雌阿寒岳 2019.05.31

朝、早起きができず10時過ぎに自宅を出発する。
目的地は、雌阿寒岳登山口である。
予想通り、車の外気温計は38℃、痛いくらい暑いのである。

登山口に到着。
こんな暑いにもかかわらず、駐車場は満車状態。辛うじて空いているスペースに車を止め、準備をし午後12時半から上りはじめる。

ちょっとアスファルトにザックを置いて置くと、温度計は40℃を指している。苦しい戦いを予感させる。
歩き始めると、日陰だとはいえ、汗がどんどん流れてくる。
息も上がりがち、水はいつもより多めに持ってくるが、飲んでばかりはいられない。
下山者とすれ違うが、みんな心底疲れている。
言葉には出さないが、まだ5月なのにこの38℃の気温は何なんだ!!そう言わんばかりである。

そう愚痴りながらもひたすら歩く、上る。
しかも、トレーニングのためトレッキングポールを使用しないから、なお苦しい。
いつもなら休憩無しで上る雌阿寒であるが、今回ばかりは命を優先。
7合目で5分ほど休憩し、少々多めに水分補給をする。

すれ違う人から、励ましの声を掛けられ、「がんばります」というのが精一杯。
とにかく9合目までがしんどかった。
しかも、雌阿寒岳でいつも感じることであるが、堅い岩場を歩くことも多いため、足の裏に痛みを感じる。
それに輪を掛け、登山道を見失い、5分のタイムロス。
弱気に渇を入れ、死にものぐるいで、なんとか頂上に立つ。
ここまで2時間半ちょっと。

時間が時間であるため、自分以外は誰もいない。
頂上は火口付近で暖かいのか、カメムシなど、割と大きめの虫たちが、旋回しながら飛んでいる。
それにばんばん当たり、痛い。それにちょっと気持ち悪い。
虫を払いながら、食事スペースを見つけて、遅い昼食タイムである。

昼食タイムは、足をマッサージしたり、柔軟体操したり下山に向けての準備。
あまり長居をすると、帰りが遅くなるため、早めに休憩を切り上げ、下山開始。
歩き出しは、やっぱり足が痛い、でも周辺には自分しかいない恐怖を力に変え、前に進む。
やはり休憩をすると、体力が回復される。

登りの苦しみが嘘のように快調。どんどん前に進む。
1時間半ぐらいで到着が可能であったので、歩きながら水分補給をたっぷりしながら歩く。
ゴールが近づいてくると、力がみなぎっていく。
5時45分。無事下山終了。

あまりに汗だくであったため、近くにあった山の宿の中温泉で入浴してからから、実家へ向かう。
ちなみに温泉は、350円で入れますが、シャンプー石けん等は用意されていません。
熱い温泉で硫黄のにおいぷんぷん、まさに源泉という言葉が似合う。

阿寒富士 2018/05/29 地下足袋登山2

道東の雌阿寒岳、雄阿寒岳に何度も登っている自分であったが、阿寒富士は未だかつて登ってみる機会を得なかった。
今回、実家に帰る用事があり、その途中にあるこの山に登ることになった。
午後2時からのぼり始めたが、2時間あれば登れそうな山であったので、迷わず登る。人気のない山と思いきや、意外に下山途中の人にすれ違う。
雌阿寒岳に行く第2ルートになっていることから、いつもとは違うコースで行く人や、阿寒富士と縦走していた人である。
登山道は、マーカーも頻繁に付いており、迷うことはなさそうである。
ただ、分岐から阿寒富士を目指すところあたりから、登山道は火山灰となり、砂浜を歩くような感じである。しかも風も強風と砂埃で目も開けられなくなることもあり苦戦する。
何とか頂上をたどり着くと、そこは風が強く長居できる様子はなく、写真やビデオを撮り下山する。
尚、今回も地下足袋登山であったが問題なし。
むしろ足の裏が柔らかい地面をとらえ、マッサージされる感じもある。
靴底の厚い登山靴で、頂上にたどり着いてから休憩、すぐに靴を脱ぐのとは大違いである。
さぁ、幌尻岳に向かって鍛錬である。頑張ろう。

雌阿寒岳 2014/10/19

実家からの帰りに、雌阿寒岳に登ってきた。
本当は阿寒富士を目指していたが、登山口を間違えてしまった。
温根沼から登らなければ行けないのに、雌阿寒温泉から登ってしまったのだ。
さて、数日前に雪が降ったとの情報を得ていたが、遠くから確認すると雪は見えず、大丈夫と登る。
登山口の登山届けを見ると、こんな季節に関わらず、結構な人が登っている。
マーカーも非常に丁寧に付いており、道迷いの心配はなし。
頂上に近づくと、部分的に少量の雪が確認されるが、影響はない。
1時間50分ぐらいで頂上に到着、天候も良く見晴らしは最高である。
ただし、風が強く、その風を避けるように昼食を兼ね休憩を取る。
帰りは膝痛を心配しながら降りるが、今回も無事であった。
途中、自分を走りながら抜いていった人が、コースを間違えてどんどん行ってしまったため、追いかけて間違っていることを伝える。
丁度マーカーが確認しづらいところで、こんな時はやっぱりGPSが頼りになる。
写真撮影に勤しみながらも、1時間半もかからないで下山。
今年は後どれくらい、山を登ることができるのだろう。
雪の心配もあるが、こちら十勝は、強風の季節となり、その事も心配である。