西別岳 摩周岳 縦走 2018/08/19

8月19日(日)実家から帰る途中、西別岳、摩周岳を縦走する。
不安がいっぱいあったが、Cクラスクーペで6Kmほどの林道をのろのろと走り、西別岳登山口にたどり着く。
西別岳の林道は、ほんとうによく整理されていたが、こんな林道ここだけである。
Cクラスクーペで林道は、やはり無理っぽい。

さて、天候が良かったこともあり、往復5時間半ぐらいかけて、西別岳、摩周岳を縦走してくる。
見晴らしは少々ガスがかかっているものの、申し分なし。
日頃の嫌なことは、どこかに吹っ飛んでしないそうな、眺望である。
生きているとこんないいこともある、なんて単純なことを思っている自分がいる。

駐車場はたくさんの車が止まっていて、20台は超えていそう。
摩周岳から登ってくる人もいるため、合わせて40台ぐらいの車から人が登っていそうである。

外国人の方も7人ぐらいいる。
最近、感じることであるが、国際化がこんな北海道のはずれでも起きている。
確か釧路駅でも米国や欧米の人が目立っていた。
また男性より女性の方が多いくらい、特に中高年の女性の姿が目立つ。
相変わらず、男性よりも女性の方が元気なようだ。

休憩を挟みながらも5時間ぐらい、歩き回る。
身体のキレも少しずつ、戻って来ている感じがする。もう少しだ。
ただ、帰りには持病の左膝が痛み出す。
これからの長距離縦走にはちょっと不安材料である。

白雲山 2018/07/29

今回は近くの白雲山に登る。
登山口は士幌高原の方を選ぶ、鹿追、然別湖側だと倒木がひどく、大変だったためである。
しかし、そろそろ、もう撤去されているかもしれないが…。

今回はとにかくゆっくり登り、降ることに努めた。
実は2週間前ほどから、肺炎になり、危うく入院と、いうところだった。
いつものように、無理を言って通院で治療をしてもらうことになる。

もともと喘息であり、今回の登山では、ぜいめいも出ているため、とにかくゆっくり歩く。
ただ、足だけは長距離、縦走に備える準備をしたかったのである。

前日雨が降ったこともあり、登山道がどろどろのことを心配し、また足に少し負担をかけるため、今回は長靴で登り始める。
この日の白雲山は、ガスが多く見通しが悪い。
日曜日だというのに、登山客も少なく、3人の方とすれ違うのみ。
いつもなら頂上から然別湖が望めるが、みなさん、今日はガスが多く眺望は期待できないとのこと。
ガブガブの長靴に足元を取られながら、また太もも周辺の筋肉痛となる予感を感じを抱きながら、ゆっくりゆっくり登っていく。

こんな状態だったこともあり、鳥や小動物の声やガサガサする音を聞くと、「熊」とびっくりする始末。
てくてく、ふらふら歩きながらも、ゴールはやってくる。
なんとか無事に白雲山到着。

頂上は僕以外誰もいない。
負担のかけた足を伸ばしながらの昼食。
そして、ガスや雲が目の前から立ち去ると、もっていった富士フイルムのX-T10で写真撮影です。

40分ほどゆっくりしたあとは、来た登山道をゆっくりゆっくり戻り、無事ビート君と再会を果たし帰宅しました。

アポイ岳 2018/07/14

今年度2回目の登山である。
仕事が忙しく、また休日に雨のことが多く、週に1回の登山というペースから随分遅れている。

さて、今回はいつものアポイ岳である。
北海道中では、雪があまり積もらなく、自分の中では、その年の最初(4月下旬〜5月上旬)と最後(12月)はアポイ岳というのが、定番となっている。
今回はここ1ヶ月、2ヶ月ほど体調が悪く、病院通いとウォーキングを見合わせてたため、とても不安だった。
案の定歩みが遅く、また途中で愚痴をこぼしながら、ため息をつきながら、2時間15分ぐらいで登り切る。
下山も1時間半ちょっとである。

心配していた膝の痛みは、今回は無縁であった。
眺望はガスがかかって、写真を撮るにはがっかりである。
気温は、ガスがかかっていることもあり、この時期では低めで登山する上では条件はよかった。
この3連休、天気があまりよろしくないこともあり、登山客がいつもよりかなり少ない印象を受けた。
それにしても、若い人が少ないのは、何なんだろう。

