ベンツCクラス セキュリティステッカー

車にゴテゴテと色々なものをつけるのが、苦手です。
年齢を重ねて来たせいか、最近は外装のモデファイは控えめで、純正のままにしていることが多いです。
Cクラスクーペもそうですし、いじりまくっていたホンダビートもいつしか純正に戻っています。

しかし、車に興味のある身としては、ちょっとはいじりたい性質をもっているために、また無駄遣いをしてしまいました。
ヤフオク、メルカリで送料込み580円で売っている、「ベンツCクラス セキュリティステッカー」というものを購入し貼ってしまいました。
小さなリアガラスに、このように貼っています。
自己満足ですが、なんとなくかっこいいですね。

さて、北海道胆振東部地震から10日ほど経ちました。
宅急便は遅延はなく、元のように戻っています。
スーパー、コンビニ行くと、食料品は8割ほど復旧している感じです。
やはあり乳製品、お弁当、パンなどが、種類がまだ少なめです。

CCウォータープロテクト300 Cクラスクーペに使う

ワックス、コーティングに関しては、納車時にヤナセから進められた、メルセデス専用の撥水コーティングを施行してもらっている。
メンテナンスセットも、使っているが今ひとつである。

最近はホンダビート同様、プロスタッフのCCウォーターを使いはじめていた。
自分はしないが、濡れている状態でも噴霧して拭き上げればOK、という本当に簡単なものも使っている。
評価の仕方にもよるが、ワックス、コーティング類で、3ヶ月、半年は大丈夫というものは、未だかつて見たことがない。
やはり車を綺麗に保つには、こつこつと洗車の度にワックスやら、コーティングをしなければいけないのである。

話を戻すが、このCCウォーターのようなタイプは、本当に楽ちんである。
いつも2度コーティングをしているが、それでも労力は今までは、比較にならないくらい軽減される。

さて、このシリーズでUV対策、紫外線対策の成分が加わった、というものが出てきた。
これは、塗装面だけでなく、ヘッドライト、ガラスやダッシュボードも塗り込み、紫外線対策ができるものである。
露天駐車しているせいか、紫外線対策は気にしている、気になっている。
塗装面だけでなく、内装も痛まないよう、自分なりに配慮、気にしているのである。

今回の、CCウォータープロテクト300は、他のCCウォーター製品と重ねて使用することが可能である。
注文したももののまだ、これまで使っていたCCウォーターが残っていたため、これを最初に使い、その後からプロテクト300を重ねて使うことにした。

相変わらず手間いらずである。実に使いやすい。
今回の写真は、洗車コーティング後、5日間ぐらい経った後に雨が降ったときの状況である。
疎水性ということであるが、意外に玉粒ができている。
紫外線に効果があるかどうかは、本当のところ分からないが、その効果を唱ってあるだけでも、気分的には少しは違う。ヘッドライトにも使ってみたが、将来黄ばみは避けられるのだろうか?(期待薄)

いつか洗車しない時代が来ることを期待しているが、それは今後100年は無理でしょう。
それよりもガレージ付きの、しかも2台停められる屋根付き駐車場のある一戸建て住宅に、住んでみたい。

ホンダビートのクリア層はがれ

さて、車検も終わり走行性能はバッチリの我がビート。
しかし、写真の様に塗装のクリア層のはがれがあります。
平成4年車なので、現在26目のビートですが、だいたい19年目ぐらいでポロポロはがれて来ました。
最初はボンネット、次にリアのフェンダー、ドアの窓に沿ったあたり。

あっ、これはもしやしてクリア層はがれ。
と思いいろいろなワックス、コーティング剤を試してごまかそうとしました。
しかし、それから1年ぐらい経つた瞬間、クリア層はがれがあっという間に全体をめぐってしまいました。

写真ではわかりませんが、塗装の下から錆が浮き上がっているところもあります。
今全塗装すると、錆の処理も加算されそうです。
あとあと、全塗装を悩むなら、まずクリア層がはがれ始めた時に、検討すべきだったと思います。
反省です。

