GOOLOO 緊急ジャンプスターター 12V車用10000mAh モバイルバッテリー メルセデスCクラスクーペ ホンダビートのバッテリー上がりに

ホンダビートは冬は実家で冬眠、春に復活する。
その際、冬期間ほどんど乗らないこともあるため、バッテリーが弱り始めると、バッテリー上がりを起こしてしまう。
結果的に、充電してからやっと使いもにになることが、購入後4年ぐらいから始まる。
朝エンジンが無事にかかるが、職場の帰りにエンジンをかけると、かからないことも2度ほど体験した。
少し乗り始めると、正常になりバッテリー上がりなんて気にならなくなる。
しかしバッテリーの突然死は夏が多いとも言われる。

趣味が登山ということで、登山客が少なく、あるいは最後に登ったのが自分で、駐車場に自分のホンダビートしかないことも度々ある。
そういう時にバッテリー上がりを経験したら大変なことになる。
北海道の登山口は、林道を8キロや10キロ走らないといけないことが多いので、念のために今回のこの商品を購入した。

また、人生初の輸入車、メルセデスベンツCクラスクーペを乗ってもうすぐ1年がたつ。
大きなトラブルは全くないが、輸入車やはり電気系は要注意とうこともあり、この商品を購入した。
初の輸入車はとにかくいろいろ心配なのである。

さて、この商品とにかく商品名が長い。
GOOLOO 緊急ジャンプスターター 12V車用10000mAh モバイルバッテリー 450Aピーク 4000ccガソリン LEDライト USB端子付き 安全設定【日本語取扱説明書付き】ポータブル 防災用品 12ヶ月保証付 黒白
Amazonのタイムセールでこれを2,974円で購入した。
作りは意外にしっかりしていて、ジャンプスターターとしてだけでなく、モバイルバッテリー、懐中電灯などにも役立つ。
今回はシーガーソケットアダプタも購入して、いろいろ使えるように準備している。

こちら北海道は-15℃~-20℃ぐらいは、よくあることで車の中に積みっぱなしで、果たして容量をキープできているかが問題である。
一応-30℃対応みたいなことが書かれているが、実用となるのだろうか。
かれこれ1ヶ月半ほど、メルセデスベンツCクラスクーペに積みっぱなしである。
ちょつと試してみようか。

GOOLOO 緊急ジャンプスターター 12V車用10000mAh モバイルバッテリー 450Aピーク 4000ccガソリン LEDライト USB端子付き 安全設定【日本語取扱説明書付き】ポータブル 防災用品 12ヶ月保証付 黒白
クリエーター情報なし
GP100WHITE-JP

メルセデス・ベンツCクラスクーペ(W205 C205) シリコンコードでアンビエントライトを効果的に

さて今日は休日でした。
2時間ほど休日出勤した後は、散髪そして兼ねてから実施したいと思っていた、Cクラスクーペのアンビエントライトを効果的にする作戦である。
CクラスセダンであるW205でよく行われているものである。
初期の状態ではアンビニエントライトがセンターコンソールやドアの部分で目立たない。
それで丁度平たい溝のようなところがあるので、シリコンコードをはめ反射させるというものである。
今回は内径X外径6X8mmのものを1.5m購入。
459円である。
5分もかからない作業である。
効果はご覧のような感じである。
ドアの方はもう少し細いものや平たいシリコンチューブを使ってできそうであるが、両面テープを使いそうだったので今回は見送ることにする。
尚、シリコンコードは45cm程使用したので、実際は1mちょっと使ったことになる。