帰りはいつものように、近くのアポイ山荘で入浴をしてから帰路につく。

標津岳 2018/06/17

4年ぶりに標津岳に登った。
本当は6月第1日曜日の山開きの時に登りたかった。
標津岳海別岳と中標津町の山開きは、力が入っている。
牛乳や温泉の無料チケットの配布がされるのである。

今回は前日から実家に一泊して臨む。
10時から登り始めるが、登山客はこの日は、僕を含め3組5名である。
雨の予報ではないが、ずいぶんとガスがあり、時折パラパラと雨が落ちてくることもあった。
登山道も迷うようなところはなく、安心して登れる。
1合目、2合目などの標識や1Kmごとにあと何キロを指し示すものまであった。

標津岳は1061mの低山であるが、登山道は登りだけでなく、平らな箇所、下りなどもあり、登りやすい山である。
8合目ぐらいから、ガス帯を超え日差しが強くなる。
眼下には通ってきたガス帯が、雲海となって広がっているではないか。
なんとも壮観な雰囲気である。

10時から登り始め、2時間弱で標津岳を登り切る。
前回来た時は、山開きの時で、山頂がずいぶん広く感じたものであるが、なぜか今回は狭く感じる。

雲海とともに、前方には斜里岳が見渡される。
独立峰として貫禄が感じられるが、山頂が雲に隠れているのは残念である。
30分ぐらい写真撮影や昼食、休憩をしてから下山をする。
下山時は、途中からひざ痛を感じることになる。
今年もどうやら、膝の痛みと付き合いそうである。

標津岳の下山は1時間半かかり、午後2時に降りてくる。
下山後は、養老牛温泉に使って帰る予定であったが、日帰り入浴は午後3時からということで、今回は取りやめる。

登山口に行くには、林道を車で走ることになるが、道が細くすれ違いがとても大変であった。
蚊もたくさんいて、現地に到着してからの準備や、下山後の片付けの最中など、襲いかかってくる。
また実家への帰路に向かう際、車のハンドルを握る手に、ダニが付いていてびっくりすることもあった。

 

向こうに見えるのは、昨年登った斜里岳である。

アディダスのウィンドブレーカー購入

久しぶりにウインドブレーカーを購入する。
今回は、秋から冬期間着用する厚手のものを購入した。
日頃、ウォーキングや登山とかで、この手のものが必要となる。
2年ぐらい前から更新を考えていたが、なかなか安く購入できるものがなかった。
特にデザインや着心地で納得のいくものがなかった。
ひょんなことから、値下げ品を目的にアルペンに行ってみるとあるではないか。
お気に入りのアディダスが50%引き。しかも上下で6,500円であった。
サイズは一回り大きいものを購入。
これで少なくとも5年ぐらいは、ウインドブレーカーのことは考えなくて良さそうである。

斜里岳 2017/08/20 旧道から新道へ 頂上からオホーツク海が見える

斜里岳に登る
実家を早朝に出発し、駐車場をキープするためビートを飛ばしやってきた。
午前7時近くで会ったが、駐車場は7割方埋まっている
会話の声を聞くと道内だけでなく、本州から来ている人も多そうである。
そそくさと準備をし、午前7時6分に登りはじめる。
今回は冬期に向けて、冬用の登山靴を履いての挑戦である。
今日は水か少ないと話す人の多い中、なるべく靴を濡らさないように登る。
ピンクのマーカーがつけられているが、時々見失うことが有り、不安になる。
岩を登るような場面もあるため、固いまるでスキーブーツのような冬用登山靴では足首や足先が動かず、後ろにひっくり返りそうになる、またとにかく歩きづらくスピードが出ない。
女性にまで向かされる状況である。
体力もいつもの何倍も失うような感じである。
失敗したなと思うと共に、冬山はみんなどのようにして登るんだろうと思い巡らす。
旧道を選択し3時間半後の10時35分に到着する。
思い切り遅い。
頂上では視界が開け、オホーツク海までのぞける状態である。
余りに心地が良かったため、昼食を摂りながら1時間ぐらい過ごす。
その後11時32分に下山を開始する。
帰りは時間のかかる新道である。
来た道を途中まで下り、その後は稜線づたいに歩いて行く。
熊のいそうな気配が感じられ、周囲に登山客がいないととても怖い感じがした。
一人で歩いているとあるグループに出くわした。
15人ぐらいの団体である。先頭にこの登山道に深く関わった人がいて、とにかく立ち止まり説明をしている。
そのグループにとっては、それはいいことであるが、他の人の足止めになっていることを前々気づいていない。
40分ほどこの団体につきあわされてしまう。
その後再び行きに登った道に戻り、マーカーが見づらいところに、持っていたマーカーテープをつけながら下山する。
14時38分に下山完了。
完全な不完全燃焼である。

