道東は雪がない 白糠ICより

新年あけましておめでとうございます。
2020年、令和2年が始まりました。
昨年は、ブログの更新が全くできない期間がありましたが、今年こそ、コツコツと続けていきたいと思います。

一足早く実家に帰省をしてきました。
片道3時間半の道のりを往復してきました。
数年前から、道東道、本別ICから足寄ICまでが無料区間となり、一般道をひたすら走るルートから、この区間高速道路を使用するルートを選ぶようになりました。

時間的にあまり変わらないですが、一般道に比べストップアンドゴーが極端に少なく、いつも利用しています。ただし平均速度が上がりますので、油断は禁物です。

さて、本題ですが、今年は本当に雪が少ない。
除雪も2度くらい、サラッと降ったときに、軽くしたぐらいです。
昨日については、雪ではなく雨が降ったくらいです。

写真は白糠ICでトイレに行ったときに、撮影した様子です。
ご覧のように雪がほとんど見当たりません。
まるで秋口のようです。
ただ、凍結路面を心配し、至るところに融雪剤が、塩カリが撒かれています。
路面にガラスの破片のように転がっています。
実家までの往復後、Cクーペに融雪剤の後が見えたので、早速洗車に行きましたが、予想どおり取れず、ボディにしっかり張り付いている状況です。
完全にはどれずじまいです。
春先まではこのままで、辛抱です
精神的によろしくないですが、北海道の車はみんなこんな状況です。