスキーシーズンである。
今年の冬の過ごし方であるが、昨年復帰した、スキーをメインに考えている。
今年の目標は、こぶの制覇と少々無理をしてメジャーなスキー場のデビューを果たすことである。
具体的には、サホロスキー場富良野スキー場を考えている。
それ11月にスノーシューを購入した。
これでタウシュベツ跨線橋、藻琴山、新嵐山などを散策しようと思っている。
とにかく身体を動かしていたい。
日々社畜として生きているようなもので、定年退職する20数年後、まだまだ活動的な肉体を温存しておきたいためである。
とにかくやりたいことがたくさんあるのである。
また同時に、退屈な日々、週末は自宅でテレビを見ながらごろごろを避けて、充実した日々を過ごしたい思いもある。
まずは今年も後1ヶ月、充実した人生を送れるようがんばる。