クリア層はがれが初めての経験であったこと。
全塗装となれば、数十万の出費となること。
春に問い合わせをしたところ、エンジンなどパーツを取り外したりしない感じでは、20万円というところが多かったです。
あと、ビートが何年持つかということもあったと思います。
まさか、こんなにもノートラブルで乗り続けられるとは思いませんでした。

さて、ビートの維持費ですが
車検10万(2年に1回)
自動車税 12,900円(毎年)
任意保険 16,800円(毎年)
月6,641円(もちろんガソリン、購入時の車両価格は除きます。)
なんと安い維持費でしょう。
ペットを飼っているより、安いではありませんか。
この価格で、日々元気になれるなら、退屈な日常を避けれるなら、ビートを所有する意味は大きいです。

SONAX(ソナックス) ホイールクリーナー エクストリーム ホイールクリーナーとCクラスクーペのブレーキダスト

先日Cクラスクーペの(C205)の洗車の時に初めて使って見た。
これまでは、購入していたものの、ホイールをコーティングしていたため、強力なホイールクリーナーの使用は避けていた。

話は少しそれるが、ヤナセではボディコーティングをした車には、液剤が余るのでそれでホイールにコーティングをしているそうです。
これは納車後1ヶ月後ぐらいした後に、予想していた以上にブレーキダストが少ないとディーラー担当者に、伝えた時に聞いた話である。

ブレーキダストのことに触れると、Cクラスも低ダストタイプのものを使用していると、どこかで読んだことがある。
その一方でレクサスは、ブレーキダスト承知で、効きの良いブレーキを実現するために、ダスト量の多いブレーキパッドにシフトしていると、雑誌で読んだことがある。

ちなみに、メルセデスの乗って一番驚いたことは、ボディのしっかり感とブレーキの効きの良さである。
日本車と同じ様にブレーキを踏んでも2〜3メートル前で止まる感じで驚いた。
今ではすっかり慣れてしまいその様な感覚は、もうなくなってしまったいるが…。

輸入車を購入すると決意した時に、ブレーキダストの問題は真っ先に考えることである。
しかし、自分のCクラスクーペは、ブレーキダストが多いと、感じることがほどんどない。
たまに、ボディが白いため、この黒い汚れがそうかと、拭き取る程度である。

さて、肝心のSONAX(ソナックス) ホイールクリーナー エクストリーム ホイールクリーナーであるが、効果のほどはよくわからない。
このクリーナーをかけてこすると、みるみるホイールの汚れは落ちて行く、それが他のクリーナーと比べてどうなのかもわかなり。
ましてホイールコーティングがされているので…。
ただし、あまり力を入れないでこすっても、汚れが落ちていく感じはわかります。

ホンダビート車検終了

先日、無事にホンダビートが車検から帰って来る。
スタイライザーブッシュの交換、マフラーガスケット交換、ミッションオイルの交換を追加して締めて10万円ジャストでした。
車の内外も掃除・洗車が行き届き、綺麗そのものです。
そしてマニュアル車なら、サイドブレーキの引き調整がされれ、いい感じになります。
以外にこれが好きなんです。

時々トラブルもあります。
ハードトップ仕様に乗っていることもありますが、取り付けネジの組み合わせが、持ち込み後と必ず間違われています。振動対策、ネジの緩み防止対策で、スプリングワッシャーなどを追加しているいるのが理解されてはいないようです。

過去には車検後ディラーを出て最初のコーナーで、ブレーキがキーとなり、インジケーター取り付け間違いがわかり、すぐに戻ったこともあります。

最後に平成4年車、約13万キロ走行のホンダビートの、車検の請求書を参考までにアップします。
ホンダビートは、意外にタフです。
財布に優しいいい子いい子でした。

補足:
これまでタイミングベルト、オイルポンプ、エンジンマウント(1個だけ交換できないと言われています。)、アクセルワイヤーなど交換済みです。
5点式フロントストラットタワーバー始め、ボディの補強も各所しています。

ホンダビート車検へ

26年目の愛車ホンダビート車検を受けることになった。
走行距離は、128,879Km。

今回は、10万を切る価格での車検である。
スタビライザーブッシュの交換、ワイパーゴムの交換でここまでの金額である。
一応前日に、オイル交換を前日に済まして、車検代を安くする計算である。
追加として、ミッションオイルの交換を依頼してので、若干10万円を超えると思う。