天塩岳 2017/08/14 山頂はガスの中

とうとう目標の一つであった、天塩岳にやってきた。
ここまで、車を4時間飛ばして、現地に到着したのは午後八時である。
17Kmの林道は半分ほど、舗装してあったが、それ以降はいわゆる林道である。
前日なでの雨の影響なのか、水たまりも有り、愛車のビートは汚れまくりの状態であった。
さて、ヒュッテに入り泊まろうかと思ったが、やたら静まりかえっていて、既に寝る段階のようであったのので、ビートで車中泊することになる。
シートを倒すことのできないビート、苦しい。
結果的に一睡もすることなく、朝を迎えてしまう。
さて、午前5時55分ぐらいに出発をする。前天塩岳を通るコースで、一番長いコースである。
雨は幸い落ちてこないが、山はガスかかっている。
天気が悪化しないことを祈りながらの登山となる。
平らな道が続き、川を何度か左に右に渡りながら上る。しばらく山道を登り、その後ガレ場の道、ハイマツを藪こぎに近い感じで上るが、足下はしっくりこないし、ズボンと登山靴はしっかり濡れてしまっている。
展望はガスのため楽しめない、ガスの中に前天塩岳の目印があるだけである。
ここから天塩岳に向かうが、ハイマツの中の藪こぎ、滑落に注意すべき箇所も有り、それよりも期待していた山並みがガスで全く見えないことがとても残念。そして意欲がそがれる。
結果的に午前9時15分に到着。要した時間は、3時間20分だった。
頂上で30分ほど休憩と昼食を摂った後、下山を開始する。
下山開始後しばらくすると、緑の熊の排泄物を確認。数時間前には、ここを通ったようである。
確かに前手塩岳をめざすコースよりは、少し歩きやすそうである。
道幅も広いし草木に付いた、雨や露を受けることは少なそうだ。
ただ、登山道が土で雨が降ったときには、登山道が川になりそうな感じがする。
淡々と歩くが、すれ違う人も全くいなく、ガスの中ときては退屈で仕方が無い。
膝をかばいながら歩くものの、なかなか進まない感じがする。
新道、旧道の連絡路でさえ長く感じる。
9時50分に出発し丁度12時に無事たどり着く。帰路は2時間10分の時間を要した。
去年からずっと期待していた手塩岳であるが、本当に今回は期待外れだった。
やはり眺望が良くないと悲しい。
このリベンジをするために、またいつかやってこようと思う。

芦別岳 2017/07/30 久しぶりの大苦戦

前日に山部自然公園太陽の里キャンプ場に入り、早朝からのアタックの準備をする。
午前5:50分から登りはじめる。
早い人で5:30ぐらいから登りはじめる人がいて、僕で丁度5人目である。
眺望の良くない樹林帯を2時間ほど歩き始める。
前日、夕方キャンプ場から買い出しに、1時間半ほどアスファルトを歩いたためか、足の調子が今ひとつである。
夜間に十分に眠れなかっことも有り、見晴台を超えたあたりから、ブレーキがかかる。
余りに苦しくて、後続者に道を譲ることが多くなる。
こんなに人に抜かれることは、今までなかったことである。
半面山 雲峰山を超える頃には、引き返そうという気持ちが出てくる。
もう苦しくて、苦しくてたまらなくなり、ストックを使い始めるが効果なし。
とにかく歩みが遅くとも、前に進めば必ずゴールに近づくと、信じてひたすら登る。
芦別岳の山頂が見えると、あきらめる気持ちは何処かへ飛んで行ってしまう。
それでも苦しい。とにかく苦しい。足も痛い。
最後のきついところを越え、やっと山頂にたどり着く。
頂上には自分を抜き去った人達が食事やら写真撮影やらしている。
時間は午前11:20 4時間半もかかってしまう。
山頂でひとまず写真を撮ったあとに、ゆっくり昼食を摂る。そして休憩。
足が痛かったため、少しマッサージをし下山に備える。
40分ほど休んだあとは、下山をはじめる。
膝が痛くなりそうな感じがしたので、ストックと使い膝をかばいながら、丁度正午に下山を開始する。
休憩することもなく3時間ほどかけて、無事午後3:00に下山を完了する。
登りよりはきつさはあまりなかったが、それでもラスト1時間ぐらいは彼我に痛みが走ってしまう。とにかく長い芦別岳であった。
今年はトレーニングが十分に摂れて否からだろうか。反省ばかりの芦別岳であった。
お盆休みは天塩岳あたりにチャレンジしたいものだ。