uxcell シリコンチューブ ホース パイプ 2m長さ 6mm x 8mm
クリエーター情報なし
uxcell

メルセデス・ベンツCクラスクーペ(W205 C205)用チェーン購入

北海道では少し価格が高くても、4WDを購入するのが常である。
従ってFRのロードスター、86、シルビア、カプチーノなどに乗っているのは、よっぽどの車好きである。
僕のCクーペももちろんFRだったので、冬の対策は講じています。
とりあえずヤナセが推奨するオートソックという布製のチェーン、いや袋は購入済みである。
FRは、アイスバーンで怖い思いをすることが年に数回あります。
中でもアイスバーンの上に雨が降ってしまうのは最も恐ろしいです。
ロードスターに乗っていた頃、深刻な事態に遭遇しました。
湖の横に面した100m弱ぐらいの橋であるが、なんと少しバンクが付いていて、止まっていてもずるずるとイン側に車が流れるような状態。
スケートリンクに水がまかれた状態でした。
橋を渡りきれるか不安になりドライバー達が車を降り相談。
トラックの兄ちゃんの指示で、片側1車線の橋の上をでイン側、アウト側渡りきるまで動かずそれぞれ交互に走らせるということになった。
この策のおかげで、この橋を冷や汗をかきながら通過する。
この橋を渡りきっても、緩やかな坂が続くため、やっとの思いで大晦日に実家に帰ってことを思い出します。
FR乗りとしては、路面状況が酷いときには、なるべく坂のあるところは走らないようにコースを考えなければいけません。
しかし、先日避けられない状況にでありました。
お通夜のあと、一方通行で400m走ったあと坂を登らなければいけませんでした。
前の車は40Kmで走っています。
どこを見てもは車は4WDです。たまにFFのプリウスがいます。
我がCクーペ、スタッドレスタイヤは1年目、はじめ滑りはじめると直ぐに横滑り防止機能が作動しました。
出力が徐々に落とされ、16Kmぐらいで何とかグリップし登り終えました。
この間、正直どきどきでした。
もし上れなかったら、スリップし坂を下り後続の車と衝突してしまうかも知れない、ということです。
美瑛町の坂やスキー場の入口などを想定し、オートソック(耐久性がない)以外にも、チェーンを購入することにしました。
値段の方はピンからキリまでありますが、スタッドレスタイヤを履いていることを考え、売れ筋の安いものを購入。
リングは小さい9mmにしました。
値段は2,180円。本当に安いです。
使わないで済むと最高です。
しかし、いざ使用するとなると、写真からも分かるように、よくよく見ると作りが悪そうです。
チェーンやワイヤーの接続部分がはずれて、タイヤハウスにあたったらどうしよう。

追伸 現在、アパートの駐車場(ちょっと傾斜が付いています)、氷に覆われていてバックで上れません。
情けないと思いながら、砂をまき対応しました。

メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ (C205 W205) プレセーフ機能が制限されています

年末、これまで全くトラブルのなかったわが愛車、Cクーペ(C205)にエラーメッセージが出るようになった。
これは、セダンのW205でもよく知られている「プレセーフ機能が制限されています」というものである。
ディーラーに連絡すると、センサーが汚れが原因とも考えられるので、まずはセンターをきれいにしてくださいと言われる。
それでもエラーメッセージが消えないのなら、車を持ってきてくださいと。
北海道の寒い冬の中、昼休みにぬるま湯でセンサーをきれいにしてみたが、いっこうにエラーメッセージが消えず、仕事を30分早く抜けてディーラーに車を持ち込むことになった。
45分ぐらいしてから工場の方が現れ、フロントガラスの中央のカメラの調子がよくないようで、交換することになった。
この対応は、事前にWebでいろいろ調べていたので予想はしていた。
中には3度交換しても、エラーメッセージが消えない人もいるようである。
工場も混んでいたようで、年明けの1月10日に車を持ち込み、代車を借りて一泊の入院となった。
とりあえずカメラを交換してからは、現在までトラブルは一度もない状況である。

Cクラスクーペスポーツ (C205)の燃費 意外に良いです

このあたりでCクラスクーペスポーツ燃費について触れたいと思います。
冬はスタッドレスタイヤ 225/50R18 (前後)
夏タイヤは、225/45R18(前)245/10R18(後)
ドライバリティーより燃費に焦点を合わせると、やはりディストロニック・プラスでエコモードがベストであることがわかってきた。
まぁ、当然の結果である。
エコモードはだるい運転である。ただ、高速や同じ速度で一定であるなら、そのだるさは気にならない。
面白いことに、ディストロニック・プラスを作動させた場合、エコモードであることを忘れる。
もしかしたら、エコモード、コンフォート、スポーツなど色々なモードがあるが、差が小さい。もしかしたらそれらのモードは関係なくなってしまうのかもしれない。
そんな感じがする。
17インチのスタッドレスタイヤの場合は、リッター18~19Lぐらい行く。
夏タイヤは、18インチにインチアップするので少し落ちるのかなぁと思っていたが、今日支笏湖から帯広まで210Km一般道中心でディストロニック・プラスを使えるところは使って、18.5Kmである。(1人乗車)
昨日は札幌まで高速中心だと、18Km台は硬い感じであった。(2人乗車)
セダンで20Kmを超えると人がいたことを記憶しているが、セダンより少し重くギア比が低いクーペであるが20Kmは無理としても、ここまで燃費が伸びるのなら上出来ではないか?
参考までに、現在3,500Km走行したが、納車されてからの生涯燃費は、リッター14Kmである。
通勤は片道7Km、信号は3箇所といった具合である。