先日雨の中長距離を移動したので、汚れがひどい。
外装は車検時に洗車してくれることを期待して、室内の拭き掃除、ボンネット、リアのトランクを開けての内部の雑巾掛けをして送り出す。

ところで、前日のオイル交換では、今回手動式オイルチェンジャー (容量6L )を使って行った。
他の車に比べると、ビートはオイルを吸い出すのに非常に時間がかかる。
なぜなんだろう、
他の車だと、どんどん吸引できるのにビートは別のようである。
オイルの粘度は、いつもの10W-30である。

2日ほど前、スポーツジムの駐車場に、気になっていた白いNDロードスターRFが止まっていた。
ぶつけられないように、他の車から距離を置いて、大事にしている様子がうかがえる。
もちろん、白いロードスターRFはびかびか。
クルマ好きとしては、オーナーのことも気になるし、できれば記念写真を期待して、その隣にビートをちょこんと止めて置いた。
ジムの終了時間が近づいたので、汗の書いたウェアを着替えて、帰路につこうとビートに乗り込もうとすると、ロードスターRFから20代の男性が出てきて「こんにちは」と挨拶をしてくれた。
この後は、ご想像通り自動談義に花を咲かせてしまった。
自動車を趣味にしていると、こんな素晴らしい出来事に時々出会う。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エアコンフィルターボックスの取り外し メルセデス・ベンツCクラスクーペC205

デサルフェーターを更新の際、エアコンフィルターボックスを取り外すのが、大変苦労したので備忘録として書くことにします。

1.バッテリーの上部のカバーの取り外し外します。
これは、Cクラスクーペの場合は2箇所です。ファスナーロックを施錠のマークのとこから、解錠のマークのところへ回し外します。
セダンの場合は、4箇所あるように書いてましたが、クーペとセダンでは少し違うのでしょうか。

2.エアコンフィルターボックスの外し方ですが、とてもメルセデスとは、思えないものでした。
文字で説明するのは、難しいので写真をよく見てください。
ここに収まっているだけです。
エアコンフィルターの入っているボックスのバルクヘッド側の、左右のプラスチック部品を壊さないように少し広げて、抜くだけです。
逆に取り付けるときには、少し広げてはめるだけです。
エアコンフィルターもボックスの取り付けも、同じようにただひっかけるような感じです。
なんとも、信じられないものです。

こんな簡単だとは、思っていなかったので、ネットで調べまくりましたが、どこにも書いていませんでしたので、時間ばかりがかかってしまいました。
林道のような路面の悪いところだと、振動ではすれそうに思うのは、僕だけでしょうか?
とりあえず、デサルフェーター取り付けが終わったので一安心でした。
少し走りましたが、今のところラジオにノイズのようなものは入っていませんでした。

それにしても、このメルセデス・ベンツCクラスクーペは、本当に気を使う車です。

デサルフェーター取り付け メルセデス・ベンツCクラスクーペC205

ネットで話題のデサルフェーターメルセデス・ベンツCクラスクーペC205に取り付けました。

バッテリーを長持ちさせるもので、インターネットで話題になっており、中国にある車の多くは取り付けてある。
と、あの国沢光宏兄貴が取り上げていたため、僕もつけてみることにしました。

ヤフオクで落札しましたが、国沢親分のブログで取り上げられてから、ものすごい注文が来てびっくりしていると、製作者の方が言っていました。
少量生産性で、出品されるとすぐに落札されるため、落札には少し時間がかかりました。

ヤフオクの説明を抜粋すると

バッテリーのメンテナンス用として、サルフェーションを除去すると言われているデサルフェータを趣味で作って楽しんでいます。
部品が余ったので、ハンドメイドで作ったものを出品します。
★12V鉛バッテリー 自動車専用 デサルフェーター★300kHz/60V★動作電圧13V以上★
ヤフオクで2,836円
パルス発生頻度の目安としては、年間走行距離が、10000km以下は300kHz、10000~20000km程度であれば、150kHz、20000km以上では50kHzをお奨めしています。
発生頻度の多いものを走行距離が長い車に取れ付けても問題ありませんが、ノイズレベルが高くなります。

