摩周岳 2019/5/27

毎年登る摩周岳である。今回は第一展望台に愛車Cクラスクーペを止めての挑戦である。
昨日の雌阿寒岳では、38℃という気温の中の戦いであった。
今回は、そこまで行かなく気温34℃での山業である。
平日の月曜は、駐車場も空きが多く、登山名簿にも3名ぐらいしか名前が載っていない。
早速身支度をして、午前11時ぐらいからてくてくと登りはじめる。
いや~きつい。
昨日とまさに同じ戦いである。
勾配はそうきつくないが、全身ふらふら感が強く出て、モチベーションが上がらない。
しばらくすると、下山してくる人とすれ違う、あまりの暑さと、行程をすべて消化すると時間が無くなったため、下山するとのこと。
いわゆる途中リタイヤである。
自分もリタイヤしたい。
そんな思いに苛まれるしまいそうになったが、あきらめ癖は必ず自分の身に降りかかると思い、とにかく頑張る。
一気に踏破することをあきらめ、途中3度休憩をとることとなった。
日陰の登山道に、ふらふら状態で腰を下ろす。
不思議と休憩後は、少し体力が回復し、足が少し出るようになる。
そんなことを繰り返し、間もなく頂上というところまで来る。
あと、数百メーターである。
摩周岳は、基本なだらかな直線のような登山道であるが、最後の8号目あたりから勾配がどんどんきつくなる。
ストックを使用していないので、バランスを失いそうになると滑落しそうになる。まさに危ないである。
そんなへなちょこの歩みも、時間が立てばしっかり目標地点に到着する。
時間は約2時間半。
休憩をたくさん入れたものの、一般的なタイムである。
頂上には自分以外誰一人としていない。
ご覧いただきたいこの風景を独り占めである。
母がおにぎりを3つ作ってくれたが、あまりの暑さで食欲もなく、キュウリの漬物と水分補給をしっかりして、休憩である。
足を伸ばし、足の裏をもにほぐし、下山開始である。
復路は基本下り道である。
日差しが優しくなったこともあるが、往路あれだけ苦しんだ道も、どんどん進んでいける。余裕も生まれ、休憩所で写真を撮ることもできる。
そんな時間を過ごしながらも、登山口がどんどん近づいてくる。
近づくにしたがって、少しずつ力がみなぎってくる感じさえ受ける。
登山口に2時間で無事到着後は、摩周第一展望台で、ソフトクリームをいただく。
たっぷり休んだ後は、2時間半ぐらいかけて、自宅へと到着であった。

西別岳 摩周岳 縦走 2018/08/19

8月19日(日)実家から帰る途中、西別岳、摩周岳を縦走する。
不安がいっぱいあったが、Cクラスクーペで6Kmほどの林道をのろのろと走り、西別岳登山口にたどり着く。
西別岳の林道は、ほんとうによく整理されていたが、こんな林道ここだけである。
Cクラスクーペで林道は、やはり無理っぽい。

さて、天候が良かったこともあり、往復5時間半ぐらいかけて、西別岳、摩周岳を縦走してくる。
見晴らしは少々ガスがかかっているものの、申し分なし。
日頃の嫌なことは、どこかに吹っ飛んでしないそうな、眺望である。
生きているとこんないいこともある、なんて単純なことを思っている自分がいる。

駐車場はたくさんの車が止まっていて、20台は超えていそう。
摩周岳から登ってくる人もいるため、合わせて40台ぐらいの車から人が登っていそうである。

外国人の方も7人ぐらいいる。
最近、感じることであるが、国際化がこんな北海道のはずれでも起きている。
確か釧路駅でも米国や欧米の人が目立っていた。
また男性より女性の方が多いくらい、特に中高年の女性の姿が目立つ。
相変わらず、男性よりも女性の方が元気なようだ。

休憩を挟みながらも5時間ぐらい、歩き回る。
身体のキレも少しずつ、戻って来ている感じがする。もう少しだ。
ただ、帰りには持病の左膝が痛み出す。
これからの長距離縦走にはちょっと不安材料である。

西別岳・摩周岳縦走 2015/6/14

日曜日実家からの帰りに、西別岳・摩周岳の縦走をした。
身近な山であったが、時間の関係上や天候のためなかなか縦走ができないでいた。
しかし、今回無事その目標を果たすことができた。
登りはガスが少しかかっていて、展望は今ひとつであった。
そのため、登山客も少なめ、また自分が一番最後での登山客でもあった。
順調に進み西別岳を過ぎ、摩周岳に向かうことになると、雲が厚くなりポツポツと雨が降る。このあたりまでだと、たいした問題がないが、摩周岳の直前では雷が鳴り始めてきた。
しかも、だんだん近づいてくる。
どうしても登頂だけは果たしかったので、危険を感じながらやっとの思いで頂上へ。
頂上に辿り着いた頃は最悪で、数百mまで雷が迫っていた。おっかなびっくりで、写真を数枚取って、しばらく身体を伏せて過ごす。
5分ほどしても、いっこうに改善することがなかったので、雷が鳴っていない間は、登山道を小走りで走り下山を再開する。
とにかく、怖い怖いの連続である。
雷が鳴り始めると、登山道脇でしゃがみこんでいたので、靴は濡れるし気がつけば、擦り傷だらけ。
西別岳摩周岳の分岐点にやっと辿り着くと、雷も少し遠のき一安心。
そこで遅れた昼食を取り、帰路へ向かう。
いくら歩いていても、すれ違う人はいなく、自分一人であることに気がつく。
西別岳を超えてからは、登山道にすごい水たまりが点在しているう。
おそらく短時間ですごい雨が降ったのだろう。