Cクラスクーペスポーツタイヤ交換 コンチネンタル コンチ・バイキング・コンタクト6

報告がかなり遅れたがゴールデンウィーク明けに、3月にい納車したCクラスクーペスポーツタイヤ交換を行った。
スタッドレスタイヤから夏タイヤへの交換である。
スタッドレスタイヤは、ヤナセが販売元コンチネンタルコンチ・バイキング・コンタクト6というものである。
サイズは標準の225/50R17である。
横滑り防止機能対応というほかのスタッドレスタイヤでは聞きなれない特徴がある。
納車が3月からだったので、アイスバーンや大雪などの経験は一切なし、したがってインプレはできる状況ではありません。
さて、今回の報告はタイヤの話ではなく、輸入車特有のブレーキダストのことである。
納車にあたりボディをコーティングしてもらっているが、残った液剤を使いホイールもコーティングしてくれていた。
当初強力なブレーキダストのためホイール、そしてホイール周辺のボディもすごい汚れになるかと心配していた。
しかし2週間に一度の洗車において、確かにブレーキダストのようなものの付着が確認できる。
取れなかったらどうしようと心配していたが、通常の洗車でどんどん汚れが取れていく。
汚れの蓄積を心配しホイールのスポークの合間からホール周辺をこすると、こってりとダストが付着するがコーティングのおかげか、みるみる取れてくる。
ホイールコーティングは、本当に効果がある。
だだし効果が1年ということなので、半年ごとにタイヤ交換があるので、2年に1度ぐらいコーティングしていかないいけない。
これは大変かも。

Cクラスクーペスポーツ サイドシル保護

Cクラスクーペは、ドアが大きく乗り込む際、サイドシルを大きくまたがなくてはならない。
運転手である自分は何とか気をつけることができるが、助手席、後部座席に乗り込む人にとっては、大変な感じである。
このサイドシル部分に靴があたると、簡単に傷が付いてしまう。
せっかくの新車が台無しである。
そこで今回保護シートを貼ることにした。
最初、他の人も使っているメジャーなプロテクションフイルムを使うことにした。
しかし、思いの外粘着力がすごく、塗装まではがれそうな感じであったため、取りやめることにした。
次に粘着力が弱く、新車購入時に割とはられている粘着力の弱いものを選択した。
安心の住友3Mのものである。
綺麗に貼るということは、少し難あるかも知れないが、いつでもはがせる、また簡単に貼ることができるので、気に入っている。
サイドシルばかりでなく、フロントスポイラーにも貼っている。

メルセデス・ベンツ純正ボディコーティング洗車キット

メルセデス・ベンツ純正ボディコーティングは、今はやっているシリカガラスのコーティング剤である。
3月初旬に納車されて、2ヶ月経ったのでメルセデス・ベンツ純正ボディコーティング洗車キットの撥水専用クリーナーを使ってみることにした。
汚れ落とし洗車シャンプーにワックス効果を加えるものだろう。
こういうものを使って、自分でメンテナンスする人は、おそらくあまりいないだろう。
自分もかつてスバルのコーティング剤を施工してもらったときに、そのまま、あるいは他の簡単にワックスがけできるものを使っていた。
さて、純正の洗車キットの撥水専用クリーナーを実際に使ってみたところ、水はじきは確実に改善されている。
汚れなども落ちているようだが、とにかく泡立ちが悪いように感じる。
軽くバケツ一杯分のものを作るとしても、2~3杯入れても、他のシャンプーのように泡がたくさん出ることは見られず。非常に心もとがない。
だからといって、泡がたくさん立つまで入れることもできないので、その少ない泡立ちで我慢することに。

タイヤ止め、駐車ストッパー、駐車場輪止め Cクラスクーペ

アパートの駐車場の後方に、柱があるため念のために、駐車ストッパー、タイヤ止めをを購入した。
バックモニターもついているが、大金んをはたいて購入した、メルセデスCクラスクーペスポーツを、どんなことがあっても傷をつけることを避けたいためである。
ちなみに今まで、自宅の駐車場でぶつけたことはありません。

今回購入したものは、1個あたり送料込みで1,400円である。
これを2つ購入した。
コンクリート、アスファルトに止める、アンカーボルトも付いていたが、重さが2Kgあるためそのまま置いてみることにした。
車輪が当たると、そこから先へは進まない。
しばらく、アンカーボルトを撃たずそのままで様子を見ている。

メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ(C205)窓枠メッキング処理

輸入車、特にドイツ車の窓枠、サッシが雨などに当たり、時間の経過とともに鱗状になると言われている。
日本車の場合、メッキ処理がしっかりされているが、何故か輸入車はこうなっていない。
環境への配慮のためかもしれないと書かれている記事を読んだことがあるが、詳細は不明である。
頑張って買ったメルセデス・ベンツ Cクラスクーペ(C205)の窓枠、サッシを鱗状にしてしまうのは忍びない。
まず錆や鱗状になったものをピカールやアルコールなどできれいにしてから、このメッキングという薬剤を使うのが良いらしい。
まだ新車で下処理の必要性はないが、気温が5℃異常ないといけないこと、24時間雨などで濡れないことを条件で施工しなければいけない。
土曜に風が弱い時間帯を見計らって洗車、そして窓枠、サッシの周辺をマスキングテープで養生して、3度塗りした。付属品としてついていた、史上最鏡シートで塗っていく。
1滴あたり10cm四方と言うことだが、虹色になるようでは量が多いらしい。
薄く薄く塗るのがこつなのである。
従って液が全然減らない。こんなことであの鱗状のものが本当に防げるのだろうか?
2~3ヶ月後ぐらいしたら、また重ね塗りしたい。
今はとにかく経過観察である。