走行距離に応じて選ばないといけない商品です。
購入するとデサルフェーターにとても詳しい説明書、そして固定するための両面テープがついて来ます。

サフフェーションについてやこの製品の有効性については、製作者の方のブログをご紹介します。
年中なにかの花粉でアレルギー 

取り付け自体は簡単ですが、バッテリーたどり着くまでの工程が、初めてだったので大変でした。
慣れてしまえは、恐ろしく簡単です。

1.エンジン上部のカバーの外し方
2.エアコンフィルターのユニットの外し方

この過程を経てバッテリーにたどり着けます。
あとは、ネジを緩めて端子をかませておしまいです。

効果はわかりづらいです。
この小さな製品には、作業灯と逆接続警告灯のLEDランプがついています。

作業灯
デサルフェーターに充電が始まり13Vになると作業を始めます。これがサルフェーション除去にあたります。13V以下になると消灯します。そして充電となります。これの繰り返しを行うことになります。

逆接続警告灯
これは、バッテリー端子に+−を間違って取り付けた場合、点灯します。

これでしばらく様子を見ることにします。
この手の商品では、トラブルの一つとしてラジオなどにノイズが入る、ということが言われていますので注意したいと思います。

メルセデス・ベンツ キャビンケア(室内クリーナー) コックピットローション

半年前に購入したキャビンケア(室内クリーナー) コックピットローションを、初めて愛車メルセデス・ベンツCクラスクーペ(C205)使用してみた。
これはメルセデス・ベンツ純正品である。価格は、Amazonで2,106円。
汚れ落としや静電気防止、経年劣化の防止などが謳い文句である。
室内のプラスティックやレザー、木製部分など、ガラスを除く全ての部分に使用できるものである。
さて、使って見た使用感だが、簡単そのものである。
適量を柔らかい布し含ませ塗布するというものである。
他のレビューを見ると、乾拭きをすると人もいたが、自分の場合はしばらくすると適度に乾くため、乾拭きはやめそのままにした。
その効果は写真を見ると明らかである。
シートや内装の黒い部分は、明らかに黒さが復活する。逆にいうなら、以前のものが少し白っぽくなっていたことがわかる。
コーンソールの木製部分もしっとりとなった。
汚れ落とし効果は、もともとそんなに汚れていないのでわからない。
スプレータイプではないので、液の使用量は多めになった。
欠点はただ一つ、シートが滑るようになる。これは乗り込む時、車から降りる時にすぐに気がつくと思う。
愛車メルセデス・ベンツCクラスクーペスポーツ(C205)は、このキャビンケア コックピットローションで少し新車の輝きを取り戻したようである。

以下、キャンビンケア使用後(わかりづらいかも)

ワコーズ F-1 フューエルワン メルセデス・ベンツCクラスクーペ(C205)

我が愛車Cクラスクーペ(C205)も1万キロを走破した。
この辺で、ワコーズ F-1 フューエルワンを投入した。
よく知られた製品である。
インジェクターやバルブ周辺を洗浄するものである。
メルセデスといえば、純正でMercedes-Benz(メルセデス・ベンツ) 純正 燃料添加剤(ガソリン車用)というものがある。
これを考えたが、価格がフューエルワンより少し高かったので、見合わせることにした。
ちなみにこの燃料添加剤は、BMWでも似たようなものがあるが、ネットで色々調べるとどうやら同じ会社の同じ製品らしい。
話はそれたが、フューエルワンを投入後、まだほんの少ししか車を走らせてはいない。
その間、近間の移動が多かったので、ホンダビートに乗っていた。
長距離を走ると効果が上がりやすいので、近間の移動を温存していたような感じである。
週末には帰宅するので、往復350Kmぐらい走るので、フューエルワンCクラスクーペのエンジンを綺麗にしてあげたい。


ご存知、ワコーズ フューエルワンです。


メルセデス・ベンツのタイヤの空気圧は、燃料タンクの蓋の裏に書かれている。