一人ぼっちの標津岳 2019.06.29

1年ぶりの標津岳である。
登山名簿を見ると、ここ1週間で4人ぐらいしか登山客はなし。
いつも思うことであるが、ここはとにかくダニが多いところである。
きっと今回も、数匹のダニが自分の身体に食いついてくるだろう、との思いながら直前準備する。

いざ出発すると、朝露と直前までの小雨の影響で、ササや草が濡れている。
登山名簿に名前を書き出発すると、1合目にたどり着く前に大きなクマの糞を見つける。
何だか恐ろしくなっため、ホイッスルを鳴らしながら前進する。
前回来た時より、6月初旬に山開きをしたばかりなのに、登山道のササや草がきれいに刈はらわれていない。
ウェアーのパンツが濡れまくる。
しまいにはゴアの登山靴までしみてくる事態である。
ぐっちゃりである。

そして、ダニが怖くて先へ進むことができない。
こういう時には、トレッキングポールで前方のササを払いながら進むとダニ除けになるが、最近はトレッキングポールに頼らない登山を実施しているので、残念今回所持していない。

終始一人ひとりぼっちの登山は、とにかく怖い。
何かトラブルが発生しても、だれの助けも受けることができない。
熊におびえていると 関係のない鹿、鳥に驚かされることもある。

肝心の登山道は、そんなにきつい登りはなく、淡々と登っていくと、2時間前後で目的の頂上にたどり着く。
いつもの見慣れた風景である。

ただし、標津岳の案内板がいつしか、ローマ字表示になっている。
いつもなら、斜里岳、海別岳を望むことができるが、今回はまったく眺望はない。

休憩の前にダニを警戒し、全身を払うが、案の定ダニが2匹ついている。
首の周りのタオルと、パンツである。

さて、昼食のおにぎりを2個食べ、15分ほど休憩して、下山を開始する。
下山は淡々と、来た道を戻るのみ、1時間半もかからずに到着。

衣類やザックを確認すると、やはり今度もダニが2匹ついている。
本当に嫌になってしまう。
実家に帰り、シャワーに入る前に最終確認すると、右足の太ももに食いついているものを見つける。

頭が取れないように、慎重にダニを駆除して、本日の山行は終了となる。
それにしても、ダニだけはなんとかならないものだろうか。

標津岳 2018/06/17

4年ぶりに標津岳に登った。
本当は6月第1日曜日の山開きの時に登りたかった。
標津岳海別岳と中標津町の山開きは、力が入っている。
牛乳や温泉の無料チケットの配布がされるのである。

今回は前日から実家に一泊して臨む。
10時から登り始めるが、登山客はこの日は、僕を含め3組5名である。
雨の予報ではないが、ずいぶんとガスがあり、時折パラパラと雨が落ちてくることもあった。
登山道も迷うようなところはなく、安心して登れる。
1合目、2合目などの標識や1Kmごとにあと何キロを指し示すものまであった。

標津岳は1061mの低山であるが、登山道は登りだけでなく、平らな箇所、下りなどもあり、登りやすい山である。
8合目ぐらいから、ガス帯を超え日差しが強くなる。
眼下には通ってきたガス帯が、雲海となって広がっているではないか。
なんとも壮観な雰囲気である。

10時から登り始め、2時間弱で標津岳を登り切る。
前回来た時は、山開きの時で、山頂がずいぶん広く感じたものであるが、なぜか今回は狭く感じる。

雲海とともに、前方には斜里岳が見渡される。
独立峰として貫禄が感じられるが、山頂が雲に隠れているのは残念である。
30分ぐらい写真撮影や昼食、休憩をしてから下山をする。
下山時は、途中からひざ痛を感じることになる。
今年もどうやら、膝の痛みと付き合いそうである。

標津岳の下山は1時間半かかり、午後2時に降りてくる。
下山後は、養老牛温泉に使って帰る予定であったが、日帰り入浴は午後3時からということで、今回は取りやめる。

登山口に行くには、林道を車で走ることになるが、道が細くすれ違いがとても大変であった。
蚊もたくさんいて、現地に到着してからの準備や、下山後の片付けの最中など、襲いかかってくる。
また実家への帰路に向かう際、車のハンドルを握る手に、ダニが付いていてびっくりすることもあった。

 

向こうに見えるのは、昨年登った斜里岳である。

標津岳 山開き 2014/06/01

日曜日、実家から近くの標津岳に行ってきた。
丁度山開きでいつも以上に登山客が多い。
天気はすごくよく、見晴らし胃が良い。遠くの山々までしっかり見えるではないか。
ただし、風がものすごく強く、出発前の準備から少々憂鬱になる。
8:40に出発、歩みは順調で歩く程、先に出発していた人をどんどん追い抜く。
小学校に上がる前の子どもや老夫婦が歩いている風景はとってもほほえましい。
風は強いもののそんなに暑くなく、ノンストップで頂上にたどり着く。
時間は10:30、1時間50分でたどり着く。
写真、ビデオをそそくさと撮った後は、風が非常に強く滞在するのは数分で取りやめて、水分補給してから一目散に下山する。
下山時はいつものように、写真をぱちぱちと撮りながら1時間半かけて下山する。
下山すると、テントが張ってあり、現地の人が冷えたお茶と牛乳2パックと、養老牛温泉の入浴無料券を渡してくれる。
帰宅の準備が完了すると、帰り道頂いた温泉チケットを使い、養老牛温泉で汗を流して替える。