恵庭岳 2017/07/24 山並みそして支笏湖の眺めが最高です

前日札幌に来る用事があり、翌日休みであることから、恵庭岳に登ることにした。
美笛キャンプ場でテント泊するよていであったが、午後7時から午前7時までゲートを閉じるということで利用を断念する。
近くのコンピの駐車場やトイレのあるパーキングで朝まで車中泊であった。
今回はCクラスクーペでの初の車中泊である。
5時半過ぎに、恵庭岳の駐車場へ向かう。
すでに4台ぐらいの車が並んで、2人の方が登る準備をしていた。
6時10分登り始める。
恵庭岳は、ピンクテープがあり迷うところはない、ということであったが、ダダッ広いとこを歩くためか、登山ポストやその前後が非常にわかりづらく、戸惑うこともあった。
登りの前半は、シダ類が生息していそうなところを歩いて行く。
そして倒木が出てきて、月並みな登山道、そしてちょっと開けてくると、しらかば林。
そして展望が開けてくる。
30度近くあったためか、本日の登山は非常に苦しい。
苦しさを感じてくる辺り、自衛隊の練習の大砲の音が聞こえてくる。最初、雷がなっているかと間違えてしまった。
長い坂を登るために、ロープが数本はられているとこを超える。
ここで少し先行していた人たちが渋滞気味で混乱していた。
数名の人をガイドする人がいて、彼女の言っていることに、少々腹を立てる人たちもいた。
詳しいことはここでは触れないが、登山ビキナーにとっては、もう少し噛み砕いた説明が必要だろう。
さて、勾配が少しゆるみ始め、そしてしばらくいくと見晴台に到着する。
時間は8時30分、2時間20分かかってしまった。
これ以降は、通行止めになっていたので、本日の登りはここで終わることにした。
てっぺんの方は、崩落が激しいこともあるが、次々にやってくる人たちの雰囲気がそれを許さない。
写真をたくさん撮り、昼食をゆっくり摂ろうとしたが、コバエが無数にいて、おにぎり1個と水分をたくさん取った後は、すぐに下山を開始した。
10時無事下山する。1時間半の下山の旅であった。
下山時、平日であるにも関わらず、5人の人とすれ違う。
さて、次回はどこを攻めよう。
それにしても、やっぱいてっぺんまで行かずじまいであったのは、少し心残りである。

剣山 2017/06/25

今回はトレーニングとして、30分で登山口にたどり着ける剣山に行ってきた。
すっかり馴染みの山である。
しかし、今日はマイクロバスでツアー、同好会やサークルに人たちが来ていて、賑やかな感じであった。
気温は23度ぐらいであったが、ガスが多く今にも雨が振りそうな感じであった。
もし雨が降ったなら、そこから引き返す予定で出発。
途中何度か汗を拭きながら、順調に頂上にたどり着く。
周囲にはだれもいなく、一人で独占である。
おにぎりを2個食べしっかり水分補給もする。
心配だった膝痛がは登りは問題なし、下りの後半1時間ぐらいから少し痛み始めてきた。
来月、昨年に続いて北戸蔦別岳経由で幌尻岳を目指そうとと考えているので、少し心配である。
それにしても、昨年の8月に来た2度の台風雨の影響で、林道を経由する登山口はどこも閉鎖であり、とても残念である。