斜里岳 2017/08/20 旧道から新道へ 頂上からオホーツク海が見える

斜里岳に登る
実家を早朝に出発し、駐車場をキープするためビートを飛ばしやってきた。
午前7時近くで会ったが、駐車場は7割方埋まっている
会話の声を聞くと道内だけでなく、本州から来ている人も多そうである。
そそくさと準備をし、午前7時6分に登りはじめる。
今回は冬期に向けて、冬用の登山靴を履いての挑戦である。
今日は水か少ないと話す人の多い中、なるべく靴を濡らさないように登る。
ピンクのマーカーがつけられているが、時々見失うことが有り、不安になる。
岩を登るような場面もあるため、固いまるでスキーブーツのような冬用登山靴では足首や足先が動かず、後ろにひっくり返りそうになる、またとにかく歩きづらくスピードが出ない。
女性にまで向かされる状況である。
体力もいつもの何倍も失うような感じである。
失敗したなと思うと共に、冬山はみんなどのようにして登るんだろうと思い巡らす。
旧道を選択し3時間半後の10時35分に到着する。
思い切り遅い。
頂上では視界が開け、オホーツク海までのぞける状態である。
余りに心地が良かったため、昼食を摂りながら1時間ぐらい過ごす。
その後11時32分に下山を開始する。
帰りは時間のかかる新道である。
来た道を途中まで下り、その後は稜線づたいに歩いて行く。
熊のいそうな気配が感じられ、周囲に登山客がいないととても怖い感じがした。
一人で歩いているとあるグループに出くわした。
15人ぐらいの団体である。先頭にこの登山道に深く関わった人がいて、とにかく立ち止まり説明をしている。
そのグループにとっては、それはいいことであるが、他の人の足止めになっていることを前々気づいていない。
40分ほどこの団体につきあわされてしまう。
その後再び行きに登った道に戻り、マーカーが見づらいところに、持っていたマーカーテープをつけながら下山する。
14時38分に下山完了。
完全な不完全燃焼である。

春がそこまでやってきた

3月もまもなく終わりを迎える。
そして新年度。
雪もここ1週間であっという間に溶けている。
気温も15℃を超えるときも有り、春であることを実感する。
個々自分の生活を振り返ると、忙しくて休日出勤を繰り返している。
自宅も掃除はしているが、ものが多くあふれている感じである。
もう少し整理したい。
ここ3ヶ月ぐらい、ウォーキングをサボりがち。
平成27年度の山開きには、まだ早いが体力をつけておきたい。
今年は幌尻岳斜里岳を制覇することをまずは目標としたい。
できれば道南あたりの山も、ちょっと登ってみたい。
それをするにも、まずは健康管理である。

藻琴山から見た斜里岳

斜里岳、今年是非の持ってみようと考えている山である。
土曜日に藻琴山に登った時に、後ろを振り返ってみると、斜里岳がしっかり見えるではないか。
少々ガスがかかっているが、その山並みはしっかり確認できる。
まさしく美しい独立峰である。
今年なんとしても、ここにたどり着きたい。
自宅から遠いので、キャンプ場かどこかにベースキャンプを構えてトライする必要がありそうだ。
今年は雪解けが早いので、7月にはトライできそうである。
今から楽しみであるが、単独登山になるので、事前準備をしっかりして臨みたい。